CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< こども未来7月号【チャドクガのかぶれには まずテープで“毛抜き”】 | main | サンタン(遅発性黒化) >>
多発性陰嚢粉瘤症

多発性陰嚢粉瘤症(たはつせい いんのう ふんりゅうしょう)」とは、男性の陰嚢に数mmくらいの白いボコボコした塊多発する皮膚疾患です。

多発する結節の正体は、粉瘤類上皮嚢腫)であるため、良性腫瘍が多発しているということになります。
特に希望が無ければ、治療(手術)を行う必要はありません。

多発性陰嚢粉瘤症には、石灰化を伴う粉瘤も認められるため「陰嚢石灰沈着症」と区別するのが難しい場合もあります。
そもそも、多発性陰嚢粉瘤症陰嚢石灰沈着症が異なる病態であるかどうかも意見が分かれるところです。
| 肌のあれこれ | 11:45 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
竹内と申します。この度貴院のブログを拝見させていただきました。
私は以前から多発性陰嚢粉瘤症で悩んでいて今後治療を考えております。
概算で費用はどのくらいかかるのでしょうか?
ご返事お待ちしております。
| 竹内 | 2010/08/30 11:25 AM |
「竹内」さんの質問に回答いたします。

ブログ本文中にも記載した通り、すでに「多発性陰嚢粉瘤症」という診断に至っているのであれば、特に治療の必要はありません。

普段の生活に支障が出る場合には、どのような処置を行うか相談していくことになると思います。
個々の粉瘤を取り除くような外科的処置を希望されるのであれば、入院治療(手術)が可能な皮膚科あるいは形成外科を受診して相談されるべきかと思います。
| 副院長 | 2010/08/31 6:20 PM |
性行為で相手にうつる事はあるんですか?
| こうすけ | 2013/01/24 3:37 PM |
「こうすけ」さんの質問に回答いたします。

「多発性陰嚢粉瘤症」とは、陰嚢に「粉瘤」と呼ばれる嚢腫(袋状の腫瘍)が多発した状態のことです。
感染症ではありませんので、接触などで他人にも生じるようになるということはありません。

以下のブログも参考にしてください。

「粉瘤(アテローマ)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=135526
「アテローマ【暮しと健康】掲載記事」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1197353
「皮膚石灰沈着症」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=269269
| 院長 | 2013/01/27 6:48 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/724131
トラックバック