CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ラケット爪 | main | 「湿疹」と「皮膚炎」は何が違うの? >>
色素性母斑(母斑細胞母斑)

色素性母斑(しきそせい ぼはん)」とは、いわゆる「ホクロ」のことであり、皮膚の良性腫瘍あるいは奇形の一種であると考えられています。
色素性母斑は、手掌・足底を含む体表面のどの場所にも生じる可能性があり、必ず誰にでも生じていると言える程ありふれた皮膚病変です。

メラニンを産生する色素細胞(メラノサイト)に類似した機能や形態をもつ「母斑細胞」が、病変部に限局して増殖しているため「母斑細胞母斑(ぼはんさいぼう ぼはん)」とも呼ばれています。

多くの色素性母斑は、直径が1cm以下褐色〜黒色の色素斑です。
色の違い形の違いは、母斑細胞の数や増殖している深さによって決まっています。
例えば、皮膚の浅い部位母斑細胞が増殖すると黒くて平坦色素性母斑になりやすく、皮膚の深い部位母斑細胞が増殖すると淡い色で盛り上がった形色素性母斑になりやすいという訳です。

色素性母斑は、乳幼児期には少ないのですが、成長に伴って徐々に数が増えるようになります。
思春期頃からは、今まで気付かなかった部位にも色素性母斑急増する場合があります。
ところが、中年以降になると色素性母斑の数は増えなくなり高齢になるにつれて自然消失するようになると考えられています。

色素性母斑悪性腫瘍ではありませんので、通常は治療(切除)を行う必要はありません
ところが、日本人の場合、足底に悪性黒色腫メラノーマ)を生じる割合が欧米人に比べて高いため、足底に生じた色素性母斑直径が7mmに達した場合には、念のため切除しておく方が安心であると考えられています。
| 肌のあれこれ | 10:25 | comments(132) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
はじめまして。
2か月前くらいに、外陰部にホクロがあることに気付きました。
ネットを見ていると、外陰部のホクロは良くないと書いていて、とても気になっています。
大きさは3cmくらいと思います。痛みもありません。
外陰部に出来るホクロは、悪性のものが多いのでしょうか?
いろいろサイトを見ると、他のホクロも悪性ではないかと気になってしまいます。
ご回答おねがいします。


| me | 2008/10/18 9:08 AM |
先ほどのコメントに大きさ3cmと書いてしまったのですが、3mmの間違いです。すみません。
あと、皮膚と伸ばすと3mmくらいになります。
| me | 2008/10/18 10:45 AM |
「me」さんの質問に回答いたします。

ホクロ(色素性母斑)であれば、誰にでもできているものであり、悪性ではありません。
なお「外陰部のホクロは良くない・・・」という話は聞いた事がありません。

不安な症状であれば、皮膚科専門医を受診してみてください。
| 副院長 | 2008/10/18 5:53 PM |
ご回答ありがとうございます。
先生のお話で、安心しました。
心配性なので、また皮膚科も受診してみようと思います。
お忙しい中、ありがとうございました。
| me | 2008/10/18 6:02 PM |
はじめまして。
「色素性母斑」を調べていたところ、こちらのページにたどり着きました。
気になっていることについて教えてください。

最近、ほくろの数が急に増えたように感じています。
小さくて黒っぽいものは数個、直径1mm以下〜5mmほどまで様々な大きさで色の薄いものが多数です。
後者は少し盛り上がっていて、なでるとプツプツした感じがあり、胸や下腹部(特に右側)に出来ています。

痛みやかゆみはまったくなく、まだ皮膚科は受診していません。

悪いものかもしれないという可能性はあるでしょうか?
皮膚科で診てもらう方が良いかどうか、アドバイスを頂ければ幸いです。

どうぞよろしくお願い致します。
| ゆう | 2009/04/12 1:15 AM |
「ゆう」さんの質問に回答いたします。

ほくろ(色素性母斑)は誰にでも必ずあり、加齢に伴い増大あるいは増数するのが普通です。
しかし、急激な変化を生じていて心配な場合には、皮膚科専門医を受診してみてください。

以下のブログも参照ください。

「ホクロは増える?減る?」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=557513
| 副院長 | 2009/04/15 9:51 AM |
ご回答を有難うございます。
「ホクロは増える?減る?」のブログも読ませて頂き、少し安心しました。

しばらく様子を見て、まだまだ数が増えたり大きくなったりしていくようなら、専門医の先生に診てもらおうと思います。

どうも有難うございました。
| ゆう | 2009/04/18 12:39 AM |
外陰部(陰嚢の右裏)のところに3〜4cmぐらいのホクロがあるのですが、3年前に気付いて(たぶん昔からあったと思います)特に大きくなったり、膨れたりはしていません。色も薄く灰色に近いです。
これは大丈夫なのでしょうか。
| K | 2009/04/22 9:37 PM |
「K」さんの質問に回答いたします。

ホクロ(色素性母斑あるいは脂漏性角化症)であれば、探せば誰にでもできています。

当然ながら、このブログ上で診察をすることは不可能ですので、心配な症状であれば皮膚科専門医を受診してみてください。

「脂漏性角化症」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=209238

「皮膚科専門医」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1020643
| 副院長 | 2009/04/24 9:55 AM |
今日病院に行ったところ、ホクロの可能性が高いそうです。
急激な変化がない限り、大丈夫だそうです。
返信ありがとうございました。
| K | 2009/04/24 8:52 PM |
はじめて書き込み致します。
「色素性母斑」を調べていてこちらのページに辿り着きました。

先日妻が長男を出産しました。
出産した直後に赤ちゃんの頭(おでこの生え際部分)に5mm位の黒いほくろがあるのに気が付きました。
赤ちゃんにはほくろが無いと思っていたので少々驚きました。

見た目は盛り上がっているわけでもなく、
丸い普通のほくろなのですがちょっと心配です。
専門の先生に診てもらったほうが良いのでしょうか?
また今後成長する過程で気をつけるべきことなどありますか?

お忙しいとは思いますがアドバイスを頂けたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。
| nao | 2009/04/26 6:40 AM |
「nao」さんの質問に回答いたします。

ホクロ(色素性母斑)は成長あるいは加齢に伴って徐々に増えるものですが、出生時から色素性母斑がみられるのは100人に1人くらいであると言われています。

なお、出生時に20cm以上の大きな色素性母斑がみられる場合には「巨大型先天性色素細胞母斑」と呼ばれ、悪性腫瘍を生じる可能性があるので注意が必要になります。

心配であれば、皮膚科専門医を受診してみるのも良いでしょう。
ただし、治療(切除)するためには、年齢的に全身麻酔のリスクの負うことになると思います。

以下のブログも参照ください。

「巨大型先天性色素細胞母斑」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=803371
| 副院長 | 2009/04/27 11:22 AM |
質問させて下さい。

最近、ほくろがぼこぼこと膨らんで来たので皮膚科を受診しました。
お医者様は目でさっと見ただけで、悪いものではない、と判断されました。特別ダーモスコピーを使われた訳でもありません。
皮膚科専門医になるとダーモスコピーを使わなくても悪性か良性か判断出来るものなのでしょうか?
ちなみに場所は顔で、お医者様の話では顔は紫外線を浴びるため膨らんできたりする、と説明を受けました。

いつでも構いません。返信、よろしくお願い致します。
| さわ | 2009/05/19 7:18 PM |
「さわ」さんの質問に回答いたします。

良性か悪性かの判断は、その医師の診察の結果だと思いますので、診察をしていない私にはコメント(判断)できません。

視診や触診などで判断できなければ、ダーモスコープを使用したり、皮膚生検を行ったりというのが一般的であると思います。

ホクロ(色素性母斑)は「ぼこぼこと膨らんで・・・」ということは通常ありませんし、「紫外線を浴びるため・・・」ということもありません。
文面からは「脂漏性角化症」が想像されます。

以下のブログを参考にしてください。

「良性腫瘍と悪性腫瘍」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=432600

「脂漏性角化症」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=209238
| 副院長 | 2009/05/22 12:02 PM |
質問です。
今8ヶ月になる赤ちゃんがいます。
ほくろがあるのに気づいたのは4ヶ月の時です。
おしりの肛門の近くに小さな点みたいな感じだったのですが
だんだん大きくなり今は2ミリくらいですが、伸ばすと5ミリくらいになります。ほくろも長細いです。
丸くなく長細いほくろはありますか?
とても心配です。
お忙しいところすいません。アドバイスをください。
| EI | 2009/07/13 4:40 PM |
「EI」さんの質問に回答いたします。

ほくろ(色素性母斑)は誰にでも必ず生じるものです。
出生後から生じるものが多く、徐々に増大・増数していきます。
色や形は、母斑細胞の分布によって人それぞれです。

常識的には、乳幼児や小児であれば、まだ皮膚癌を心配するような年齢ではないと思います。
しかし、実際に診察した訳ではありませんので、気になる症状であれば皮膚科専門医を受診してみてください。

以下のブログも参考にしてください。

「ホクロは増える?減る?」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=557513
| 副院長 | 2009/07/15 4:44 PM |
はじめまして。主人と 自分のホクロに悩んでいます。 主人は 何年か前にできたようなのですが 陰毛のところに2、3cmくらいの黒い大きなホクロがあります。昔はなかったようです。
私は 胸の中央と 横腹に小さな時から 盛り上がったホクロがあり 5、6mm程度です。横腹のホクロは うす茶色いのホクロで こげ茶の斑点があります 二人とも 診察したほうがいいのでしょうか? とても悩んでいます。ご回答おねがいします。

| くるみ | 2009/07/20 2:41 PM |
顔のほくろについて、質問させていただきます。
十年程前、膨らんでは、かゆみを生じかさぶたになって取れるを繰り返していました。
その後、かゆみを生じることはなく気が付くと、3ミリ程度盛り上がっています。押さえると、少し痛みもあります。
ほくろをよく見ると、中心部に濃い黒点が見えます。
両親からも、そんなところにほくろあった?と言われるほど目立つようになりました。
悪性ではないかと不安になり相談させて頂きました。
よろしくお願いいたします。
| はな | 2009/07/23 1:44 PM |
「くるみ」さんの質問に回答いたします。

ホクロ(色素性母斑)は、新生児には少ないですが、加齢とともに増大・増数していくのが普通です。

診察した訳ではありませんので、現在の症状が「色素性母斑」であるのか、皮膚の老化現象として生じる「脂漏性角化症」であるのか、他の皮膚腫瘍であるのか分かりません。
心配な症状であれば、皮膚科専門医を受診するようにしてください。

以下のブログも参考にしてください。

「ホクロは増える?減る?」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=557513

「脂漏性角化症」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=209238
| 副院長 | 2009/07/24 9:58 AM |
「はな」さんの質問に回答いたします。

