CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 腱鞘巨細胞腫(giant cell tumor of the tendon sheath) | main | ステロイド外用薬の作用・副作用(その1) >>
白い爪(白っぽい爪)

皮膚の一部であり、角質(角化細胞)から構成されています。
(爪甲)が白く変色するようになるには、様々な原因が考えられます。

例えば、指先が乾燥して爪が剥がれている部位(二枚爪爪甲剥離症)では、爪甲の水分含有量が低下しているため爪が白く見えます。

また、爪の根元(爪母)に病変(外傷爪カンジダ症)があったり、加齢に伴って正常な角化ができなくなる(爪甲鉤彎症など)と白く濁った爪が伸びてくることもあります。

1つの爪(爪甲)全体が白濁して脆く崩れる場合には、爪白癬などの真菌感染症の可能性が高いと考えられます。
この場合には、家族への感染を防ぐためにも、皮膚科専門医を受診し適切な治療を受ける必要があります。

一方、手足全ての爪白っぽくなっている場合には、肝硬変腎臓疾患に伴う症状である可能性があります。
| 肌のあれこれ | 10:08 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
足のネイルを落としたところ、両足の一趾二趾に一ミリ大の白斑ができていました。鋭利なもので軽くこすると目立たなくなります。
第一趾の爪の先端はわずかに黄色っぽく変色している気もしますが、爪床の色はピンク色です。
表面のダメージでこのような症状がでるのか、白癬かどうか皮膚科で診察を受けた方が良いのか迷っています。
アドバイスいただけると幸いです。
| なな | 2012/10/08 11:34 PM |
「なな」さんの質問に回答いたします。

残念ながら、このブログ上で診察を行うことはできません。
顕微鏡検査を行わなければ、白癬かどうかを判断することもできません。

ですから、心配な症状であれば早めに皮膚科専門医などの医療機関を受診するようにしてください。
それまでは、ネイルアートを中止し、表面を乾燥させるように心がけてください。

ちなみに、爪白癬であれば内服治療が原則ですが、表面のダメージだけであれば外用治療だけでも完治させることが可能です。

以下のブログも参考にしてください。

「爪の“割れ” や “変色” で悩んでいます」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1197359
「ジェルネイルや除光液、使い過ぎに注意(東京新聞朝刊)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1197404
「爪白癬」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=272525
「なぜ爪の水虫には飲み薬が効くの?」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=410483
| 院長 | 2012/10/14 8:10 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/974911
トラックバック