CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 抜糸の時期 | main | 抜糸後の注意点(テープ固定) >>
肥厚性瘢痕

肥厚性瘢痕(ひこうせい はんこん)」とは、真皮(皮膚の深い部分)に達する外傷手術後にみられる反応であり、正常な周囲の皮膚面よりも硬く盛り上がった瘢痕(傷あと)のことです。

瘢痕(傷あと)は、創傷治癒反応の結果として生じます。
この時、コラーゲン過剰に生成されてしまうと「肥厚性瘢痕」になってしまいます。

見た目は「ケロイド」と似ていて、やや赤く隆起していますが、周囲の正常な皮膚にまで拡大していくことはありません。
また、肥厚性瘢痕ケロイドのように難治性ではなく、テープ固定圧迫固定だけでも軽快することが多いです。

ステロイド剤塗り薬局所注射による治療を行う場合も比較的良く反応します。
しかし、瘢痕拘縮(引きつれ)がある場合には、形成外科などで手術を行う方が良いでしょう。

肥厚性瘢痕の予防として、手術直後から飲み薬(リザベン)の内服を開始することもあります。
| 肌のあれこれ | 12:41 | comments(15) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
こんにちは!
私は昨秋、腹部の手術をしたのですが 術痕がだんだん盛り上がってきています。かゆみもあり 痕が気になります。ステロイド系の塗り薬をもらっていますが 病院で局所注射をやってみては?ということになり お願いしています。
しかし痛みが強いと聞いて少しこわいのです。担当の先生のお話は、

麻酔を先に入れると薬剤が入りにくい
直接ステロイドのほうに麻酔を混ぜて打つ
しかし あまり痛みを緩和することができない
という話でした。

病院によっては 麻酔のテープを事前に貼ってから注射するところもあるようですが この麻酔テープ(ペンレステープ?)は痛みに有効なのでしょうか?
来週の終わりには 治療する予定です。
有効ならば ぜひ使ってほしいと伝えなければ・・・
先生のご経験 ご意見 お聞かせくだされば幸いです。
| hiro | 2010/10/09 2:51 PM |
「hiro」さんの質問に回答いたします。

ペンレスなど貼付タイプの麻酔薬というのは、透析や血漿交換を行う際、非常に太い針を血管内に1時間以上留置するような場合に使用されるものです。

採血や局所注射などの短時間の処置の場合、一般には麻酔薬を使用することは無いでしょう。
数秒間の処置のために1時間近くも麻酔が効くまでの時間を要するのは、あまり効率が良くありませんし、麻酔薬によるアレルギーやショックも心配しなければならなくなります。

ペンレスなどは麻酔薬ですから、もちろん使用すれば痛みを軽減することは可能だと思いますので、そのようなサービスを行っているかどうか、担当の医師とよく相談してみてください。
| 副院長 | 2010/10/18 12:41 PM |
先生、こんにちは。
私は21歳の中国人女性です。
日本は今地震や津波や原子力発電所の爆発で大変の状況が相次いでいるをわかっています。中国にいる私が何も出来なくて申し訳ないですが、神様に日本の復旧を祈ります。

なぜか分からないですけど、前胸に肥厚性瘢痕が発生してしまいました。
死ぬかと思い込んで困っています。
中国のサイトで検索したら、瘢痕って治らないもんだってみんな言っています。
手術しなくて治る方法ないのでしょうか。
中国の病院にいくのが怖いです。医者さんがあまり話し聞いてくれないし、相談もろくに乗ってくれないです。
悩んでいるところに日本語で検索したら、先生のブログに出会いました。先生とは一度も会ったこともないけど、なんとなく、優しいそうな先生ですねって思います。
先生、忙しいところ申し訳ないですが、助けてください。
よろしくお願いいたします。
| リンリン | 2011/03/16 7:51 PM |
「リンリン」さんの質問に回答いたします。

「肥厚性瘢痕」というのは、傷などが治ってくる過程で、コラーゲンなどが過剰に生産された結果として生じるものです。
つまり、肥厚性瘢痕を生じているということは、すでに傷などが治っているということであり、それ以上の治療は必要ありません。

予防や治療についてはブログ本文中に記載した通りですが、すでに生じてしまった肥厚性瘢痕については、美容面での治療が中心となります。
ですから、皮膚科よりも形成外科や美容外科などで相談された方が良いかもしれません。
| 院長 | 2011/03/22 9:57 AM |
こんにちは。
先生にお尋ねしたいことがあるのですが、2年ほど前に右手の親指の間接の皮膚のあたりを切る手術をしたのですが、肥厚性瘢痕が残ったままです。
動かすのに支障は無いですが、ペンを持つときにあたる部分なので非常に気になります。
年数が経過するにつれよくなるようですが、手のひらだと完治は難しいでしょうか?