ほくろ(色素性母斑)であれば、母斑細胞が皮膚の内部で増殖して生じるため「・・・かさぶたになって取れる」ということはありません。

加齢に伴う「脂漏性角化症」かも知れませんし、ウイルス性の疣贅かも知れません。
悪性の可能性としては「基底細胞癌」が考えられます。

いずれにしても、診察した訳ではありませんので「中心部に濃い黒点・・・」というのがメラニンであるのか出血であるのかも分かりません。

心配な症状であれば、早めに皮膚科専門医を受診するようにしてください。

以下のブログも参照ください。

「脂漏性角化症」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=209238

「基底細胞癌」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=229383
| 副院長 | 2009/07/27 3:28 PM |
おしりに黒く少し盛り上がった大きめのほくろが
去年から水ぶくれのようにプニュプニュになり
真ん中奥に薄茶色の点が見えるような出来物に変わりました。
恥ずかしがってもしょうがないと!と皮膚科に行ったのですが、直前に恥ずかしくなり顔のシミの相談をして帰ってきてしまいました。
濃くなって盛り上がると癌?のような説明を見かけますし、
肌色の水ぶくれに変わる癌ってなさそうだし・・・おしり見せるの恥ずかしいし・・とすごく悩むのですが、
こういうものも危ないのでしょうか?
| たま | 2009/08/05 12:29 AM |
「たま」さんの質問に回答いたします。

ホクロ(色素性母斑)の色や形は、増殖している母斑細胞の深さによって異なります。
例えば、皮膚の表面で母斑細胞が増殖していれば黒っぽく見えるでしょうし、皮膚の深いレベルで母斑細胞が増殖していれば色が薄くても盛り上がった形状になるでしょう。

診察をした訳ではありませんので診断はできませんが、軟らかい腫瘍であれば、色素性母斑ではなく「皮膚線維腫」のようなものかも知れません。

以下のブログも参考にしてください。

「ホクロの形」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=371226

「皮膚線維腫」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=546600
| 副院長 | 2009/08/07 12:02 PM |
こんにちは。

昨日、足の小指の爪の生え際に、ホクロ?血豆?を突然 発見しました。
色は茶褐色〜黒っぽく、大きさは縦1mm×横2.5mm程の楕円形です。

できたのは、ここ1〜2ケ月の間だと思います。
縦の黒い線などはありませんが、爪の生え際のホクロ?ゆえに心配です。

そこで、質問させて下さい。

血豆なら、徐々に移動してなくなると聞きますが、
ホクロの場合は、良性でも悪性でも、縦の線として伸びてくるものなのでしょうか?

又、メラノーマの初期症状は、縦の線とよく言われていますが、初期の初期症状としては、このように爪の生え際のほくろ(に見えるもの)ということもありますか?

実は、小指を角に強くぶつけた記憶もあるので、血豆の可能性も十分あると思うのですが、痛みはないので、ホクロの可能性も心配しています。




| サクラ | 2009/11/11 10:38 AM |
「サクラ」さんの質問に回答いたします。

「メラノーマの初期症状は、縦の線」という話は聞いたことがありません。

爪の生え際(爪母)に生じた色素沈着であれば、今後1〜2ヵ月でどのような変化があるか観察してみてはいかがでしょうか。
内出血(爪甲下出血)のような一時的な症状であれば、爪が伸びるに従って病変が移動するでしょう。
爪母にメラニン色素を産生するような病変(ホクロなど)があれば、色素沈着した爪が伸び続ける(爪甲色素線条)でしょう。

しかし、心配な症状が悪化しているのであれば、皮膚科専門医を受診するようにしてください。
ダーモスコープを用いた診察によって色素沈着の原因が分かると思います。

以下のブログも参考にしてください。

「爪甲下出血」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=428020
「爪甲色素線条」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1088307
| 副院長 | 2009/11/13 11:30 AM |
お忙しいところ、ご助言ありがとうございます。
今日、皮膚科で診てもらったら、
ぱっと見て「内出血ですね。」と言われました。
小指をぶつけたとも言っていないのに、専門家だと見ただけでわかるものなのでしょうか???
その後、ダーモスコープで3秒くらい見て、「ほくろではない」と断言されました。
ダーモスコープは初めてだったので、イメージと違ってちょっとビックリしました。
あまりにあっけなく、半信半疑でしたが、やはり小指をぶつけたのが理由だったようで、ほっと胸をなでおろしています。

住吉先生には、直接診て頂いたわけではありませんが、
行動を起こすきっかけを与えて下さり、大変感謝しています。
ありがとうございました。

最後に、「メラノーマの初期症状は、縦の線」の話ですが、
「たけしの本当は怖い家庭の医学」などでも取り上げられていた「爪の黒い線」のことを書いたつもりでした。
言葉が足りなくて、申し訳ありませんでした。
| サクラ | 2009/11/13 4:21 PM |
初めまして、母斑細胞母斑を調べていたらこちらのHPに
辿り着きました^^
ご質問させて頂きたいのですが、背中の真ん中辺に1cm〜1.5cmくらいの大きさのほくろがあり、皮膚科に行った所母斑細胞母斑だと診断され、経過観察との事なのですが、ここ数年で出来た物でおそらく3年くらい前にはなかったと思うのですが、ここ3年くらいので少しずつ大きくなってきている感じがしまして、こういったものは母斑細胞母斑の特徴なのでしょうか?メラノーマとか皮膚がんの可能性がないかと心配しているのですが・・
宜しくお願い致します。
| けん | 2009/12/29 5:58 PM |
「けん」さんの質問に回答いたします。

ブログ本文中にも記載した通り、通常のホクロ(母斑細胞母斑)であれば、乳幼児期から青年期にかけて出現し、徐々に増大・増数します。

実際に皮膚科を受診し「母斑細胞母斑」と診断された症状について、他の診断である可能性を質問されても、診察を行っていない私がコメントすることは不可能です。
心配な症状であれば皮膚科専門医の診察を受けるようにしてください。

以下のブログも参照ください。

「ホクロは増える?減る?」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=557513
「ダーモスコープ:気になるホクロ切らずに診断が可能に」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=423978
| 副院長 | 2010/01/08 10:35 AM |
副院長様、ご回答ありがとうございました。先日質問させて
頂いたことなのですが、大きさは6mm〜7mmの間違いでした。色素性母斑でこのくらいの大きさの場合でガン化するという事はどのくらいの確立であるのでしょうか?またガン化した場合、メラノーマになるのでしょうか?それとも皮膚がんになるのしょうか?あと色素性母斑と異型性母斑というのは全然違う質のものなのでしょうか?メラノーマを一番
心配しているのですが・・
| けん | 2010/01/10 12:02 AM |
再び「けん」さんの質問に回答いたします。

ブログ本文中にも記載した通り、色素性母斑(ホクロ)は良性腫瘍であり、悪性腫瘍(癌)ではありません。
一方、メラノーマ(悪性黒色腫)は非常に悪性度の高い皮膚癌です。

また、異型性母斑という言葉は聞いたことがありませんので、コメントすることができません。
心配な症状であれば、実際に診察をしている皮膚科(できれば皮膚科専門医)を再診するようにしてください。

以下のブログも参照ください。

「良性腫瘍と悪性腫瘍」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=432600
| 副院長 | 2010/01/13 11:28 AM |
初めまして。お忙しいところ、申し訳ありません。
ホクロのことについて検索していらら、こちらにたどり着きました。

2〜3年前くらいから、右足薬指の側面にホクロが出来ていたのですが、ここ最近、そのホクロが縦長に大きくなり、今では直径6mmくらいの雫みたいな形のホクロになっているんです。

別に痛みも痒みも凹凸もないのですが、やはり病院に行った方が良いのでしょうか?もし行って、悪性だと言われたらと気になって仕方ありません・・・。
また、こんなホクロでも良性の可能性はあるのでしょうか?
| ミチコ | 2010/06/26 1:32 PM |
「ミチコ」さんの質問に回答いたします。

日本人の場合、欧米人と比べて足の裏に悪性腫瘍(悪性黒色腫)を生じる確率が高いため、色が濃かったり、形が歪(いびつ)だったり、7mmを超えて大きくなっていた場合は、早めに検査(ダーモスコピーや皮膚生検)を受けた方が良いと言われています。

通常は、良性のホクロであっても悪性腫瘍であっても、痛みや痒みを自覚することはありません。
また、ホクロの形(凹凸など)は、ホクロを構成している母斑細胞が増殖しているレベル(深さ)によって異なります。

このブログ上で診察を行うことはできませんので、心配な症状であれば、早めに皮膚科専門医などの診察を受けるようにしてください。

以下のブログも参考にしてください。

「足の裏のホクロ」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=125435
「ダーモスコープ」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=423978
「ホクロの形」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=371226
| 副院長 | 2010/07/05 8:24 PM |
初めまして。いろいろ調べているうちにここにたどり着きました。

数年前(もっと前からかもしれませんが)から鼻にホクロのようなものがあり、(直径2mmほどのうすい褐色で膨らんでいる)ホクロのようなものの中にある毛穴は角栓?詰まりをしています。

今日皮膚科に行ったのですが、そこの皮膚科の先生はさっと見ただけで「これはホクロです」と診断されました。
もっと見てくださいと言えなかった私も悪いのですが・・・

帰宅後、色々調べているうちに不安になってきました。

質問は、
〔啖蟲佑泙蠅原因でホクロになることがあるのか。
∪廚鮖弔気砂去できるかということです。


すみませんがよろしくお願いいたします。
| あこ | 2010/07/23 5:10 PM |
体の左側(顔、首、首筋、脇の下、手の爪(薬指)、股)に割と色の濃く目立つ黒子が集中してます。
これは何か原因があるのでしょうか?
| ムロ | 2010/07/27 2:36 AM |
「あこ」さんの質問に回答いたします。

ホクロ(色素性母斑)というのは、母斑細胞が皮膚の内部で増殖した状態です。
ですから、毛孔と色素性母斑は直接関係がありません。

毛孔が閉塞した状態は、ニキビの初期段階と同様であり「面皰(めんぽう)」と呼ばれてます。
特に、栓をされたように毛孔が閉塞した状態は「開放面皰(いわゆる黒ニキビ)」と呼ばれます。
このような「開放面皰」が1ヶ所に集まってみられる場合には「面皰母斑」と呼ばれることがあります。

「色素性母斑」でも「面皰母斑」でも、切除(手術)を行う場合には、必ず痕(瘢痕)が残ります。
美容面を気にされるようであれば、形成外科(美容外科)を受診して相談された方が良いと思います。
| 副院長 | 2010/08/02 10:15 AM |
「ムロ」さんの質問に回答いたします。

