CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 白い爪(白っぽい爪) | main | ステロイド外用薬の作用・副作用(その2) >>
ステロイド外用薬の作用・副作用(その1)


ステロイド剤とは、副腎皮質から分泌されているホルモンに類似した成分を人工的に作り出した薬剤です。

内服薬点滴などで大量ステロイド剤長期間使用すると、全身に様々な副作用を生じてしまいます。

しかし、外用薬の場合は、皮膚の毛孔などから吸収されたステロイド剤局所的に効果を発揮するだけで、通常は全身に影響を及ぼすような心配はありません

では、ステロイド外用薬局所的な作用(副作用)とは、どのようなものでしょうか?

まず、ステロイド外用薬は、皮膚で生じている炎症反応アレルギー反応抑制します。
つまり、アトピー性皮膚炎に代表されるような湿疹病変治療し、赤み(紅斑痒み改善します。

ちなみに、湿疹の赤み(紅斑)は皮内の血管が拡張したことによる血液の色ですが、ステロイドには血管を収縮させる作用があります。
ステロイド外用薬強弱は、この血管収縮作用の強さによって5段階にランク分けされているのです。

また、アレルギー反応を抑制するということは、免疫反応を抑制するということですから、必要以上に強力なステロイド外用薬の使用を続けてしまうと、皮膚での感染症細菌感染真菌感染ウイルス感染など)を悪化させる可能性があります。

例えば、湿疹だと思って伝染性膿痂疹とびひ)や体部白癬たむし)、マラセチア毛包炎伝染性軟属腫みずいぼ)、疥癬などにステロイド剤を外用してしまうと、症状の悪化を招くことがある訳です。

ステロイド外用薬の作用・副作用(その2)へ続く

上の写真は、ドバイで撮影したジュメイラモスクです。
(撮影:住吉孝二)
| 院長ブログ | 17:39 | comments(17) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
2年になります。最初は脂漏性皮膚炎 ステロイド系の薬
医者から処方され使いました。 つけたりつけなかったりの繰り返し 今はやめています。 酒さもあり鼻が特に両脇
が赤くなっています。すこしづづでも少なくしたいのですが
何か良い方法はありませんか。プロッピックをつけると良い
とか、ファイスドクターの石鹸で洗うと良いとか見ましたが
どうでしょうか
| 坪井和夫 | 2011/06/03 5:24 PM |
「坪井和夫」さんの質問に回答いたします。

当然のことですが、このブログ上で診察を行うことはできません。
ですから、現在の症状に対する治療方針については、実際の症状を診察している担当医とよく相談するようにしてください。

以下のブログも参考にしてください。

「脂漏性皮膚炎の治療」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=698752
「酒さ」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=582408
「酒さの分類」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1197262
| 院長 | 2011/06/07 9:41 AM |
宜しくお願いします。
お尻がカビが原因の皮膚炎になりボアラクリームを塗っていてあとウエストラインがベルトの金属アレルギーが原因で皮膚炎になりグリジール軟膏を塗っています。
ボアラクリーム、グリジール軟膏は両方とも一番強いステロイド薬であまり長い期間使用してはいけないと聞きました。
それなのに4本処方されています。
このまま使い続けて副作用は無いのでしょうか?
| たろう | 2011/08/02 11:07 PM |
「たろう」さんの質問に回答いたします。

カビ(真菌)による皮膚症状であれば、通常は抗真菌薬で治療を行います。
ステロイド外用薬を使用すれば、逆に症状が悪化してしまうはずです。

また、ボアラ軟膏(あるいはクリーム)というのは、ステロイド外用薬のランクで5段階に分けた第3群に属しており、中程度の強さということになります。

以下のブログも参考にしてください。

「ステロイド外用薬の分類(ランク)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1139944

なお、このブログ上で診察を行うことは不可能ですから、実際の症状を診察している担当医から詳しい説明を受けるようにしてください。
| 院長 | 2011/08/09 11:10 AM |
質問なのですがステロイド外用薬が誤って目に入ってしまった場合白内障などになる可能性があると聞いたのですが他に目に入ってしまった場合どのような副作用があるのでしょうか?
宜しくお願いします。
| たま | 2011/09/05 12:21 AM |
「たま」さんの質問に回答いたします。

