CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< つけ爪による危害(かぶれ、やけど、カビが生えることも) | main | 「ディフェリンゲル」による新しいニキビ治療 >>
老人性色素斑

皮膚科で「しみ」と言えば「肝斑」のことですが、世間一般に「しみ」と呼ばれている色素斑は「老人性色素斑」であることが多いようです。

老人性色素斑」は、20歳代から徐々に生じるようになり、40歳代では約6割の人にみられると言われています。
さらに、50歳代になると約8割の人に出現するようになる皮膚症状です。

老人性色素斑には、雀卵斑そばかす)のように数mm程度の小さな色素斑が多発する小斑型と、融合して数cmにも拡大することがある大斑型があります。
海水浴の後などに生じる「光線性花弁状色素斑」も老人性色素斑の一種と考えられています。

老人性色素斑の発症には、長年に渡る紫外線の影響が大きい(光老化)と考えられています。
そのため、中年以降になると日光(紫外線)に当たる機会の多い手背(手の甲)などに褐色の色素斑老人性色素斑)が出現するようになるのです。

老人性色素斑皮膚の老化現象光老化)の一種ですから、加齢とともに増加してしまいます。
ですから、サンスクリーン剤を使用するなど、遮光を心がけることが最も重要になります。

近年では、ハイドロキノンビタミンCなどメラニンの生成を抑制する物質をトレチノイン療法と組み合わせて使用するような治療法が積極的に行われるようになりました。
レーザー治療ケミカルピーリングが行われることもありますが、施術後に炎症後色素沈着を起こさないように注意する必要があります。

老人性色素斑から「脂漏性角化症老人性疣贅)」を生じていることもあります。その場合は先に隆起した病変脂漏性角化症)の治療(凍結療法)を行います。

黒色が非常に濃い場合や、色素斑が急激に拡大している場合には、悪性腫瘍基底細胞癌悪性黒子悪性黒色腫など)である可能性もあります。
気になる色素斑がある場合には、早めに皮膚科専門医を受診するようにしましょう。
| 肌のあれこれ | 11:57 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
突然失礼します。
脇の下(わき毛は3年以上前から生えてません)に数か月前に老人性色素斑のようなシミができ、気が付くと2〜3倍(10mm×6mm)になっていました。
紫外線にあたらない場所に老人性色素斑ができることがあるのでしょうか?
検査した方がいいでしょうか?
よろしくお願いします。
| さえ | 2012/05/06 1:30 AM |
「さえ」さんの質問に回答いたします。

「老人性色素斑」や「脂漏性角化症(老人性疣贅)」は、紫外線に当たりやすい部位(露光部)に生じやすいのですが、紫外線の当たりにくい部位(非露光部)にも生じる可能性があります。
ですから、腋の下や外陰部にできていても、特に珍しいことではありません。

いずれも、20歳以降になると加齢とともに増加する症状であり、皮膚の老化現象の一種と考えるべきでしょう。

ただし、増殖や拡大が急である場合は、悪性腫瘍の可能性を考慮し、早めに皮膚科専門医などの診察を受けるようにしてください。

以下のブログも参考にしてください。

「脂漏性角化症(老人性疣贅)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=209238
| 院長 | 2012/05/11 10:54 PM |
お忙しい中、ご回答ありがとうございます。
今日皮膚科を受診し、癜風菌だと診断されました。
悪性のものでなく安心することができました。
ありがとうございました。
| さえ | 2012/05/14 12:52 PM |
「さえ」さん、確かに「癜風」でも茶色〜黒っぽいシミになることがありますね。
「癜風」であれば、外用薬による治療で症状が治まるはずです。

以下のブログも参考にしてください。

「癜風(でんぷう)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=352417
| 院長 | 2012/05/17 11:20 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/848219
トラックバック