ホクロ(色素性母斑)であれば、誰にでも生じるものであり、部位に多少の偏りがあっても特に病的な症状ではありません。

気になる症状であれば、皮膚科専門医などの医療機関を受診されてはいかがでしょうか。
| 副院長 | 2010/08/06 11:58 AM |
はじめまして。
母斑について調べていて、専門医のアドバイスがいただけるこのHPにたどり着きました。

先月、生まれつき足の指にあるほくろが3mmほど大きくなった(1.1cmに)気がして、近所の皮膚科を受診したところ、
総合病院を紹介され、行ってきました。
ダーモスコピーなどで診察していただき「良性と判断するが、この先の危険性も考え切除するよう」にと、さらに形成外科を紹介されました。
(足裏の場合は6mm以上でとる場合が多いんですね)
今すぐというわけではないが、1.2年先とならないよう言われたので
1カ月後の今日、形成を受診しました。
すると「悪性化するのは後天的なものだし、取らなくても…」とのこと。
そのお話の仕方が何だか軽い感じで、皮膚科の先生と仲が悪いのかと勘ぐってしまうようなものだったので、
どちらの先生の仰ることが正しいのか、わからなくなってしまいました。
その後この先生もダーモスコピーで診てくださり「ぼくの家族なら取らない。でも取って病理検査して安心するのもいいかも」ということで、
私の仕事の都合で、もし手術をするなら冬がいいのもあって
12月まで経過観察することにはなったのですが。

この1カ月で、手術も仕方ないか、という気にようやくなったところでの急な展開に、戸惑いと悩み中です。
先生によって多少診断が違うこともあることは、理解していたつもりですが…
他の先生がどのように考えるか教えていただけると、大変うれしいです。

お忙しいかと思いますが、よろしくお願いいたします。
| るる | 2010/08/06 7:56 PM |
母斑のことでおたずねしたくコメントを書かせていただきます。
9才の息子は生まれたときから頭に焦げちゃ色のたて2.5cm横1cmくらいのあざというか母斑というかわからないのですがそのようなものがあり、毛は普通に生えています。ソノ分分の髪の毛は周りに比べて濃くも薄くもないです。
産んだ病院からも、かかりつけの皮膚科からも、特別盛り上がったり大きくなったりしたら診せてと特に変化がなければ思春期までいじらなくても大丈夫といわれていました。
昨日床屋にいって短めにしましたら前からあるのの少し前に薄い茶色の同じくらいの大きさのものができていてそこだけ周りより少し多めに髪の毛が生えているようです。
さらにもう一箇所ごく薄いものが見えます。これはどういったものなのでしょうか? 場所が頭なだけに心配です。
今日かかりつけの皮膚科を受診予定ですが、何かアドバイスいただけることがありましたらお願いいたします。
| ひな | 2010/08/16 10:07 AM |
突然申し訳ありません。
12歳の娘の足の親指の爪の端に茶黒のようなものが、1ミリぐらいだとおもうのですが、出来ています。
関係ないとは思いますが、
数ヶ月前に隣の指にイボが出来て、皮膚科を受診して、ドライアイスのようなもので焼いてそこの部位は完全にきれいになりましたが、最後OKがでるまで通いませんでした。次回見て大丈夫なら終わりという言葉に安心し、見た目もきれいだったため、浅はかな判断をしてしまいました。
爪に出来てるのをきずいたのは、2週間ぐらい前で、特に変化はみられませんが、反対の足の親指にも発見!!
それは1ミリにも満たない小さなものです。
両性の母斑だとしんじたいのですが・・・
前回もウイルス性と診断されたイボのときもそうだったのですが、
足にマニュキュアをした後でした。
何か関連があるのでしょうか?
痛みもないといっていますが、色々読んでいて心配になり、受診はしようと思ってますが、不安になりアドバイスをいただきたくてコメントさせて頂きました。
子供には悪性は少ないとありますが、主人は爪が伸びるのを待てば大丈夫。。。と、言っています。
何分素人判断ですので、可能性として、お聞きできる事があれば幸いです。
| yuki | 2010/08/21 1:23 AM |
「るる」さんの質問に回答いたします。

このブログ上で診察を行うことはできませんが、「生まれつき足の指にあるほくろ」という記載から、おそらく悪性腫瘍ではなさそうという判断ができます。
しかし、最終的な良性腫瘍と悪性腫瘍の判断は、病理組織学的に行われています。

日本人では、欧米人と比べて足の裏に悪性黒色腫(メラノーマ)を生じる割合が高いため、目安として色素斑の大きさが7mmを超えるかどうかが、念のために切除を考慮するかどうかの判断基準になると以前から言われてきました。
また、心配であれば切除してしまえば病理学的な診断もできますし、何より心配の原因となっている病変が無くなる訳ですから安心という訳です。

ですから、「ホクロの大きさが7mmを超えているので念のために取って調べた方が安心」というのも「生まれつきあるホクロで、ダーモスコピーにて全く問題ないから取る必要はない」というのも間違っていないと思います。

以下のブログも参考にしてください。

「足の裏のホクロ」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=125435
「ダーモスコピー」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=307276
「良性腫瘍と悪性腫瘍」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=432600
「ホクロは増える?減る?」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=557513
| 副院長 | 2010/08/23 10:46 AM |
お忙しい中、回答をありがとうございました。

「先天性のものは100%悪性化しない」という形成の先生の言葉に
本当に100%と言い切れるのか…と、かえって疑心暗鬼になっていたのですが、
わたしの場合は、自分で判断するしかないのですね。
冬までもう少し悩もうと思います。
| るる | 2010/08/25 9:41 PM |
「ひな」さんの質問に回答いたします。

生下時からみられる母斑では、直径が20cmを超えている場合には「巨大型先天性色素細胞母斑」と呼ばれ、約10%という高い確率で悪性化する可能性があると言われています。
それより小さな色素斑(色素性母斑)であれば、一般的には問題ないと考えられていると思います。

また、小児の頭皮に生じやすい母斑(皮膚腫瘍)の中で比較的注意を要するものとして「脂腺母斑(類器官母斑)」があります。

このブログ上で診察を行うことはできませんし、診察をせずに「これはどういったものなのでしょうか?」という質問に回答することは不可能です。
実際の症状を診察して担当医(できれば皮膚科専門医)から詳しい説明を受けるようにしてください。

以下のブログも参考にしてください。

「巨大型先天性色素細胞母斑(巨大色素性母斑)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=803371
「脂腺母斑」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=563496
| 副院長 | 2010/08/30 12:40 PM |
「yuki」さんの質問に回答いたします。

爪は皮膚の角質ですから、様々な原因で着色・変色する可能性があります。

例えば、ホクロ(色素性母斑)のような良性腫瘍に伴う爪の変色であれば、爪が伸びるに従って、その方向に着色した爪が伸びてくること(爪甲色素線条)になるでしょう。

以下のブログも参考にしてください。

「黒色爪(黒い爪)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=172971
「爪甲下出血」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=428020
「爪甲色素線条」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1088307

ちなみに、癌(悪性腫瘍)が同時に2ヶ所の部位(臓器)に発生することは極めて珍しいことであり、通常はあまり考えなくて良いでしょう。
| 副院長 | 2010/09/03 9:44 AM |
初めまして。皮膚科専門医にて、良性の色素性ぼはんと診断されたホクロを予防的に切除したいと考えています。切除縫合法です。
切除にあたり、ホクロにメスをいれることにより良性だったものが悪性化することはないのかが気がかりなのですが、そのようなリスクは無いのでしょうか?
もしお時間があれば、お答えいただければ幸いです。
| はるか | 2010/09/03 8:55 PM |
ほくろと癌の因果関係についてお尋ねしたいのですが、
よくホクロを刺激(熱や意図的な刺激)すると、癌化すると
言われていますが、ほくろが癌になるのではなく、癌のほくろは初めから癌のほくろとして出てくるものであり、
良性のほくろが悪化して癌化する事は99%ないと思っていて間違いないのでしょうか?もしそうであれば、多少大きなホクロがあって、良性の判断をされているものであれば、
今後多少大きくなってもそれが癌であることはないと安心できるのですが・・宜しくお願い致します。
| ニコ | 2010/09/07 6:37 AM |
「はるか」さんの質問に回答いたします。

「ホクロを予防的に切除・・・」という記載と「ホクロにメスを・・・」という記載には、矛盾が感じられます。
通常のホクロ(色素性母斑)というのは悪性腫瘍ではありませんが、安心のために色素性母斑を取り除く(切除する)のであれば、わざわざ母斑をメスで切断する必要はなく、一塊にして切除してしまえば良いことだと思います。

ちなみに、正常な皮膚やホクロなどの良性の皮膚腫瘍に切り傷が生じたことが原因で、皮膚癌が発生するという話は聞いたことがありません。

詳しくは、実際の症状を診察あるいは手術を行う担当医から説明を受けるようにしてください。
| 副院長 | 2010/09/10 5:41 PM |
「ニコ」さんの質問に回答いたします。

慢性的に皮膚に強い刺激を与え続けることが発癌につながるというのは、ホクロ(色素性母斑)とは直接関係ないと思います。
通常のホクロというのは、ある種の奇形のようなものであり、悪性腫瘍ではありません。

例えば、慢性的な放射線の照射や強力な紫外線の曝露、重度の熱傷瘢痕などからは、皮膚癌が発生しやすくなります。
これは、特にホクロの有無に関係なく、正常な皮膚の細胞が強いダメージを受けた時に癌化しやすいということを言っているのです。

「ホクロを刺激すると・・・」という言い伝えは、おそらく、ホクロを視覚的に気にしてしまう人が、同じ部位を掻いて傷を作ったり火傷をさせたりという行為を何十年も続けた結果、ホクロの近くに皮膚癌が発生しやすくなったということだと思います。
| 副院長 | 2010/09/15 10:03 AM |
はじめまして、6ミリほどの大きさの腹部のほくろについて、教えていただければと思いコメントさせていただきました。
5年ほど前に皮膚科医を受診し、心配の無いホクロと診断いただいているのですが、久しぶりにながめてみると「こんな感じだったかな?」と形や色など、また気になりだしました。楕円のような形なのですが、左右対称ではなく形が整っていないのも気になっています。
ですが、大きさに変化は無いと思うので考えすぎなのかもしれないとの思いもあります。
5年間大きさに変化が無いということは、このほくろは、悪性ではないという目安になるでしょうか?
22歳、男性です。お忙しいところ、申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。
| しま | 2010/10/12 7:55 AM |
上のコメントで6ミリほどの大きさのほくろについて、質問させていただいている、しまです。
上記のほくろの事で、少し補足させていただきたく追加コメントさせていただきました。
「楕円のような形で左右対称ではなく整っていない」と書きましたが
角の無い三角と楕円の中間のような形、というか、説明が難しいのですが、整った楕円ではないのですが、縁は滑らかです。
色は肉眼では黒一色に見えます。
ただ、ホクロの真ん中あたりに筋が入っているように見えます。その筋でホクロが割れているようにも見えるのですが、これは、悪い変化でしょうか?
そこから体液などは出ていません。
| しま | 2010/10/12 11:32 PM |
はじめまして。
良性のほくろがちくちくしたりするものなのでしょうか?