ステロイド薬には「点眼薬」も「眼軟膏」もありますので、誤って目に入ったからといって、直ちに副作用の心配をする必要はないと思います。

しかし、必要以上に強力なステロイド外用薬が長期間目に作用し続けてしまうと、白内障や緑内障の原因となったり、様々な感染症を引き起こすきっかけとなる可能性があると考えられます。
心配な症状であれば、眼科の医師から詳しい説明を受けられた方が良いでしょう。
| 院長 | 2011/09/13 12:45 AM |
現在2歳になったばかりの娘がいます。
娘が全身に湿疹が出てきてすごく痒がっていたので、皮膚科に連れて行ったところ最初行った時には、風邪の影響で出てる湿疹といわれ、サトウザルベ?を出されました。そして一週間様子を見てとのことでした。
一週間たっても湿疹はよくならずひどくなるばかりで、また皮膚科に行きました。
そしたら今度は、グリジール軟膏を出されました。
グリジール軟膏は、ステロイドの入ったとても強い薬と聞きました。
2歳になったばかりの娘に使ってもよいものなのでしょうか。
| ゆこママ | 2013/02/12 10:22 PM |
「ゆこママ」さんの質問に回答いたします。

「サトウザルベ」も「グリジール軟膏」も当クリニックでは処方したことがありませんが、グリジール軟膏というのはデルモベート軟膏の後発品のようであり、最強ランクのステロイド外用薬ということになります。

もちろん、ステロイド外用薬の強さ(ランク)は、皮膚の症状に応じて決定する訳ですが、熱傷(やけど)の応急処置以外では、小児に最強ランクのステロイド外用薬を使用するような状況は考えにくいと思われます。

いずれにしても、2歳の幼児に最強ランクのステロイド外用薬を複数回使用するのは望ましくないと考えますので、早急に皮膚科専門医を再診すべきだと思います。

以下のブログも参考にしてください。

「ステロイド外用薬の分類(ランク)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1139944
「ステロイド外用薬の作用・副作用(その2)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=983770
| 院長 | 2013/02/15 12:01 PM |
はじめまして。

現在授乳中ですが、乳首の荒れと痒みが酷く、皮膚科を受診したら、ロコイド軟膏を処方されました。授乳は大丈夫か尋ねたら、子供の口に入っても分解されるから問題ないと言われました。なんとなく口の粘膜から凄く吸収されそうなイメージでこわいのですが本当に大丈夫でしょうか?期間はどれくらいまでなら問題ないのでしょうか?

よろしくお願いいたします。
| たこ | 2014/01/14 3:23 PM |
「たこ」さんの質問に回答いたします。

ステロイド薬は、もともと副腎皮質から分泌されているホルモンですから、授乳中に使用すること自体は問題ありません。
基本的には、塗り薬だけでなく飲み薬であっても問題ありません。

ただし、ご質問の「本当に大丈夫でしょうか?」という内容が「何に対して」であるかによって、回答が多少変わる可能性があります。
ステロイドは体内に存在しているホルモンであるため、体内に吸収されても問題ありませんが、当然ながら吸収された量に応じてステロイドの効果が発揮されます。
今回は、ロコイド軟膏という外用薬についてですから、局所的な(付着した部分の)問題が無いかどうかという内容になると思われます。

例えば、湿疹の治療にステロイドを使用する場合、ステロイドの炎症を抑制する「作用」を期待する訳ですが、湿疹の存在しない部分にステロイドを使用した場合、その作用は期待されたものでは無いため「副作用」と呼ばれる訳です。
具体的な局所的な副作用には、皮膚を薄くしたり、毛深くしたりなどが考えられます。

