CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
すっぽんラーメン「光福」

昨年9月に春日通り沿い(墨田区横川1丁目)にオープンした、すっぽんラーメン「光福」(こうふく)を紹介いたします。

店主はもともと東京の出身ですが、しばらく四国でスッポン鍋の店を経営していました。

数年前にスッポンラーメンに出会ったことを機に、東京に戻って現在のすっぽんラーメン「光福」の出店に至ったそうです。

メニューには、最もシンプルな「すっぽんラーメン(980円)」から、「赤美肌ラーメン」「黒美肌ラーメン」「魔女達のしじみラーメン」「エンペラーラーメン」「すっぽんにんにくホルモンラーメン」「すっぽん身入りラーメン(1,980円)」まで様々なランクがあります。




上の写真は、「すっぽんラーメン」とランチサービスの「スッポンご飯」です。

麺は京都から取り寄せ、スッポンは九州産のメスを使っているとのことでした。

ラーメンは、とにかく黄金色に澄んだスープが絶品です。

アッサリ薄味でありながらコクのあるスープに、途中からコラーゲン(写真右上)を追加し、さらに最後は柚子の絞り汁(写真中央)と岩海苔(写真左上)を加えると、最後まで飲み干せるスープを堪能することができます。


ランチタイムには「スッポンご飯」以外にも、「麺大盛り」と「スッポンの活き血」が選択できます。

ちなみに「スッポンの活き血」は、意外とアッサリしていて飲みやすいです。
(私はサービスでいただいたのを断れずに飲んでみたら、美味しかったので驚きました)

ラーメン以外にも、「すっぽん雑炊」や「すっぽん鍋」などのメニューがあります。


すっぽんラーメン「光福」は、春日通り沿いでJT(日本タバコ産業)の向かい側にあり、当クリニックから徒歩3分くらいの距離にあります。


JUGEMテーマ:ラーメン

| クリニック近くの情報 | 17:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
東京担々麺「RAINBOW」(レインボー)


昨年9月に蔵前通り沿い(墨田区太平1丁目)にオープンしたラーメン屋東京担々麺「RAINBOW」(レインボー)を紹介いたします。


店名の通り、7色(7種類)の担々麺を楽しめるのが特徴のお店です。

7色でレインボーと聞くと、安易に色付けされたラーメンを想像してしまいがちですが、決してそのようなことはありません。

それぞれ試行錯誤を重ねた作品であることは、食べてみると分かります。


店内で食券を購入するスタイルですが、迷っているお客さんには店員さんがレッド担々麺をすすめてくれます。

レッド担々麺は、炒りゴマに8種類の香辛料が入った比較的シンプルな担々麺と言えます。




上の写真は、ホワイト担々麺です。

磨きゴマに豆乳を合わせたクリーミーなスープです。

このお店の担々麺はどれも新鮮な野菜がたっぷり使用されていますが、ホワイト担々麺は特に挽き肉が控えめで野菜が多いのが特徴です。

すり鉢のゴマには、粉チーズが混ぜられています。




こちらは、パープル担々麺です。

紫芋ペーストで仕上げたスープに、紫キャベツ紫玉ねぎといったパープルの野菜と挽き肉がたっぷり使われています。

いきなり注文するには勇気を要する色ですが、食べてみると非常にマイルドで食べやすい担々麺です。

すり鉢には、黒ゴマにゆかりが混ぜられています。




そして、私の一番のお気に入りがオレンジ担々麺です。

トマトニンジンで仕上げたスープは、ビタミンたっぷりな感じです。

よく見ると、パプリカトマトに混じって皮をむいたオレンジがゴロゴロと入っており、上にはオレンジの皮も添えられています。

担々麺でありながら、絶妙な甘酸っぱさが病みつきになりそうです。




こちらは、ブラック担々麺です。

黒ゴマに黒酢を合わせたスープで、真っ黒く見えるのはひじきです。

様々な野菜に混じってザーザイの食感がアクセントになっています。


他には、磨きゴマにホウレン草と豆乳スープを合わせたグリーン担々麺、磨きゴマとカレースパイスで仕上げたイエロー担々麺があります。

辛さは5段階から選択できますので、辛いものが苦手な人でも大丈夫です。


ご飯はセルフサービスでおかわり自由になっているため、食べすぎには要注意です。

フリードリンク7種類用意されており、ジャスミン茶、ウーロン茶、ルイボスティー、アイスティー、アイスコーヒー、リンゴ酢、ミネラルウォーターを自由に飲むことができます。


ちなみに、トイレにもこだわりがあり、担々麺で表現できなかった色で壁一面が塗られていました。

皆さん、何色だと思いますか?