10年以上前からある10ミリのホクロがちくちくするような気がしたので、近所の病院へ行きました。

大きくなったりはしていないのですが、
滲みのような感じになっていました。

よくないかもしれないので、
大きな病院で調べてくださいと紹介状をだされ、

大きい病院でダーモスコープを使い調べました。
良性といわれたのですが、

取っておいた方がいいということになり、
再来月とることになりました。
(手術が混んでる為)
取ればはっきりわかるのですが、
それまですごく不安です。


良性といわれても不安な原因は、
それからほくろがよく痛みます。
ちくちくずきずきします。
塩サウナ入って塩がふれても少し痛かったです。

良性のホクロでも痛みなどあるのでしょうか?
| りんご | 2010/10/20 11:39 AM |
「しま」さんの質問に回答いたします。

このブログ上で診察をすることはできません。

5年前に他の医療機関で「心配ない」と診断された症状について、診察をしていない私に「悪性ではない・・・?」と質問されても回答することは不可能です。

心配な症状であれば、以前の症状を診察している医療機関(皮膚科専門医など)を再診されてはいかがでしょうか。
| 副院長 | 2010/10/22 11:13 AM |
「りんご」さんの質問に回答いたします。

良性のホクロ(色素性母斑)は、通常チクチクしたり痛みを感じるようなことはありません。
逆に、悪性腫瘍だからといっても、通常はチクチクしたり痛みを感じるようなことはありません。

「塩サウナ入って塩が・・・」という痛みであるならば、皮膚の表面の問題であり、ホクロ(良性腫瘍であっても悪性腫瘍であっても)とは関係無いと思われます。
| 副院長 | 2010/10/31 4:35 PM |
ありがとございます。
場所が近ければ、先生の所に通いたかったとおもいました。
| りんご | 2010/11/17 11:38 AM |
お忙しいところ申し訳ありませんが、お答えいただければ幸いです。
6歳の息子には生まれたときから顔にほくろがあります。
出生当時は小さな点ほどだったのが成長とともに1cmくらいになってきてしまいました。場所が顔だけに早めに取ってあげたほうがいいのではと思っているのですが、レーザーを扱っているような通常の皮膚科でも対応は可能なのでしょうか?それとも初めから大きな病院に行ったほうがいいでしょうか?レーザーのほかにも適した除去方法などありましたら教えていただきたいです。
よろしくお願いします。
| さとゆ | 2011/01/09 11:52 PM |
「さとゆ」さんの質問に回答いたします。

目立つホクロを除去(切除)するかどうかは、本人の希望で決めるべきと思います。

ホクロ(色素性母斑)の種類(母斑細胞が増殖している深さ)によっても異なるかも知れませんが、通常は切除するのが基本です。
6歳という年齢を考慮すると、入院の上で全身麻酔を行う必要があると思います。
入院が可能な医療機関であれば、皮膚科または形成外科で対応できると思います。

美容目的にレーザー治療を試みる場合は、形成外科(あるいは美容外科)で相談されてはいかがでしょうか。
| 院長 | 2011/01/15 5:02 PM |
初めまして。25歳の男性です。
私は昔からほくろが出来やすい体質のようで、普段から大きさや色の変化が無いか等を気にかけています。

そこで1つ質問させていただきます。大きさや形は普通なのですが、ほくろの中心部分が少しだけ色濃くなっているものがいくつかあります。数は少ないのですが、このようなタイプのほくろも一般的に存在するのでしょうか?

今後も経過観察し、大きさ等、何か変化があれば医師の診察を受けようと思っています。
よろしくお願いいたします。
| 青 | 2011/01/21 9:02 AM |
「青」さんの質問に回答いたします。

いわゆる一般的なホクロ(色素性母斑)であれば、ホクロを形成する母斑細胞が皮膚のどのレベル(深さ)で増殖しているかによって、色や形が変わってきます。
例えば、皮膚の浅いレベルで母斑細胞が増殖していれば、隆起は少なく色の濃いホクロになりやすく、皮膚の深いレベルで母斑細胞が増殖していれば、色が薄く隆起したホクロになりやすいという具合です。

以下のブログも参考にしてください。

「ホクロの形」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=371226
| 院長 | 2011/01/25 10:42 AM |
初めまして。良性黒子に対する刺激について質問です。
ネットを見ていると「黒子に刺激を与えると悪性化する可能性もある・・」や医学界でも良性黒子の癌化否定派と癌化する可能性はある派がいると見ました。
もちろん両者の意見がある以上どちらが正しいかと
問うことはできませんが実際あり得る事だと思うでしょうか
良性の黒子が癌化するというのは良性だと思って居たら・・
ならわかるのですが素人で無く一部のお医者様でも
良性が刺激により悪性化するという意見もあるので
どちらを信用して良いのかわからなくなります。
腕の黒子を慢性的に掻いてたら悪性に・・・
頭を強く毎日ブラシしてたら頭部の黒子が悪性に・・・
実際良性が悪性に・・という例が極稀にでもあったとも
ネットにはあります。先生はどうお考えになりますか
| まさ | 2011/03/19 5:02 PM |
「まさ」さんの質問に回答いたします。

様々な条件によって異なると思いますが、広い意味で考えれば、どちらの意見も正しいと思われます。

まず、癌化する(無秩序な増殖をする)ことが予想されている腫瘍であれば、すでに完全に良性とは言い切れないことになります。
別の言い方をすれば、無秩序な増殖をしていないから良性腫瘍と言える訳です。

一方、良性腫瘍や腫瘍性の病変が全く無い正常な皮膚においても、皮膚癌が発生する可能性があります。

生まれつき癌が発生している訳ではないのですが、加齢に伴い、ダメージを生じた細胞の修復が不完全になってくると、どこかで癌が生じてしまいます。
昨年まで癌検診で異常が無かったのに、今年の癌検診で突然癌が見つかる可能性があるのと同じです。

細胞が癌化するメカニズムについては、まだ不明な点もあると思いますが、慢性的な皮膚の損傷(皮膚潰瘍)や熱傷(ヤケド)の繰り返しによって、細胞に修復不可能なダメージを及ぼす可能性がありますし、紫外線や放射線の照射によっても影響があるかも知れません。

もちろん、誰だって怪我をしたりヤケドをすることはありますし、多少の紫外線や放射線を浴びながら我々は生活をしています。
ですから、程度の問題になると思いますが、50年間毎日ヤケドを繰り返していたり、50年間毎日強力な紫外線や放射線を浴び続けていれば、おそらく癌化する細胞が出現するであろうことは想像できます。
| 院長 | 2011/03/25 11:51 AM |
はじめまして。20代の女性です。
先天性色素性母班について質問です。

私は首に3cm×3cmの先天性色素性母班があります。
色は黒で皮膚を伸ばすと少し色が薄くなります。
他の皮膚に比べ盛上がったりとかはなく、
触ったときの感触の違いはありません。

できれば切除したいと考えているのですが、
場所が首だけにものすごく不安があります。
小さい頃に病院の先生に見てもらったとき
「大きいから手術は何回かに分けなければならない」
と言われたのを記憶しています。


首と腕などの場所の違いで、
手術するのにリスクの差があるのかどうか。

切除するにの何回の手術が必要か。

教えてください。
宜しくお願いいたします。

| waku | 2011/04/13 1:44 AM |
「waku」さんの質問に回答いたします。

首でも腕でも、皮膚を切除するという点では変わりありません。
そういう意味では、外科的切除のリスクは同じと考えて良いでしょう。

しかし、部位や大きさによって、皮膚病変を切除した後に単純な縫合ができるかどうかで、複数回の手術にしたり術式の変更を考慮する必要があるかも知れません。

目安として、ご自身で切除したい病変部の皮膚をつまんでみてはいかがでしょいうか。
容易につまみ上げることができるような小さな病変であれば、1回の単純切除で取りきれる可能性があると思われます。
| 院長 | 2011/04/18 12:14 PM |
はじめまして。4カ月の娘についてです。

外陰部にほくろがあります。
産まれた時からできていたとは思うんですが、あまり気にはとめていませんでした。

最初は黒い点ぐらいの大きさだったのですが、
最近見ると1.0mm〜1.5mmぐらいに大きくなっているように感じるのでとても気になりだしました。

乳児にほくろができているという事。
ほくろのできた場所が、外陰部という事。
で心配になっています。アドバイスをお願いします。

まだ様子をみていてもいいものなのか、それとも
一度皮膚科を受診した方がいいのでしょうか?





| kame | 2011/05/18 11:08 PM |
「kame」さんの質問に回答いたします。

ホクロ(色素性母斑)というのは、誰にでも生じているものであり、心配するようなものではありません。
ただし、先天性(生まれつき)の色素性母斑の場合、大きさが200mmを超えている場合に、しばしば問題になります。

以下のブログも参考にしてください。

「巨大型先天性色素細胞母斑(巨大色素性母斑)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=803371
| 院長 | 2011/05/23 5:33 PM |
こんにちは。
様々な質問とアドバイスを興味深く拝見し、
自分の事についてもご相談させて頂きたく
コメント投稿させていただきました。

生まれつきのあざについてです。

・腹部、片側の正面から背面にかけて
・形はいびつだが、全体で長さ40僉高さ10儖
・全体は薄い茶色、部分的に濃い部分、ほくろあり
・盛り上がりはなく平ら。境界線がぼやけている。

出生時にこのような大きなあざを伴っていたことで、
両親の間や親族との間などで感情的にもつれたりと
色々あったらしく、この事については私が物心ついた
頃から触れてはいけない感じになっていました。

尋ねてもはっきりと答えがもらえず、ただ
・箇所が大きいので手術やレーザーは難しい
・広がったり痛くなったりしなければとりあえずOK
という事だけは言われていました。

自分の体のことをきちんと把握できていないのも変だと
思うのですが、服を着ていれば人に見られることもなく
自分でも気にしないようになり、大人になりました。
その部分が健康面で問題になることもありませんでした。

内科の診察や、発疹で皮膚科にかかった際に
腹部を見た医師からあざについて尋ねられることが増え、
このままでは問題なのか?と少し気になるようになって
きました。

生活する上では特に問題がなく、必要がない限りこの件で
病院へ行く気にはなれないのですが、もしアドバイスが
頂けるようでしたら幸いです。



| noir | 2011/05/24 4:36 PM |
一部文字化けしていたようで、失礼致しました。

・形はいびつだが、全体で大体長さ40センチ・高さ10センチ位 です。
| noir | 2011/05/30 10:16 PM |
「noir」さんの質問に回答いたします。