つまり、乳児の口にステロイドが付着しても、体には全く問題ありませんが、病変が無い部分に付着するという点では、局所的な作用(副作用)が現れる可能性があるため、あまり望ましいこととは言えません。
| 院長 | 2014/01/15 10:06 AM |
ありがとうございます。

私が心配なのはずっと使う事により子供の口の口腔粘膜から吸収されて子供に全身的な副作用(免疫抑制とか)が起こったりはしないのかな?という点です。塗らなければまた痒みが出てボロボロになるので長く使用しています。
平らな面ではないので拭き残しもあるし、不安に思いながら使用しています。
分解されて子供の体内には吸収されないのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

| たこ | 2014/01/15 2:07 PM |
再び「たこ」さんの質問に回答いたします。

繰り返しになりますが、ステロイドは体内で副腎皮質ホルモンとして分泌されているものです。
ですから、付着した部位の局所的な作用(副作用)は問題になるかもしれませんが、体に吸収されるステロイドに関しては問題ないと考えられます。
量に関しても、毎日何十本もステロイド軟膏を食べ続けている訳ではないのですから、心配するような作用(副作用)は起こり得ないと想像されます。

詳しくは、実際の症状を診察してステロイドを処方している担当医から説明を受けるようにしてください。
| 院長 | 2014/01/17 12:53 PM |
安心できました!なかなか通院中の先生に聞きづらかったのです。

ありがとうございました。
| たこ | 2014/01/17 1:43 PM |
先日、何かの感染症になり首のアトピーが悪化してしまい、痒みでかいてしまったところがじくじくなり、リンパ液がたくさん出て首全体がただれたような状態になってしまい、ニキビのような小さな湿疹顔にたくさん出てしまいました。皮膚科を受診してゲンタシンとグリジール軟膏を塗っていただき、ミノトーワというお薬を飲むようにいわれました。
帰りにプロペトとグリジール軟膏を混ぜたものを10gと腕や膝の裏が少しだけ象のような肌になっていた部分用にプロペトとアンテベートを混ぜたものを20g処方していただき両方共一週間で使い切るように塗ってくださいとのことでした。
首が茶色変色したのですが使いきってしまっても大丈夫でしょうか。
| 14歳女子 | 2014/03/11 2:33 PM |
「14歳女子」さんの質問に回答いたします。

当然のことですが、このブログ上で診察を行うことはできません。
診察をしていない私が、他の医療機関で処方された薬剤に関して「使いきってしまっても大丈夫でしょうか」と質問されましても、回答することはできません。

心配であれば、早めに実際の症状を診察している医療機関を再診するようにしてください。
| 院長 | 2014/03/14 9:53 AM |
質問に返信くださり有難うございます
処方されたお薬を二日塗っただけで、ただれた皮膚はきれいになったのですが、首一周が濃い茶色に変色してしまったのでびっくりしてしまいました。アトピー掲示板等で長い間アトピーで炎症があった方が色素沈着されて悩んでおられる内容の文章は読んだことがあったのですが、私は今年の一月のはじめくらいから首もアトピーになりロコイドとプロパデルムを首に数回塗った経験しかありませんでした。
塗るとすぐに症状がおさまり普通の肌にもどってたのですが
今回の症状はきつくいきなり茶色に変色してしまったので薬を塗ることが怖くなってしまいました。
処方してもらった先生になんとなく相談しづらいですがもう一度受診してみます。すみませんでした。
| 14歳女子 | 2014/03/14 2:33 PM |
再び「14歳女子」さんのコメントに回答いたします。

アトピー性皮膚炎は、症状の繰り返しも多く、悪化要因が分からないことも多いので、治療に対する不安が多くなってしまうこともあるようです。

以下のブログも参考にしてみてください。

「ステロイドを塗ると皮膚が黒くなる?」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=295899
「さざ波様色素沈着(dirty neck)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=359183
「プロトピック軟膏によるアトピーの寛解維持療法」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1197454
「治せ!アトピー性皮膚炎」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1197325
| 院長 | 2014/03/24 1:34 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/978905
トラックバック