CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< August 2014 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 局面状類乾癬 | main | 光老化 >>
汗疱(異汗性湿疹)

季節の変わり目や夏の暑い時期になると、手の指足の裏1mmくらい小さな水ぶくれ小水疱)を生じることがあります。

これは「汗疱(かんぽう)」あるいは「異汗性湿疹(いかんせいしっしん)」と呼ばれる症状ですが、最近では「手湿疹の一種であると考えられるようになってきました。

多くの場合、1〜2mmくらいの透明な小水疱手指の側面に生じます。
症状が悪化すると、手の平足の裏にも赤みを伴った大きめの水疱を生じるようになります。

汗疱異汗性湿疹)は発汗量の多い人に生じやすいのですが、アトピー性皮膚炎の人にもよく見られる症状です。
歯科金属などの金属アレルギーが原因となっていることもあると考えられています。

赤みや痒みが無いような軽症の場合には、尿素軟膏などをハンドクリームとして使用する程度で症状は治まります。
湿疹となって痒みを伴う場合には、ステロイドの塗り薬を使用します。

汗疱異汗性湿疹)は、掌蹠膿疱症足白癬(水虫)などと症状が似ていることもありますので、症状が軽快しない場合には皮膚科専門医を受診するようにしましょう。
| 肌のあれこれ | 19:05 | comments(8) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
すごくためになりました。
また おじゃまします。
| かれん | 2008/10/21 12:14 PM |
異汗性湿疹に苦しんでいます。ステロイド軟膏のように一時的な治癒ではなく、原因を特定して完治させたいのですが、不可能でしょうか。
| まめぞう | 2009/12/02 2:49 PM |
「まめぞう」さんの質問に回答いたします。

どんな疾患でも同じだと思いますが、症状を悪化させている原因が見つかれば、それを排除することで症状を改善させることができるはずです。
それが不可能であれば、少しでも症状を和らげる治療薬を使用するべきでしょう。

あなたにとって、異汗性湿疹の症状を悪化させている原因は何なのでしょうか?

多汗が原因であれば、汗をかき過ぎないように工夫するべきでしょう。
金属アレルギーが原因であれば、その金属との接触を避けるべきでしょう。
原因の特定が困難である場合、あるいは原因を排除することが困難である場合には、症状に応じた治療をするのが望ましいのではないでしょうか。
| 副院長 | 2009/12/04 10:57 PM |
いつも楽しみにしています。元気をありがとう!
| 異汗性湿疹 | 2010/05/27 1:39 PM |
金属アレルギー、掌蹠膿胞症と診断され数年経過、完治するはずもなく一生付き合うべく覚悟してます。

金銀パラジウムの反応あり、歯科で金属を除去しセラミックに変えて数年経ちますが一向に良くならず、痛痒さがあります。

症状は良かったり悪かったりで年中、綿の手袋にゴム手で家事をしてますが、それがストレスでもあります。

今日、皮膚科にて塗り薬アンテベート、かゆみ止め飲み薬頂いて来ました。
| さんし | 2011/09/05 12:57 PM |
「さんし」さんのコメントに回答いたします。

掌蹠膿胞症では、症状が治まるまで何年もかかる場合があります。
効果のある治療がみつかり、早く症状が軽快すると良いですね。

以下のブログも参考にしてください。

「手指や足裏にできる水疱」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1197143
「掌蹠膿疱症」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=159947
| 院長 | 2011/09/13 10:19 AM |
はじめまして。ご相談がありコメントさせて頂きました。

通っている皮膚科にて2年前に「異汗性湿疹(指)」「脂漏性皮膚炎(頭)」と診断を受け、指にはアンテベート軟膏を塗っています。しかし、指の一部のみ改善されない症状があります。

<症状>
[昭衞指の爪周辺及び、中指との股の部分に多数の水疱と痒み
⇔昭衞指の爪先側の爪と皮膚の接地部分に激しい痒み。また、皮が剥けては新しい皮が出来て、また剥けての繰り返し。


<経過>
,亡悗靴董▲▲鵐謄戞璽箸煤擇澆収まり、水疱も徐々に消えていく(症状が出るたびにアンテベートを使用)

△亡悗靴董▲▲鵐謄戞璽箸任矚擇澆収まらず、薬がしっかりと塗れていないのかと思い深爪にして塗っているものの改善されず、皮も剥ける。(症状が出るたびにアンテベートを使用するが、1か月程度は治まらない。)


<質問内容>
△両評に関してですが、これも本当に異汗性湿疹なのでしょうか?
(担当医からは洗剤が原因だと思うから、ゴム手袋を使用するように言われ、使用しています。が、先日1日だけ使用していない日がありました。当日は特に症状が悪化することはありませんでした。)


アンテベートは強い薬だと聞いています。痒みが治まったら使用をやめるように言われており、,両評が治まっても、△両評の為使用しています。大抵効き目を感じることが出来ないまま10日間位使用していますが、10日目を境に使用を止めてしまっていました。1か月位すると皮が剥けなくなります。薬の使用法等も含め医師に相談してから止めた方が良かったのでしょうか?
| あいこ | 2012/08/01 4:35 PM |
「あいこ」さんの質問に回答いたします。

「異汗性湿疹」は、毛穴が無く、汗の腺ばかりがある手足に生じます。
手であれば、特徴的な指の側面から手掌全体、爪の周囲までみられる可能性があります。

このブログ上で診察をすることはできませんので、「・・・本当に異汗性湿疹なのでしょうか?」という質問に回答することはできません。
実際の症状を診察している担当医から説明を受けるようにしてください。

また、ステロイド外用薬が強いかどうかは、使用している部位や湿疹の重症度によって判断されるべきものです。
一般に、手足の湿疹に使用する場合、アンテベートは決して強過ぎる薬剤ではありません。
効果が不十分なのであれば、早期にアンテベートよりも強いステロイド外用薬に変更したり、外用回数を増やしたり、密封療法を行うなどの対処が必要になると思います。

詳しくは、実際の症状を診察している担当医とよく相談してみてください。

以下のブログも参考にしてください。

「ステロイド外用薬の分類(ランク)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1139944
「密封療法(ODT療法)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=211165
| 院長 | 2012/08/07 7:12 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/752753
トラックバック