CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 口腔アレルギー症候群(OAS) | main | 肥厚性瘢痕 >>
抜糸の時期


切り傷切創)などを縫合した場合、いずれ糸を抜かなければなりません。

では、いつ頃に抜糸を行うのが良いのでしょうか?

一般的には、約1週間で抜糸をするのが適当であると考えられています。
しかし、傷口の状態大きさ部位によって抜糸の時期を変える必要があります。

例えば、血行が良い顔面の場合は5〜6日くらいで抜糸を行いますし、眼瞼のように皮膚が薄い部位では更に早く抜糸を行うことがあります。
一方、のように皮膚が厚い部位では、2週間くらいしてから抜糸を行います。

抜糸の時期が早すぎると傷口が開いてしまいますし、逆に抜糸の時期が遅すぎると糸の跡が残ってしまいます。
ですから、適切な抜糸の時期を担当医と相談するようにしましょう。

上の写真は、当クリニックの診察ベッドとリラックマです。
(撮影:住吉孝二)
| 院長ブログ | 11:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/771466
トラックバック