先天性(生まれつき)の大きな色素性母斑については、以下のブログを参考にしてください。

「巨大型先天性色素細胞母斑(巨大色素性母斑)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=803371

また、褐色斑上に小さな色の濃い色素斑がみられるような不均一な色素斑であれば、扁平母斑の可能性が考えられます。
以下のブログも参考にしてください。

「扁平母斑」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=554917

なお、このブログ上で診察をすることはできませんので、詳しい説明は実際の症状を診察している医師から受けるようにしてください。
| 院長 | 2011/05/30 10:29 PM |
外陰部のほくろについて質問します。生まれつきだったと思いますが、直径2〜3mm程度のほくろが二つくっついて(一見6mm程度のほくろが真ん中で区切られている感じ)形はいびつでやわらかく隆起しています。現在35歳ですが、大きさは変わりなく、変化はしていないようですが、様子を見ていて大丈夫でしょうか。心配はしていますが、場所だけに恥ずかしくて診察を受けられないでいます。
| はち | 2011/09/15 1:12 AM |

失礼します。
大陰唇のほくろについて質問なのですが。気持ちの悪いほくろができています。
大きさはひろげると6mmほどで赤茶色の透明な隆起したほくろから偏って黒のシミのようなものが広がっています。
粘膜にちかいからかと思ったのですが
友人にメラノーマではないかと言われ不安です。
また、まだ学生で親に言うのは恥ずかしいです。
悪性でしょうか?
| ゆうか | 2011/09/17 1:18 PM |
「はち」さんの質問に回答いたします。

ホクロ(色素性母斑)というのは、皮膚の良性腫瘍あるいは奇形の一種であると考えられており、体表面のどこにでも生じる可能性があります。
また、必ずと言って良いほど、誰にでも生じているありふれた皮膚病変です。
悪性腫瘍ではありませんので、通常は治療(切除)を行う必要はありません。

なお、このブログ上で診察をすることはできませんので、心配な症状であれば、皮膚科専門医などを受診するようにしてください。
| 院長 | 2011/09/23 11:37 PM |
「ゆうか」さんの質問に回答いたします。

ホクロ(色素性母斑)というのは、皮膚の良性腫瘍あるいは奇形の一種であると考えられており、体表面のどこにでも生じる可能性があります。
また、必ずと言って良いほど、誰にでも生じているありふれた皮膚病変です。

また、コメントの「赤茶色・・・」という表現からは、血管腫や内出血などの可能性が考えられます。
しかし、このブログ上で診察あるいは診断をすることはできません。
ですから、心配な症状であれば、早めに皮膚科専門医などを受診するようにしてください。
| 院長 | 2011/09/26 11:53 PM |
はじめまして
外陰部に出来物が出来たみたいで 見ると小さなほくろが沢山ありびっくりしました。ずっと以前はなかったように思います。よくないものなのでしょうか?
よろしくお願い致します。
| ひろ | 2011/10/27 6:38 AM |
「ひろ」さんの質問に回答いたします。

外陰部に多発するホクロのような出来物としては、ボーエン様丘疹症といったウイルス性疣贅などの可能性が考えられます。
このブログ上で診察することはできませんので、心配な症状であれば、早めに皮膚科専門医などを受診するようにしてください。

以下のブログも参考にしてください。

「ボーエン様丘疹症」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1197181
| 院長 | 2011/11/04 11:21 AM |
院長先生へ。

友人のお子さんの件で質問させて頂きます。
私はイタリア在住で、友人は東南アジア人の方です。お子さんは現在小学4年生なのですが、生まれた時から顔(目の下から頬の真ん中くらいまで)に大きな黒っぽいアザがあり、その部分からは毛が生えています。
そのアザは成長するにつれて下の伸びてきているそうです。

両親はこちらの病院を生後からあちこち周っているのですが、欧米人の先生たちは「こんなに大きなアザの手術は行った事もないし、見たこともない」との事で、手術にもリスクが伴うとの説明を受けたそうです。検査の結果は、「巨大型先天性色素細胞母斑」の症状と同じだと思うのですが、きちんと切除しなければ毛はまた再生するので菌のようなもの...だそうです。

両親は将来の事を心配していて、先日再度医師の元を訪れ説明を受けたそうなのですが、当然お子さま本人にも大きなコンプレックスになっており、手術の決断を迫られたそうです。この状況で手術に踏み切って良いのか本当にのかどうかを両親は迷っています...。そこで日本人の私に何か出来る事がないかと思いネットで検索していたところ、先生のHPへ辿り着きました。

本当は日本に呼んで治療させてあげられたら良いのですが、外国人なので手続きなどについてなど私にはどうしたら良いのかも分からずなので、失礼を承知で質問させて頂きました。先生は友人のお子さんのこのケースについて、どう思われるでしょうか?
| ゆい | 2011/11/27 12:03 PM |
書き忘れましたので、追記致します。

その子の顔のアザは濃く、見た感じは何処かに顔をぶつけて内出血をしたように黒っぽい感じです。
皮膚の表面の状態は他の皮膚と同じですが、色だけが違い、その部分にフサフサした毛が生えているという感じです。

現地のイタリア人医師たちは、手術をすると目のすぐ真下の皮膚なので皮膚が垂れ下がるようなリスクがもしかしたらあるかも知れないと言っていたそうです。医師たちも腕や足の小さいアザなら手術の経験があるそうですが、このような広範囲のアザの手術の経験ないそうです…
| ゆい | 2011/11/27 11:50 PM |
「ゆい」さんの質問に回答いたします。

このブログ上では診察をすることができませんので、ご友人のお子さんの症状が「色素性母斑(母斑細胞母斑)」であるのか「太田母斑」あるのかなど、判断することは不可能です。

以下のブログも参考にしてください。

「巨大型先天性色素細胞母斑(巨大色素性母斑)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=803371
「ベッカー母斑(Becker母斑)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1197130
「太田母斑」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=519932
「毛の生えたホクロって癌になるの?」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=255733

なお、治療に関しては美容面が最も問題になると思いますので、皮膚科よりも形成外科で相談するようにしてください。
| 院長 | 2011/12/02 12:32 PM |
はじめまして。
2歳の娘のほくろについて相談させてください。
右腕に1ミリくらいの真っ黒なかさぶたのようなものがついていたので、爪で引っ掻いたら取れました。
取れたとこには、ほくろがあり、若干膨れていました。
なんだか、またかさぶたのような感じもしますが、小さいのでよくわかりません。
ほくろにかさぶたのようなものが出来ることってあるんでしょうか。
| カワ | 2012/02/09 9:42 AM |
「カワ」さんの質問に回答いたします。

ホクロ(色素性母斑)は、それを構成する母斑細胞がどこで増殖しているかによって、色や形などに違いを生じます。

皮膚の最も外側を被覆しているのは「表皮」であり、表皮は外側から順に角質層・顆粒層・有棘層・基底層に分類されています。
その内側には「真皮」があり、真皮には血管や神経、あるいはコラーゲンなどの線維が含まれています。
さらに内側には「皮下脂肪」があります。

このように構成されている皮膚において、母斑細胞が増殖するのは、表皮と真皮の境界部分、あるいは真皮内の深い部位である可能性が考えられます。
つまり、ホクロを掻いて除去するためには、かなりの出血を伴うことが予想される訳です。

一方、痂皮(かさぶた)というのは、表皮に付着した滲出液や血液が固着したものですから、掻いて除去されたとしても出血を伴わない可能性があります。
要するに、痂皮というのは、ホクロの有無に関係なく、皮膚の表面(表皮)が傷になればどこでも生じる可能性がある訳です。

以下のブログも参考にしてください。

「ホクロの形」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=371226
| 院長 | 2012/02/13 11:39 PM |
こんにちは。

陰部の粘膜の所に8mmのほくろのようなものが2年前からあります。22さいのときに気づいたときには8mmで2年間の間で大きさに変化はありません。色も真っ黒ではなく平らで楕円形です。

しかし気になるとほくろがいたく感じたりかゆくかんじたりします。メラノーマかとかんがえると怖いです。

2回ほど町の皮膚科にダーモスコープで見てもらったのですが不安なので
3月の頭に都立病院で見てもらう予定です。
しかし、よくブログなどで組織検査に出して見逃されたというのをみました。
病理検査に出してもメラノーマとわからないときってあるのですか??
また大きさに大きな変化がなければ悪性の確率は低いですか?
陰部でも悪性の場合は真っ黒なのでしょうか?
8mmと大きめなのでとても不安です。
| ゆつか | 2012/02/20 6:21 AM |
「ゆつか」さんの質問に回答いたします。

生まれつき200mmを超える大きさのホクロ(巨大色素性母斑)がある場合は、悪性化の可能性を考慮する必要がありますが、22歳で8mmのホクロがあったとしても、それだけでは皮膚癌の可能性を考える必要は無いと思います。
また、ホクロの色の違いや形の違いというのは、ブログ本文中にも記載した通り、母斑細胞の数や増殖している深さによって異なってくるものです。

過去に複数の医療機関を受診したにも関わらず、診断に不安があるのであれば、心配な病変を切除してしまうのが最も確実で安心な方法だと思います。
心配な病変が取り除かれますし、病理学的な検査・診断ができるからです。

明らかに良性の腫瘍、あるいは明らかに悪性の腫瘍であれば、簡単に病理学的な診断ができると思います。
しかし、良性と悪性の境界にあるような病変の場合など、臨床症状(実際に診察した症状)や経過、年齢なども含めて診断が行われる場合も多いと思われます。
そういう意味では、病理組織標本を作成する医師(技師)やそれを判断(診断)する医師の力量が問われることになります。

以下のブログも参考にしてください。

「良性腫瘍と悪性腫瘍」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=432600
| 院長 | 2012/02/23 4:53 PM |
はじめまして
現在年齢は47歳です。
約20年ほど前から顔にイボが出来始め、少しずつ大きくなってきたので皮膚がんを疑い8年前に近所の大学病院で診てもらいました。その結果悪いものではないと言われ、切除したければ手術するし放置していても問題ないと言われました。当時顔にメスを入れる事に抵抗を感じていたので、悪性のものでなければ様子を見たいと思い放置していましたが、最近そのイボがさらに大きくなり色も少し濃くなって目立つようになったのと、洗顔時に血がにじむ事もあり切除をしたいと思い前回とは別のかかりつけの大学病院の皮膚科に受診しました。すると組織検査したほうが良いと言われ、その結果基底細胞癌と診断されました。全く寝耳に水でしたが、1センチ以上になっていた腫瘍を無事切除しました。病理検査では腫瘍は完全に取りきれたとの事です。