手術医さんからはもう1度切り縫い直すことも進められたのですが、仕事の関係上なかなか休みが取れずそのままです。

ご多忙の所申し訳ありませんが、お時間ありましたら回答よろしくお願いします。
| 黒 | 2011/05/22 10:39 PM |
「黒」さんの質問に回答いたします。

このブログ上で診察をすることは不可能ので、診察をしていない私が「・・・完治は難しいでしょうか?」という質問に回答することはできません。

そもそも、肥厚性瘢痕というのは、傷としては治った状態です。
しかし、肥厚性瘢痕の状態によっては、機能面など日常生活に支障を来す場合もありますので、外科的な処置(手術)を行うこともあります。
詳しくは、専門である形成外科を受診し、詳しい説明を受けるようにしてください。
| 院長 | 2011/05/29 12:36 AM |
二年前に、左膝のすぐ横に(よく膝をついていたので出来たであろう)しこりがあり、レーザーで切除してもらいました。そして一週間?ぐらいで皮膚が盛り上がり、くぼみがなくなったのでそれからは特に気にすることなく生活していました。時々、触るとまたしこりが出来たなぁ、という感じでした。二年経ち、ネットで隆起性皮膚線維肉腫を知り、気になったので、二年前と同じ形成外科を受診し(先生は転勤で変わっていましたが)違うということがわかり安心しましたが、肥厚性瘢痕でしょうと言われました。先生に、再度切除可能か確認したところ、膝なので緊張がありレーザー、切除すればもっとひどくなる恐れがあると言われ、そのままのほうが良いといわれました。他の皮膚と色が違うので気にはなりますが、気にするのをやめました。自宅に帰ってから、一点だけ気になったことがあり、二年前に切除した際、ゲンタシン軟膏0.1をもらい三日ぐらい風呂上がりに塗っていたのですが、皮膚が盛り上がってきたので塗るのをやめました。瘢痕はコラーゲン異常が原因ですよね?ゲンタシンの効能は殺菌ですよね?ゲンタシンをもっと長い間塗っていたら瘢痕にはならなかったのでしょうか?私は緊張のために瘢痕になったと思います。当時の薬がほとんど残っていたので気になります。ちなみに化膿はしてなかったと思います。今更聞いてもしょうがないのですが、先生のご意見を聞かせてください。宜しくお願いいたします。長文失礼しました。
| 青木 | 2011/07/12 3:28 PM |
「青木」さんの質問に回答いたします。

当然のことながら、このブログ上で診察を行うことはできません。
レーザー治療後の経過についての質問であれば、その治療を行った医療機関で尋ねられた方が良いと思います。

一般に、外科的治療などにより真皮に及ぶ損傷があれば、必ず瘢痕を残して治癒するはずです。
| 院長 | 2011/07/19 10:13 AM |
こんにちわ、僕は顔に肥厚性瘢痕があり何度も病院にいているのですが全く治りません。最近はドレニゾンテープで膨らみを抑えていましたが病院の先生が「だいぶへこんできたのでもう使わなくてもいいですよ。」と言っていたのでいまわつかっていません。でも一番気にしている赤い部分が治りません。塗り薬もヒルロイドやキンダべートなど使いましたが全く治りません。どうしたら良くなるか教えてください。
また、トラニラストなど飲み薬わ有効でしょうか?
傷わ2年前にできたものです。いろいろ教えて頂けたら幸いです。お願いします。
| 増田 | 2011/08/08 6:08 PM |
「増田」さんの質問に回答いたします。

「肥厚性瘢痕」というのは、傷が治っていく過程で生じた反応です。
すでに2年が経過している瘢痕であれば、現在の赤みは炎症反応ではなく、ステロイド(ドレニゾン、キンダベートなど)を長期間使用したことによる毛細血管拡張であると想像されます。

このブログ上で診察をすることはできませんので、すでに医療機関を受診されているのであれば、実際の症状を診察している担当医から詳しい説明を受けられてはいかがでしょうか。

以下のブログも参考にしてください。

「ステロイド外用薬の作用・副作用(その3)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=987245
| 院長 | 2011/08/22 10:06 AM |
昨年の夏に、転んで鼻の下を怪我してしまいました。そしたら、その後、ミミズ腫れみたいになり、今もピンク色みたいになっています。
通常は、月日が経つと共に平らになり、目立たなくなるのでしょうか?
一般的にどれくらいの期間で盛り上がりは治るか教えて下さい。
| 寒天 | 2012/05/19 10:42 AM |
「寒天」さんの質問に回答いたします。

外傷後の傷痕が、2ヵ月以上経っても「ミミズ腫れ・・・今もピンク色みたいになって」という状態であれば、肥厚性瘢痕として残っていると思われます。

1〜2年くらいの期間で徐々に平坦化する可能性も考えられますが、すでに十分な月日が経過していますので、形成外科(美容外科)あるいは皮膚科にて治療の相談をされてはいかがでしょうか。
| 院長 | 2012/05/23 11:06 AM |
ご回答ありがとうございました。
怪我してから、すぐに外科に行ってみたのですが、傷口が深いので、ミミズ腫れみたいになり、1年くらいで目立たなくと言われました。
ただ、えぐれてなくて、スパッと切れてるから、肥厚性瘢痕になっても、目立たなくなるとも言われました。
| 寒天 | 2012/05/24 6:08 PM |
肥厚性瘢痕が左肩にあります。
脱毛受けることは無理でしょうか。またエステの脱毛の危険性などありますか?
半分まだ残っている状態です。
真性ケロイドではないとの事でした。
| あやめ | 2015/07/19 10:21 PM |
「あやめ」さんの質問に回答いたします。

当院では、脱毛の処置を行っておりません。
実際に脱毛の処置を行っている医療機関で、脱毛の処置を受けられるかどうか判断をしてもらうようにお願いいたします。

また、当院はエステではありません。
エステでの脱毛における危険性については、そのエステで十分な説明を受けるようにしてください。

なお、このブログ上で診察を行うことはできません。
皮膚科的な診察を希望される場合は、過去に実際の症状を診察し、真性ケロイドではなく肥厚性瘢痕であると診断した医療機関で相談されるのが最も望ましいと考えます。
| 院長 | 2015/07/21 7:07 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/782384
トラックバック