CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 白板症 | main | 「ネオーラル」による新しいアトピー性皮膚炎の治療 >>
皮膚の異変で重大な病を発見!


昨夜、テレビ朝日「たけしの本当は怖い家庭の医学」という番組で「皮膚の異変で重大な病を発見!」というタイトルの放送がありました。

悪性腫瘍などの内蔵病変が生じている時に、皮膚に現れることがある特徴的な症状デルマドローム)について紹介されていました。
取り上げられていたデルマドロームは、主に「レーザー・トレラ徴候」と昨年9月の放送でも登場した「皮膚筋炎」の2つでした。

テーマ(1)「本当は怖いできもの〜悪魔の積石〜」
最初に取り上げられていたのは、脂漏性角化症急激に多発する「レーザー・トレラ徴候」。
背中に軽い痒みを感じ、イボ脂漏性角化症)ができているのに気が付いたのが最初の症状でした。
気になるほどの痒みでもないので放置していたところ、1ヵ月後には体のあちこちにイボ脂漏性角化症)が多発してしまいました。
医療機関を受診すると、原因である胃癌が見つかったというストーリーでした。

脂漏性角化症は、老人性疣贅とも言われ、皮膚の老化現象として生じるイボのことです。
通常は、加齢に伴って徐々に増加しますが、1ヵ月で全身に多発することはありません。
内蔵悪性腫瘍が生じていると、短期間で体中に脂漏性角化症が多発する場合があり、このような症状を「レーザー・トレラ徴候」と呼んでいます。
他にも番組では、デルマドロームの1つである黒色表皮腫などが紹介されていました。

テーマ(2)「本当は怖い手荒れ〜紅く染まる非常灯〜」
次に取り上げられていたのは、膠原病の一種である「皮膚筋炎」。
昨年9月の放送では、爪囲紅斑に焦点が当てられていましたが、今回はゴットロン徴候も含めて手荒れと勘違いしていたという設定でした。
手荒れだと思っていた指の関節の赤みゴットロン徴候)と爪の周りに赤み爪囲紅斑)は、ハンドクリームを塗っていても軽快することはありません。
徐々に疲れやすくなり、階段の昇降がつらく感じるようになりました。
にも、上眼瞼などに赤紫色の発疹ヘリオトロープ疹)を生じるようになってきたため医療機関を受診しました。
その結果、皮膚筋炎の診断に至り、最終的には乳癌の早期発見につながったというストーリーでした。

皮膚筋炎は、内蔵悪性腫瘍デルマドロームとして取り上げられることの多い疾患です。
悪性腫瘍が原因となって皮膚筋炎を発症すると考えられていますが、皮膚筋炎の患者さんに後から悪性腫瘍を生じる場合も多いようです。
いずれにしても、皮膚筋炎と診断された場合には内蔵悪性腫瘍などの精密検査をする必要があるということになります。

上の写真は、当クリニックの診察室で活躍しているリラックマです。
(撮影:住吉孝二)
| 院長ブログ | 09:16 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
はじめまして。こんにちは。
脂漏性角化症を調べ、色々巡ってここにたどり着きました。
実は、母(76歳)が去年の秋頃から脚にかゆみをおぼえ、皮膚科にかかったのですが、そのときは神社の銀杏にかぶれたのではと、薬を頂きました。
しかし、その後しばらくするとまた痒くなり、今度は乾燥肌のかゆみとの事で頂いた薬を塗ってたのですが全くかゆみが取れず、更に肌には色素沈殿が所々に残りどう見ても乾燥肌の症状には思えず、病院を変えてみました。
そうすると今度は脂漏性角化症との診断でした。
良性との事でしたが、色々調べてみると普通は痒みは伴わないとのこと。
母は普段は痒くないのですが、風呂上がり等、身体が温まると痒みがでるようです。
だいたいは脚に集中してできているのですが、痒いとなんとな全身の色んな所が痒くなる見たいとの事。
全身に広がっているわけではないのですが、レーザー・トレラ徴候が少し気になります。
この場合は診察を受ける病院は皮膚科でよろしいのでしょうか?
| mie | 2014/05/23 5:50 PM |
「mie」さんの質問に回答いたします。

脂漏性角化症は、一般に痒みなどの自覚症状を伴わないことが多い、皮膚の良性腫瘍です。
しかし、皮膚に余計な角質の塊が付着しているような状態ですから、高齢になって脂漏性角化症の厚みも増してくると、痒いと感じることは珍しくありません。
実際、痒みを気にして受診される患者さんも多くいらっしゃいます。

受診する科は皮膚科で問題ありません。
できれば、皮膚科専門医のいる医療機関を受診するようにしてください。
皮膚科専門医は、日本皮膚科学会ホームページの「皮膚科専門医MAP」で検索することが可能です。

以下のサイトも参考にしてください。

「脂漏性角化症(老人性疣贅)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=209238
「日本皮膚科学会ホームページ」
http://www.dermatol.or.jp
| 院長 | 2014/05/26 5:07 PM |
お応え頂きありがとうございます。
大変参考になりました。
母が診察して頂いた病院がお教え頂いた専門医MAPに載っていた所だったので、
このまま様子を見てみようと思います。
このような場所で相談が出来てとても助かりました。
本当にありがとうございました。
| mie | 2014/05/28 10:42 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/856027
トラックバック