そこで先生に質問ですが、この先再発は殆ど無いと理解していますが、基底細胞癌を発症した人は新たに皮膚がんになる可能性が高いと聞いた事があります。紫外線の影響が強いと聞きますが、子どもの頃から海に泳ぎに行った事も無いし、野外スポーツもしていなかったですし大学生の頃からUVクリームに日傘をさすなど、かなり注意していました。これ以上気をつけようが無いです。私の場合基底細胞癌になるには比較的まだ若いですし、また色白で顔のほくろも多く、背中にも1cmくらいのほくろが複数あります。
あまり神経質に考えたくはないのですが、どの程度新規に皮膚がんになる可能性があるのか、また基底細胞癌以外の比較的悪性度の高い皮膚がんになる可能性もあるのか、教えてください。
よろしくおねがいします。
| みかん | 2012/04/07 8:27 AM |
「みかん」さんの質問に回答いたします。

全ての癌(悪性腫瘍)について言えることだと思いますが、生まれつき発症していたということは考えにくいと考えられます。
いつ頃から、顔つきの悪い細胞(異型性の強い細胞)が出現したのかは分かりませんが、疑わしいと思ったら、その病変を検査し、癌が見つかったら早めに治療を行うべきだと思います。
つまり、癌(皮膚癌に限らず)は「早期発見、早期治療」が基本でしょう。

一般に「基底細胞癌」というのは、中年以降の顔面正中部(鼻の周囲など)にできやすく、転移する可能性が低い皮膚癌です。
なお「基底細胞癌を発症した人は新たに皮膚がんになる可能性が高い」という話は聞いたことがありません。

気になる病変があれば、皮膚科専門医がいる医療機関を受診し、早期発見ができるように心がけてはいかがでしょうか。
実際の症状を診察した担当医であれば、悪性化する可能性について説明できるのかも知れません。

以下のブログも参考にしてください。

「良性腫瘍と悪性腫瘍」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=432600
「基底細胞癌」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=229383
「ダーモスコープ」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=423978
| 院長 | 2012/04/10 10:45 AM |

はじめまして

茶色の4mmくらいのほくろの近くに薄い小さなシミみたいのがありました。

癌かと思い、心配です。
シミのようなものは、ほくろが大きくなったのですか、また、癌の可能性はありますか?
| へむ | 2012/05/01 11:35 PM |
「へむ」さんの質問に回答いたします。

残念ながら、このブログ上で診察をすることはできません。
心配な症状であれば、早めに皮膚科専門医などのいる医療機関を受診するようにしてください。
| 院長 | 2012/05/08 2:38 PM |
はじめまして。
現在オーストラリアに居住しているのですが、3ヵ月半前に突然手のひらの親指のつけね辺りにほくろができました。最初は0.2mm程の小さい黒点だったのですが、3ヵ月半で1.5mm程に成長しています。良性のほくろがこのような速度で成長することはあるのでしょうか。年齢は25歳です。
オーストラリアでは初診が専門医ではなく一般医(GP)のため、先日受診した際には肉眼で観察しただけで、経過観察するように言われました。どの程度まで大きくなったら再度受診したほうがよいでしょうか。
| yuka | 2012/05/24 10:08 PM |
「yuka」さんの質問に回答いたします。

このブログ上で診察をすることはできませんので、実際に診察を受けられたのであれば、その医師の指示に従うべきではないかと考えます。

いずれにしても、急激に10mm以上に拡大した訳ではなく、1〜2mm程度の非常に微小なホクロであり、25歳という年齢からも、あまり皮膚癌の心配は要らないように感じられます。

今後さらに増大傾向が強くなり、心配になるようでしたら、また再診されてみてはいかがでしょうか。
| 院長 | 2012/05/29 3:06 AM |
はじめまして。

9ヶ月になる息子がいるのですが、3ヶ月くらい前に左足の親指の爪に、2mm以下の黒い線ができているのに気がつきました。爪の上は細く、根元に向かって太くなって三角の形の黒い線状になってます。皮膚科を受診したところ、爪母にほくろができてる可能性がある、これが大きくなるようなら腫瘍ができているので様子を診ていきましょうとの事でした。腫瘍だった場合、手術や治療で完治するのか尋ねたら、言葉を濁されました。こんなに小さい子供でも腫瘍ができるのでしょうか…不安でいっぱいです。どうかご回答よろしくお願い致します。
| ゆきと | 2012/06/02 10:38 AM |
「ゆきと」さんの質問に回答いたします。

いわゆる「ホクロ」というのは、母斑細胞が増殖して形成させる腫瘍です。
しかし、通常の「ホクロ」というのは、悪性腫瘍ではなく「良性腫瘍」です。
ですから、加齢とともに徐々に増大しますが、全身の皮膚を覆いつくす程の勢いで拡大することはありません。

「爪の・・・根元に向かって太くなって三角の形の黒い線状に」という表現から、爪母に生じている色素性の病変が、ここ数ヵ月は増大し続けていることを推測することができます。
大人の爪にこのような病変を見つけたら、メラノーマという悪性度の高い皮膚癌である可能性を意識する必要があります。

最近では、ダーモスコープを用いた検査を行うことで、より正確な色素性病変を観察することができるようになりました。
しかし、このブログ上で診察を行うことはできませんので、実際の症状を観察・診察した医師から詳しい説明を受ける必要があるでしょう。

ちなみに、メラノーマの可能性を考慮する場合、診断の決め手の1つとなるのが「年齢」です。
もちろん、年齢だけで診断を下すことはできませんが、中年〜高齢者の病変であれば悪性腫瘍の可能性が高いと考えますし、乳幼児であれば悪性腫瘍の可能性は無いであろうと考えます。

以下のブログも参考にしてください。

「良性腫瘍と悪性腫瘍」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=432600
「爪甲色素線条」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1088307
「ダーモスコープ」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=423978
「悪性黒色腫(メラノーマ)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=228724
| 院長 | 2012/06/11 11:43 PM |
はじめまして。
もうすぐ二歳になる子供がいます。産まれた時からおしりに10cm程の黒いあざがあります。あざは臀烈部にまたがっています。あざの中に点々と色の濃いホクロのようなものも何個かあります。一度皮膚科にかかったのですが、さらっと見ただけで悪いものではないです。と言われました。身体の成長とともにあざも大きくなっている気がします。もう一度皮膚科を受診しようと考えていますが切除をお願いした方がいいのでしょうか?手術となるとどのような方法になるのでしょうか?まだ二歳と小さいので手術ができるのかも不安です。
| みちえり | 2012/06/14 9:57 AM |
初めまして

背中に6、7ミリの膨らんだほくろがあります。
色は濃い茶色で
感触がすごく柔らかいです。
これは悪性の可能性はあるのでしょうか?

ちなみに切除はしないといけないのでしょうか…

| なりなり | 2012/06/15 9:37 PM |
「みちえり」さんの質問に回答いたします。

このブログ上で診察を行うことはできませんので、実際の症状を診察している担当医ほど詳しい説明はできません。

「あざの中に点々と色の濃いホクロのようなものも何個か」という表現からは、いわゆるホクロ(色素性母斑)以外にも「扁平母斑」である可能性が考えられます。

「扁平母斑」のような病変であれば、レーザー治療が有効だと思いますが、母斑細胞が増殖しているような病変だと、外科的切除を考慮する必要が出てきます。
その場合は、入院対応が可能な皮膚科あるいは形成外科で治療を相談することになると思われます。

以下のブログも参考にしてください。

「扁平母斑」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=554917
「巨大型先天性色素細胞母斑(巨大色素性母斑)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=803371
| 院長 | 2012/06/18 11:27 AM |
「なりなり」さんの質問に回答いたします。

残念ながら、このブログ上で診察を行うことはできません。

一般にホクロの形は、そのホクロを構成している母斑細胞が増殖している部位(深さ)によって異なります。
「・・・膨らんだほくろ」という表現からは、皮膚のやや深い部位で母斑細胞が増殖している可能性が考えられます。

「すごく柔らかい」という表現からは、「軟性線維腫」のような病態であることが想像されます。

心配な症状であれば、早めに皮膚科専門医などの診察を受けるようにしてください。

以下のブログも参考にしてください。

「ホクロの形」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=371226
「軟性線維腫」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=502631
「良性腫瘍と悪性腫瘍」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=432600
| 院長 | 2012/06/18 11:36 AM |
初めまして。

16才の高校1年生です。
部活はバドミントン部で、毎日練習がハードです。


実は、足の裏に形が歪の、ホクロがあるんです。
大きさは4mmで、ホクロに気づいたのは約1ヶ月前です。

ホクロが出来た場所は、足の裏の中央から下に行った所(土踏まずに近い)です。
境界線はハッキリしています。
因みに指紋も見えています。



ホクロの形は歪ですが、何となくひし形にも見えます。
そしてほんの少し大きくなった・・・かな?と疑っていますが、大きくなっていた場合、悪性メラノーマということになるんでしょうか?


明らかに大きくなっていたら、病院行こうかと思いますが、これは癌である可能性が高いと思いますか?

怖くて、毎日足の裏を意識してます。回答お願いします。
| ゆうき | 2012/07/25 9:23 PM |
「ゆうき」さんの質問に回答いたします。

16歳であれば、皮膚に限らず、あまり癌(悪性腫瘍)の心配をするような年齢ではありません。
実際、高校生で胃癌や肺癌などの検診は行われていないと思います。

色素性母斑(いわゆるホクロ)であれば、誰にでもあるものであり、加齢に伴い徐々に大きくなります。
足の裏に生じることも、特に珍しくありません。

どんな病気にも言えることだと思いますが、症状が悪化するまで毎日心配しながら過ごす必要は全くありません。
少しでも心配であれば、早めに皮膚科専門医などの医療機関を受診するようにしてください。

以下のブログも参考にしてください。

「足の裏のホクロ」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=125435
「ホクロの形」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=371226
「ダーモスコピー」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=307276
| 院長 | 2012/07/31 6:19 AM |
はじめまして。
小さなころから左まぶたに直径2〜3mmほどのホクロがあります。コンプレックスに感じておりできれば無くしたいのですが、眼球の上ということで不安です。このような場所にある場合、どのような治療、手術になるのでしょうか。
| ひな | 2012/08/03 9:34 PM |
「ひな」さんの質問に回答いたします。

「左まぶたに・・・」というような部位のホクロであれば、眼瞼板を用いた手術になると予想されます。

詳しくは、実際に治療を行う予定の形成外科、あるいは入院治療が可能な皮膚科などで説明を受けるようにしてください。
| 院長 | 2012/08/08 6:37 PM |

はじめまして。
1年前からある毛の生えたほくろがあるのですが、同じ場所にくっつく(つながっている)形で別のほくろがすぐ隣にできました。
ホクロどうしがくっついてしまった場合これはまとめてひと固まりとみなして良いのでしょうか?


| いち | 2012/08/11 10:07 PM |
「いち」さんの質問に回答いたします。

「別のほくろがすぐ隣にできました」という時点で、すでに異なる腫瘍(ほくろ)が近い部位に生じたと考えて構わないのではないでしょうか。
ただし、切除する場合は「まとめてひと固まりとみなして」切除することになります。
また、切除して病理学的な検査を行えば、異なる腫瘍が同じ部位に生じたのかどうか判断できると思われます。
| 院長 | 2012/08/21 2:38 PM |
はじめまして。 
娘が5歳になる母親です。 娘は生まれつき、おへそのすぐ上に黒いあざ?ほくろがありました。
娘が大きくなるにつれ、自分のおへそを見ては取りたいといっており、最近では保育園でのお泊り保育も見られたくないから行きたくないと泣く様になりました。
その為就学までにはと、かかりつけの小児科を受診し先生に先天性色素性母班と診断され、大学病院の形成外科を受診しました。 レーザーは無理で手術をすすめられました。
やはりレーザー治療は難しいのでしょうか?

