CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ステロイド外用薬の作用・副作用(その1) | main | ステロイド外用薬の作用・副作用(その3) >>
ステロイド外用薬の作用・副作用(その2)


ステロイド外用薬の作用・副作用(その1)に引き続き、ステロイド外用剤の局所的な作用(副作用)について説明いたします。

ステロイド剤は、抗癌剤にも使用されているように、細胞増殖などを抑制組織を萎縮させる作用があります。

そのため、結節性痒疹苔癬化湿疹が慢性化して硬く肥厚)した皮膚病変の治療には重症度に応じて強力なステロイド剤が使用されます。
適切なステロイド剤の使用により、肥厚した皮膚病変は徐々に改善していきます。

しかし、必要以上のステロイド外用薬を正常化した皮膚に継続してしまうと、外用していた部位の皮膚が萎縮し、徐々に薄くなってしまいます。
特に高齢者萎縮した皮膚では、軽微な刺激だけで内出血紫斑)を生じたり、皮膚が破れやすくなってしまいます。

ステロイド外用薬は、外用する皮膚の状態によって吸収される割合が異なります。
例えば、外陰部のように皮膚が薄い部位ではステロイドの吸収が良いため弱いステロイド外用薬で十分な効果があります。
ところが、肥厚した皮膚病変や角層が厚く毛孔が少ない部位(手の平足の裏など)では、強いステロイド外用薬を使用しても十分な効果が得られない場合があります。
ですから、信頼できる皮膚科専門医の指示に従い、皮膚症状に合わせてステロイド外用薬の強さ(ランク)を変える必要がある訳です。

ステロイド外用薬の作用・副作用(その3)へ続く

上の写真は、ドバイで撮影したアトランティス・ザ・パームのロビーです。
(撮影:住吉孝二)
| 院長ブログ | 09:14 | comments(11) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
先生、先日はありがとうございました。

診察に参りました際にお尋ねするべきだったのですが、先生に診察して頂いた事ですっかり安心してしまい、お尋ねするのを忘れておりました。

(首のイボの治療痕について、先日相談をさせて頂きました「ゆき」です。)

再度の質問すみません。
「トクダームテープ」というステロイド剤は、
体外に出るまでにどれ位掛かるものなのでしょうか?

他院で顔のシミにも効くといわれて、暫らく顔(目の下)にも貼っていました。

先生に教えて頂いて、トクダームテープの使用をすぐに中止しましたが、顔や首のように皮膚が薄い部分は吸収しやすいようなので、

現在、妊娠を考えている為、
いつまで体内に残っているのか、とても不安です。
抜けきってから、妊娠したいと思っています。

宜しくお願いします。

| ゆき | 2009/03/01 10:35 PM |
「ゆき」さんの質問に回答いたします。

ステロイド外用薬が皮膚に吸収されたとしても、血管内に取り込まれて全身に行き渡る前に代謝・分解されてしまうことが多いと思われます。
つまり、通常は飲み薬などのように全身への影響を考える必要はありません。

そもそも、ステロイド剤は副腎皮質から分泌されているホルモンに類似した成分であり、大量でなければ妊娠中でも安全に服用できることが分かっています。
ですから、外用剤が妊娠に影響を与える可能性は皆無と考えるのが普通でしょう。
| 副院長 | 2009/03/02 10:58 AM |
初めまして。順天堂に通院している者です。アトピーでステロイドを使用中です。良くなってきたら、保湿中心にしてステロイドの間隔を開けていくようにしていますが、また湿疹が出てくるとステロイドを毎日使用したりというのを繰り返しています。アトピーなので繰り返し悪化するのはしょうがないとは思いますが、外用薬をパタリと止めるとリバウンドすることはありますか?今、アンテベートと保湿剤を混ぜたものを使用してますが、ステロイドのランクを落としたりしながら使用を中止していった方がよいですか?またアトピーの方ってどれくらいおきに通院されてますか?もちろん状態にもよるとは思いますが… お忙しい所すいませんがよろしくお願いします。
| メイちゃん | 2009/03/13 4:22 PM |
「メイちゃん」さんの質問に回答いたします。

治療薬の使用を突然中止すれば、当然どんな疾患でも症状の悪化を招くと思います。
しかし、「外用薬の使用中止ではリバウンドは起こらない」というのが国際的に一般常識となっています。

なお、治療薬の変更や治療方針については、実際に診察を担当している皮膚科専門医と相談してください。

通院間隔は、当然その患者さんの症状(重症度)によって異なります。
2週間〜1ヵ月ごとに通院される患者さんが最も多いと思いますが、数日ごとに通院となる場合もあれば、年に数回の通院という患者さんもいらっしゃいます。

以下のブログも参照ください。

「ステロイド外用でもリバウンドが起こる?」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=264722

「次回の来院は?」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=213013
| 副院長 | 2009/03/14 11:11 PM |
ステロイドを顔に使用したために、副作用で皮膚が薄くなり血管が透けるようになってしまいました。

ステロイドで薄くなった皮膚はステロイドの使用を中止すれば自然に回復するのでしょうか?それとも別の治療を必要とするのでしょうか?