東京担々麺「RAINBOW」は蔵前橋通り沿いにあり、当クリニックから徒歩5分くらいの距離にあります。


JUGEMテーマ:ラーメン

| クリニック近くの情報 | 12:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「Sizzler(シズラー)」押上店


押上駅前(墨田区押上1丁目)に昨年末オープンした、「Sizzler(シズラー)」押上店を紹介いたします。


ロータリーに面した京成ビル5階に、リッチモンドホテル・プレミア東京のフロントと並んで入り口があります。

いつも混雑しているソラマチとは直結しておらず、同じ京成ビルに入っている「ニトリ」やスーパー「ライフ」からも入店することができないため、今のところ混雑することが少なく、穴場のレストランとしておすすめです。


スカイツリー前のホテルに併設されている形であるため、外国人観光客の割合が非常に高く、英語やロシア語などが飛び交っています。

店内のお洒落なインテリアと相まって、何となく海外に居るような雰囲気を味わうことができます。

窓際の席からスカイツリーを見上げるのは困難ですが、ソラマチの様子や東武スカイツリーラインの列車がよく眺められます。


まだオープンして半年であるため店内は非常に綺麗であり、野菜の新鮮さ肉料理の美味しさは、一般的なファミリーレストランには無いレベルの高さです。

名物のチーズトーストは、反対向き(チーズの面を下)にしてから食べる方が美味しいと勧められます。


先日の亀戸サンストリート閉館に伴い「Sizzler」亀戸店も閉店してしまったため、城東地区(東東京)では貴重な存在になりました。

ちなみに、モーニングビュッフェの営業も朝6時半から行っています。


Sizzler押上店は、ロータリー前の京成ビル5階、リッチモンドホテル・プレミア東京フロントの隣にあり、住吉皮膚科からは約900mの距離になります。
| クリニック近くの情報 | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Trattoria「COBOO」


当クリニック前の道を錦糸町駅に向かって200mくらい(墨田区太平3丁目)にあるイタリアンTrattoria「COBOO」(コブゥ)を紹介いたします。


2014年にオープンし、本格的なイタリアンを楽しめるお店ですが、炭火焼肉の名店「さぶぅ(Saboo)」の姉妹店ということもあり、肉料理がおすすめです。



(黒毛和牛のローストビーフ丼)

上の写真は、限定メニューの「黒毛和牛のローストビーフ丼」です。

非常に柔らかいローストビーフは、タレのしみたご飯との相性が抜群です。


パスタのメニューには、柔らかく煮込まれた牛スジをふんだんに用いた「和牛スジの赤ワイン煮トマトソース」、ミンチにして焼き上げた肉がたっぷり使われた「黒毛和牛のボロネーゼ」などがあります。

また、上カルビや上ロース、ザブトン、トモ三角などの希少部位の切り落としを使った贅沢な「牛肉切り落とし丼」は、さぶぅ(Saboo)の姉妹店ならではのメニューと言えます。

ランチでは、どのメニューにもサラダスープがセットになっています。


また、季節ごとに登場するメニューもあり、この冬は熱々に焼かれた「ボローニャ風ラザニア」が美味でした。


Trattoria「COBOO」は、当クリニックから錦糸町駅北口に向かって徒歩2分くらいの距離にあります。
| クリニック近くの情報 | 11:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「巨牛荘」石原本店


蔵前橋通り沿いの路地(墨田区石原2丁目)にある、プルコギの名店「巨牛荘(きょぎゅうそう)」石原本店を紹介いたします。

現在の「巨牛荘」と言えば、六本木店が最も有名ですが、実は墨田区石原に本店があります。


1977年にオープンした「巨牛荘石原本店は、その美味しさから「究極の焼肉屋」として有名になり、数多くの芸能人でにぎわっていました。

最近では、プルコギが以前ほど珍しい料理ではなくなり、六本木や三番町などに店舗が増えたため、最盛期のように何ヵ月も予約でいっぱいということはありません。




上の写真は、名物の「納豆ユッケ」です。

以前は牛肉でしたが、現在は牛の生肉は使用できないため、馬肉で提供されるようになりました。

納豆好きにはたまらない一品です。


他には、「ケジャン渡り蟹の醤油漬け)」も人気メニューです。




通常の焼肉メニューも美味しいのですが、この店の看板メニューと言えば、やっぱり「プルコギ和牛カルビ)」でしょう。

プルコギ用の鉄板での調理は、全て店員さんが行い、その食べ頃を教えてくれます。

柔らかく焼き上がった牛肉白菜キムチを、サニーレタスで包んで口にほおばるのは、まさに至福の時です。


プルコギの後は、鉄板に残った肉の旨味を利用した「焼きうどん」を注文するのが定番です。


巨牛荘石原本店は、蔵前橋通り沿いを両国方面に向かったところにあり、住吉皮膚科からは約1.4kmの距離になります。
| クリニック近くの情報 | 18:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/16PAGES | >>