あざは10円玉くらいで、色が濃く少し盛り上がっております。

主人はセカンドオピニオンではないけれど、レーザー治療可能な病院を探そうといっております。
| こじこん | 2012/09/14 12:40 PM |
「こじこん」さんの質問に回答いたします。

このブログ上で診察を行うことはできません。
かかりつけの小児科を受診し「先天性色素性母斑」と診断され、大学病院の形成外科も受診し「レーザーは無理で手術をすすめられた」ということであれば、診察をしていない私からコメントできる状況ではないと考えます。

また、当クリニックではレーザー治療を行っておりませんので、レーザー治療を行っている医療機関で相談するのが良いのではないかと思われます。

以下のブログも参考にしてください。

「ホクロの形」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=371226
| 院長 | 2012/09/19 7:01 PM |
お尋ねします。
一年前に頭部(頭の天辺付近)に膨らみがあることに気付き、皮膚科へ行ったところほくろと言われ、切除するほどのものではないと言われそのままにしていたのですが、半年ほど前からかゆみを伴ってきました。
夜中寝てる間に掻いてしまうこともあり、意識して掻かないようにはしているのですが…。
何か悪い変化なのか、それともほくろがかゆみを帯びるのは普通なのでしょうか。
あと、希に手足のほくろもかゆくなる場合があります。
| ナオ | 2012/10/10 4:15 PM |
質問宜しくお願いします。
ほくろの大きさで1ミリ以下で1マイクロや 5マイクロ位やそれ以下のもっと小さいというのはあるのですか?
| たんたん | 2012/10/14 12:28 PM |
「ナオ」さんの質問に回答いたします。

「皮膚科へ行ったところほくろと言われ・・・」というのが、色素性母斑(母斑細胞の増殖による良性腫瘍)のことであれば、あまり痒みを生じることはないと思います。

いわゆるホクロに似た症状としては、脂漏性角化症のような病変であれば、痒みを伴う場合も考えられます。

以下のブログも参考にしてください。

「脂漏性角化症(老人性疣贅)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=209238
| 院長 | 2012/10/19 10:53 PM |
「たんたん」さんの質問に回答いたします。

記憶が定かではありませんが、ホクロ(色素性母斑)を構成する母斑細胞の大きさは、数マイクロメートル程度あったと思います。
ですから、1〜5マイクロメートルでは、ホクロを構成する母斑細胞1個の大きさよりも小さいと思います。
| 院長 | 2012/10/22 12:28 PM |
はじめまして。質問させて頂きます。
小さいときから、背中にぼこぼこした直径5cm程度のあざがあります。
昔から、引っ掻いてしまうと激痛がありましたが、最近は何もしなくても、ちくちくと痛むときがあります。
病院で診てもらった方がよいでしょうか?
| ちゃー | 2012/12/24 2:53 AM |
「ちゃー」さんの質問に回答いたします。

いわゆる「ホクロ(色素性母斑)」であれば、痛みを伴うようなことは無いと思われます。

心配な症状であれば、早めに皮膚科専門医などの医療機関を受診するようにしてください。
| 院長 | 2012/12/26 10:28 PM |
初めまして。色素性母斑の診察と治療を行っていただきたいのですが、形成外科に行けばよいのか、皮膚科に行けばよいのか知りたいです!!よろしくお願いいたします。
| ☆ | 2013/01/07 11:27 PM |
「☆」さんの質問に回答いたします。

一般に、皮膚の内科的な診療を行うのが「皮膚科」であり、皮膚の外科的な診療を行うのが「形成外科」と言って良いでしょう。

ですから、皮膚腫瘍としての診断が目的であれば「皮膚科」を受診すべきでしょうし、切除術などの美容的な治療が目的であれば「形成外科」を受診すべきだと思います。
| 院長 | 2013/01/10 8:58 PM |
始めまして。
昔からあるほくろが大きくなり、痒みを伴います。場所は顔です。膨らんできたほくろは真ん中が少し水ぶくれみたいになっています。
常時痒い訳ではないのですが、確実に大きく膨らんできているので、切除したいのですが、現在妊娠中です。出産後切除した方がよいでしょうか?
| 佐藤 | 2013/05/22 10:47 AM |
「佐藤」さんの質問に回答いたします。

いわゆる「ほくろ」であれば、特に悪性腫瘍ではありませんので、日常生活にどれほど支障があるかによって、切除するかどうかを決められても良いかと思います。

具体的な切除の時期については、実際の症状を診察している担当医とよく相談してみてください。
| 院長 | 2013/05/24 1:15 PM |
はじめまして。

私は生まれつき太ももに1cmほどのほくろがあるのですが、中心がわずかに隆起し、黒点があります。

その状態が5年以上続いていますが、これは除去すべきでしょうか。

お忙しいとはおもいますが、回答よろしくお願いします
| ひろ | 2013/06/02 1:50 AM |
上の追記ですが、ほぼ先天的なほくろで、私は高校三年生です。物心ついた頃には黒点がありました。
| ひろ | 2013/06/02 5:41 AM |
「ひろ」さんの質問に回答いたします。

「生まれつき・・・ほくろ」であれば、特に悪性を疑う必要は無いと思われますが、心配であれば皮膚科専門医の診察を受けるようにしてください。

このブログ上で診察をすることはできませんが、隆起したホクロ(色素性母斑)であれば、真皮内で母斑細胞が増殖しているものと想像されます。

以下のブログも参考にしてください。

「ホクロの形」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=371226
| 院長 | 2013/06/03 11:41 AM |
はじめまして。
私は高校2年の女です。
私には小さい頃からお腹に大きめの膨らんだほくろがあります。そのほくろの形や大きさは変わってません。でも最近になってほくろの色より薄い色のものがほくろ周りにできました。あとほくろがひび割れみたいになってます。色は白みがかった感じです。このほくろは悪性の可能性がありますか?あともし悪性だった場合はどういう治療になるんですか?
| 愛莉 | 2013/07/26 4:01 PM |
「愛莉」さんの質問に回答いたします。

ホクロの形は、そのホクロ(色素性母斑)を形成している母斑細胞が皮膚のどの深さで増殖しているかによって異なります。
例えば「膨らんだほくろ」であれば、ほくろを形成している細胞が皮膚の深いレベルで増殖していると考えられます。

皮膚癌に限ったことではありませんが、「小さい頃から」あるいは10歳代で癌(悪性腫瘍)の心配をすることは少ないと思います。

悪性腫瘍ということは、無秩序に増殖することを意味しますので、通常では想像できないような増殖・拡大をしている場合には、早期に適切な医療機関を受診する必要があります。
心配な症状であれば、皮膚科専門医などを受診するようにしてください。

なお、悪性腫瘍の場合、その腫瘍の種類や重症度によって治療方針が決定されると思います。
ですから、悪性腫瘍であると診断を確定した医師と治療の相談をしていくべきものだと思います。

以下のブログも参考にしてください。

「ホクロの形」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=371226
「良性腫瘍と悪性腫瘍」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=432600
| 院長 | 2013/07/31 12:56 PM |
初めまして。質問させて下さい。
左足のかかとに近い側面に直径2ミリのほくろがありメラノーマかもと心配です。
あと、気づいたのは15年も前ですが、大陰唇の外側と内側2箇所に同じようなほくろがあります。
陰部を皮膚科に見せるのははずかしいのですが、
陰部にできたほくろはメラノーマになるんですか?
| はる | 2013/07/31 6:31 PM |
「はる」さんの質問に回答いたします。

「直径2ミリのほくろ」ということは、比較的小さなホクロですね。
ブログ本文中にも記載した通り、足の裏にできたホクロに関しては、直径が7mm以上になるかどうかという点が、検査あるいは切除を考慮する目安と言われています。
1週間あるいは1ヵ月といった短期間で7mmを超えるようなことがあっては心配ですので、不安な症状であれば早めに皮膚科専門医などを受診するようにしてください。

いわゆるホクロ(色素性母斑)とは、皮膚の良性腫瘍(あるいは奇形の一種)であり、誰にでも生じているものです。

一般に、良性腫瘍が悪性腫瘍になることはありませんが、そもそも悪性腫瘍というのは、何も無かったと思われる部位に発生して、無秩序な増殖を繰り返すものです。
ですから、日々拡大を続けているような病変があれば、早めに医療機関を受診し、早期発見・早期治療が行えるように心がけてください。

以下のブログも参考にしてください。

「足の裏のホクロ」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=125435
「ダーモスコピー」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=307276
「良性腫瘍と悪性腫瘍」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=432600
| 院長 | 2013/08/05 10:59 AM |
はじめまして。

丁寧にお答えしてくださると聞きまして、質問させていただきます。

現在25歳の男ですが。人よりほくろが多く、メラノーマではないかと悩んでいます。全身に50〜60くらいあります。

最近ふと胸をみたところ、約2ミリくらいの黒いほくろみたいなものがあることに気づきました。胸自体には10個ちかくありますが。

iPhoneで撮影して拡大したところ、少し隆起があり、ボコボコっとした感じでした。半円じゃなく、二個の粒がくっついているかんじというか、粒を真ん中で分けた感じです。

そこで質問ですが、

良性の場合でも、いびつというか、円状には盛り上がらないようなほくろはあるのでしょうか。
ネットで調べると、要注意にしかならず、毎日不安で仕方が無いです。
もちろん、皮膚科を受診するつもりですが、知識として、要注意のABCDEにあてはまると、ほぼメラノーマなのでしょうか。