よろしくお願いします。
| はじめ | 2009/08/22 4:40 PM |
「はじめ」さんの質問に回答いたします。

ステロイド外用薬の副作用(作用)による皮膚の変化であれば、使用を中止することである程度の改善(減弱)がみられると思います。

詳しくは、実際の症状を診ている担当医あるいは皮膚科専門医を受診し、診断や適切な治療について説明を受けるようにしてください。
| 副院長 | 2009/08/25 5:13 PM |

初めましてこんにちは。
現在18歳の女子です。
このブログを拝見させて
頂いて私は初めて
自分が今まで使用していた薬がステロイド(ロコイド)だと知りました。
私は3年前ぐらいに
顔の湿疹(口の周りや鼻の左右)に出来てしまい、
皮膚科に行ったら
ロコイドを貰いました。
付けたらすぐ治るので
毎日付けていましたが
16歳の時は運動部に入っていたせいか、出来なくなる時期もあったんですが
運動部を止めてまた出来てしまい、ロコイドをずっと付けて、なくなったら貰いに行くというのが2週間前ぐらいまで続きました(約3年間)
私も、塗ったら治るのに塗らないと出来てしまうからこれでは一生治らないのではないかと思い、2週間前に
思い切って皮膚科を変えて皮膚科Bに行きました。
そしたらロコイドを長期間使用しているので
ロコイドから離れなければいけないと言われまして、ビックリして色々調べたらステロイドと言う薬を私はずっと塗っていたことに
気づいたんです。
それで皮膚科Bで
ロコイドが入っていない薬を貰い、塗ったら今までに無いような顔の赤み、そして猛烈な痒み、湿疹(白い粒々したのが多かった)
が出て、外には出られない状態になりました。
また皮膚科Bに行ったら
アルメタとプロペトを混ぜたものを渡され、それを塗ったら良くなったんですが、顔が赤く、白い粉が吹いて乾燥している状態が続いています。
顔が赤いのは
長期間ステロイドを使用した副作用で皮膚が弱くなったせいなのでしょうか?
まだ高3なので
これから大学で化粧もしたいし、治るか不安です。
治るんでしょうか???
| ジュン★ | 2010/08/07 4:47 PM |
「ジュン★」さんの質問に回答いたします。

アルメタは、ロコイドよりも少し強めのステロイド外用薬です。

肌質の違いによる個人差はありますが、必要以上にステロイドの塗り薬を顔に使用してしまうと、ステロイド潮紅やステロイド酒さ(酒さ様皮膚炎)などを生じてしまう可能性があります。

脂漏性皮膚炎のような症状というのは繰り返しやすいですから、今後の治療方針については、実際の症状を診察している担当医(できれば皮膚科専門医)とよく相談するようにしてください。

以下のブログも参考にしてください。

「ステロイド外用薬の分類(ランク)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1139944
「酒さ様皮膚炎」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=590920
「ステロイド外用薬の作用・副作用(その3)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=987245
「脂漏性皮膚炎」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=117348
「脂漏性皮膚炎の治療」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=698752
| 副院長 | 2010/08/23 12:01 PM |
はじめまして。

現在48歳女性です。中学生頃からアトピーになり、
それ以来ずっとステロイドのお世話になっております。
これまで良くなったり悪化したり、薬がほとんどいらない
時期もありましたが、昨年頃から悪化して、
今は、皮膚科でマイザーとヒルドイドを混ぜた塗り薬を
処方して頂き、湿疹が出たところのみ塗って
いい状態が保てるようになっています。
ただ、弱いステロイドに切り替えると効果がないので、
そのままマイザーを使っています。

そんなわけで湿疹のほうはまあまあコントロールできている
と思うのですが、数年前から、ちょっと掻いたり
ぶつけたり、重い手提げを腕にかけたりしただけで
あざができるようになりました。
最初は小さなものだったのに、年々大きなあざが
できるようになり、箇所も増えてきました。
色は赤いものから打撲のような青いものまで色々で、
痛みはありませんがこれから半袖の季節なので憂鬱です。
皮膚科で血液検査をしたら異常はないとだけ言われました。

となるとこれはステロイドの副作用の紫斑でしょうか。
もしそうだとして、今薬を全く止めてしまうのは
現実的には無理な気がします。
薬を止める以外に、対処法はありますでしょうか。

かかっている皮膚科の先生にご相談するのがいちばんなの
しれませんがちょっと聞きにくくてこちらでご相談させて
頂きました。

よろしくお願いいたします。
| neige | 2012/06/08 12:30 PM |
「neige」さんの質問に回答いたします。

マイザーは比較的強いランクのステロイド外用薬ですから、湿疹が治まった後も塗り続けていると、副作用が心配になります。
皮膚炎の症状が軽快してきているのであれば、徐々に弱いランクのステロイド外用薬に変更するのが望ましいでしょう。

また、ヒルドイド(ヘパリン類似物質)の使用を控えたり、ビタミンCなどの血管強化(補強)薬を併用してみるのも有効と思われます。
あるいは、ステロイド外用薬中心の治療から、タクロリムス(免疫抑制薬)外用薬を中心とする治療に変更していくのも選択肢の1つになるでしょう。

以下のブログも参考にしてください。

「ステロイド外用薬の分類(ランク)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1139944
「プロトピック軟膏の使い方」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=455198
「プロトピック軟膏って顔以外には効かないの?」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1197218
| 院長 | 2012/06/12 1:12 PM |
ご回答、どうもありがとうございました。
お礼が遅くなってしまって大変失礼いたしました。

幸い、長年これといった副作用らしきものもなかったので、
あまり気にしてこなかったのですが、
やはり気をつけていないといけませんね。
かかりつけの先生と相談して、弱くしていくように
心がけたいと思います。

ヒルドイドの使用も控えたほうが良いのですか。
あまり副作用のない薬と聞いておりますが、
使っていると皮膚が薄くなるような感じがあります。

どうもありがとうございました。
| neige | 2012/06/20 6:31 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/983770
トラックバック