CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 保健ニュース1月8日号「おしゃれ用品による爪のトラブル」 | main | 怒責性紫斑 >>
ミルメシア

ウイルス性疣贅(ウイルス感染に伴うイボ)には、尋常性疣贅青年性扁平疣贅尖圭コンジローマボーエン様丘疹症など様々な種類があります。

これらのウイルス性疣贅は全て、ヒト乳頭腫ウイルスHPV)の感染により生じます。

HPVは、現在100種類近いサブタイプに分類されており、ウイルスの種類(サブタイプ)によって疣贅の症状も異なります。

ミルメシア」とは、HPV-1の感染によって生じるウイルス性疣贅です。

足の裏手の平単発性に生じますが、他のウイルス性疣贅尋常性疣贅扁平疣贅など)のように多発することはありません。

ミルメシアとは、もともと「蟻塚」の意味であり、見た目は噴火口のように隆起した小結節です。

やや赤みを帯びて、圧痛を伴うことが多いため、鶏眼(うおのめ)と間違われることもあります。

ミルメシア治療は、尋常性疣贅と同様であり凍結療法などを行います。

自己判断で削ってしまっても、治療にはなりません。
| 肌のあれこれ | 15:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/934637
トラックバック