また、ほくろが多いことはよくないのでしょうか。最近になりメラノーマを気にするようになってから、毎日ほくろばかりみてしまいます。ずっと気にしていないといけないのでしょうか。

よろしくお願いします。
| k | 2013/08/05 5:15 PM |
「k」さんの質問に回答いたします。

「全身に50〜60くらい」とは随分と多発していますので、いわゆるホクロ(色素性母斑)ではない可能性が考えられます。

「少し隆起があり、ボコボコっとした感じ」という記載からは「脂漏性角化症」の可能性が考えられますが、まだ「25歳」という年齢を考慮すると、多発し過ぎているようにも感じられます。

ありふれた疾患ではありませんが、「基底細胞母斑症候群」という遺伝性疾患があります。
癌抑制遺伝子の変異によるもので、20歳代でも黒色斑や小結節が多発する可能性が考えられます。

皮膚癌に限らず、悪性腫瘍が複数(2ヵ所以上)同時に発生するというのは、非常に珍しいことです。
しかし、基底細胞母斑症候群のような病態であれば、基底細胞癌が多発する可能性も考えられます。

いずれにしても、このブログ上で診察を行うことはできませんので、心配な症状であれば、早めに皮膚科専門医などを受診するようにしてください。

以下のブログも参考にしてください。

「脂漏性角化症」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=209238
「基底細胞癌(基底細胞上皮腫)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=229383
| 院長 | 2013/08/06 12:32 PM |
お早い返信ありがとうございます。

伝わりにくい箇所があったかもしれませんが、ボコボコっとしているのが50〜60というわけではなく、茶色のシミや、黒い平らな丸型のもの含めて全身に50〜60くらいです。

それでも多いほうかと思いますが、やはりほくろが多いのはまずいのでしょうか。

首に6個ほど、胸にほくろが10個ほどありますが、ネットで調べても、どのくらいだとほくろとして多いのか、首や胸にほくろがそこまでできるかなどを記載している箇所が少ないため、質問させていただきました。

よろしくお願いします。
| k | 2013/08/06 1:46 PM |
再び「k」さんの質問に回答いたします。

ブログ本文中にも記載した通り、いわゆるホクロ(色素性母斑)というのは、誰にでもあるようなありふれた症状であり、皮膚の良性腫瘍あるいは奇形のようなものと考えて良いでしょう。
良性腫瘍であれば、一般には数が多くても特に問題ありません。

しかし、「ボコボコっとしている・・・茶色のシミや、黒い平らな丸型のもの含めて全身に50〜60くらい」という表現からは、「扁平母斑(点状集族性母斑)」や「カフェオレ斑」、「異形成母斑(異型母斑症候群)」「汎発性黒子症(LEOPARD症候群)」、「基底細胞母斑症候群」、「レーザー・トレラ徴候(脂漏性角化症の多発)」、「多発型の汗孔角化症」などが想像されます。

繰り返しになりますが、心配な症状であれば、早期に皮膚科専門医などを受診してください。

以下のブログも参考にしてください。

「扁平母斑」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=554917
「レーザー・トレラ徴候」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=856027
「汗孔角化症」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=268064
| 院長 | 2013/08/06 5:16 PM |
返信ありがとうございました。

コメントなどのルールがわからず、なんども質問しましたが、ルール違反ということであればご指摘ください。

でこぼことなっているホクロは2個です。どちらも鉛筆の裏より小さいですが、いつからあるかわかりません。

片方をみせに、皮膚科受診したところ、おそらくホクロだが、丸く無いので経過観察でいいとのことでした。


ほくろやしみができやすい体質みたいですので、これからは日焼け止め対策にも気をつけたほうがいいのかなと思いました。

| k | 2013/08/06 5:30 PM |
こんにちは。

生後2ヶ月の娘のあざのことで悩んでおります。
ご回答いただけるとうれしいです。

娘の足の裏に生まれつき大きさ縦3mm×横2mm程の茶色の平らなあざがあります。

産まれてから少しずつ濃くなってきているように思います。
(薄茶から茶色に。)

足裏は癌になりやすいとききます。
早いうちに治療したほうがいいでしょうか。
また悪性になるのを防ぐにはレーザー治療より、あざ自体をとってしまうほうがいいのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

| kumi | 2013/08/22 3:30 PM |
「kumi」さんの質問に回答いたします。

「茶色の平らなあざ」という記載からは、確かにホクロ(色素性母斑)である可能性が考えられます。

足の裏にホクロが生じるのは、特に珍しいことではありません。
加えて「生後2ヶ月」の小児であれば、皮膚癌を心配するような年齢ではありません。

しかし、足の裏に悪性黒色腫(メラノーマ)を生じる割合は、西洋人よりも日本人の方が高いと言われています。
ですから、直径が7mm以上になるホクロが足の裏に生じている場合は、検査あるいは切除を考慮するのが望ましいかも知れません。

近年では、ダーモスコープの普及により、外科的な切除を行わなくても診断が行いやすくなっています。
心配な病変であれば、早めに皮膚科専門医などの医療機関を受診するように心がけてください。

以下のブログも参考にしてください。

「足の裏のホクロ」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=125435
「ダーモスコピー」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=307276
| 院長 | 2013/08/23 10:35 AM |
早々のお返事ありがとうございました。

ブログもとても参考になりました。
コメントの質問や回答もとても参考になりました。
こんな丁寧に患者さんのお話を聞いてくださる先生が近くにいらっしゃる地域の方は幸せですね。

ありがとうございました。


 
| kumi | 2013/08/23 11:04 AM |
質問させてください。

足の指の裏に、一ミリ以下の黒点があり、皮膚科では、おそらくほくろといわれていました。

ところが、先日そのほくろが消えてしまいました。
ほくろは消えない記載してあったり、悪性のものはいったん消失することもありえるとのことで、不安になりました。

ほくろが消えるということは、注意が必要でしょうか。
| t | 2013/10/07 3:13 PM |
「t」さんの質問に回答いたします。

ホクロ(色素性母斑)は良性腫瘍ですが、自然に消失する可能性は低いと思われます。
「足の指の裏に、一ミリ以下の黒点」や「消えてしまいました」という記載からは、油性インクなどによる着色や「ブラックヒール」である可能性が高いと考えられます。

ダーモスコープを用いた診察を行えば、それらの鑑別ができると思われますので、気になる症状が残っている場合は、皮膚科専門医を受診するようにしてください。

以下のブログも参考にしてください。

「black heel(ブラックヒール)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=324752
「ダーモスコピー」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=307276
| 院長 | 2013/10/08 10:42 AM |
回答ありがとうございます。

実はこのほくろみたいなものが消えるまえに一度、皮膚科専門医にみてもらい、ほくろと言われていました。
小さすぎるので経過観察と言われていました。そこで、しばらく経過観察していたら、その黒点がなくなってしまいました。

ほくろは自然に消えることはないとのことですが、消えた場合メラノーマの可能性が高いのでしょうか。

足の指の裏であることや、消えてしまったことにものすごく不安を感じています。

よろしくお願いします。
| t | 2013/10/11 7:47 PM |
再び「t」さんの質問に回答いたします。

良性腫瘍であっても悪性腫瘍であっても、通常は自然に消失する可能性は極めて低いでしょう。
また、悪性腫瘍(癌あるいは肉腫)というのは、無秩序に増殖を続けて全身に拡大するのが問題な訳です。
ですから、病変が消失したということは、そもそも腫瘍が存在しなかった(外部からの着色や内出血など)可能性が高いと考えるのが自然だと思います。

詳しくは、実際の症状を診察し「おそらくほくろ」「小さすぎるので経過観察」と判断した皮膚科専門医から説明を受けるようにしてください。
| 院長 | 2013/10/15 11:56 AM |
わかりやすい説明ありがとうございます。なかなか時間をみつけることができないため、本当に助かります。

最後にもう一点伺わせてください。
私は全身にほくろのような黒い点が多数あります。すべてがほくろというわけではないと思いますが、以前皮膚科専門医からは、そういう体質だろうと言われています。

ほとんどは1〜2ミリ程度のものですが、目に入るため嫌でも気にしてしまい安心できません。

過度に心配しすぎなのでしょうか。
| t | 2013/10/16 8:40 AM |
もう一度だけ「t」さんの質問に回答いたします。

このブログ上で、実際の症状を診察することはできません。

心配な症状であるならば、以前診察を受けた皮膚科専門医から詳しい説明をうけるなど、早めに医療機関を受診するようにしてください。
| 院長 | 2013/10/18 9:30 AM |
長い文面で申し訳ありません。先日、以前から足の側面にあったほくろのような色の薄い色素沈着を組織検査をしました。2週間後、結果が出ました。NCN良性の色素細胞性腫瘍です。しかし報告書には、"病理組織像がクラーク型:Clark type(異形母斑)の色素細胞性母斑に類似する病変です。皮溝部の角層内に柱状のメラニン顆粒の沈着があるのもこの疾患で出現が予想される所見です。病変の大部分は腫瘍細胞が表皮下層に散在性に分布して増加している単純性黒子です。腫瘍はとりきれています"とあります。私は良性と言われても、今後、メラノーマに変化する可能性が残っているのではないかと、心配でノイローゼになりそうです。皮膚科の先生は心配いらないというばかりです。明日 病理診断した診断医の先生に伺おうかとも考えているのです。NCNがメラノーマになる可能性があるらしく、とても不安に思っています。心配性の私に先生から教えていただけませんか?


| k | 2013/10/20 6:02 PM |
「k」さんの質問に回答いたします。

心配していた病変に対して病理組織検査を行い、その結果「良性の色素細胞性腫瘍です」と診断され、加えて「腫瘍はとりきれています」と確認されており、診察を担当した皮膚科医から「心配いらない」と言われている状況について、診察をしていない私からコメントできることは何も無いと思われます。

一般に、癌(悪性腫瘍)というのは生まれつき発生しているとは考えにくく、胃癌でも肺癌でも、一見正常と思われていた部分に50年や60年という時間の経過とともに発生してくるものです。
ですから、心配な病変があれば生検などによる病理学的な検査を行い、癌病変の早期発見・早期治療が望ましい訳です。

今回は、心配な病変に対して病理学的な検査が行われ、良性である事および病変が全て取り切れている事が確認されています。
すでに心配すべき病変が無くなっている訳ですから、私には「心配でノイローゼになりそう」な理由が理解できません。
詳しくは、実際の症状を診察している担当医から説明を受けるようにしてください。
| 院長 | 2013/10/23 4:42 PM |
本日(2013年10月23日)にて、当ページ「色素性母斑(母斑細胞母斑)」のコメント受付を締め切らせていただきます。

5年余りにわたって多数のコメントをいただき、誠にありがとうございました。
| 院長 | 2013/10/23 4:44 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/809365
トラックバック