CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< サンバーン(日光皮膚炎) | main | 多発性陰嚢粉瘤症 >>
こども未来7月号【チャドクガのかぶれには まずテープで“毛抜き”】

先日受けた取材の記事が、来週7月1日発行の「こども未来」に掲載されることになりましたので、その内容を紹介いたします。

<子ども・子育て・豆知識>
チャドクガのかぶれには まずテープで“毛抜き”】

 初夏からにかけて、外から帰った子どもに、突然、強いかゆみとともに皮膚に小さな発疹赤いポツポツ)がまとまって多発・・・・。このようなケースはチャドクガ毒針毛によるかぶれが疑われます。

 この応急処置として住吉医院皮膚科住吉孝二副院長は、「掻いてしまわずに、まずセロハンテープガムテープを患部に軽く押し当てて、刺さった毛をできるだけ抜くことが第一。その後、患部を水で洗い流し冷やしてください」とアドバイス。「掻いてしまうと毛が皮膚の内部に入り込み症状が長引き、毛が手に付いて患部が広がることもあります」とも注意を呼び掛けています。

 チャドクガは1年2回、初夏幼虫が発生するため、この時期に発症のピークがあります。幼虫毛虫)のほか、羽化した後の抜け殻なども毒針毛のもとになります。ツバキサザンカによく付いていることが知られていますが、ほかの樹木にも取り付いています。「夏場は、毛虫が取り付いている(いた)危険性が高い、虫食い葉っぱの樹木に近づかないことです」(住吉副院長)。

 毛虫に直接触れることがあれば、もちろん自覚できますが、「毛虫がいる樹木の近くを通った」「少し前に毛虫がいたところを触った」という程度でも、知らないうちに毒針毛が皮膚に刺さってしまうことがあります。ツバキなどは道路沿いにもよく植えてありますが、大人には腰の高さでも、小さな子どもにとっては毒針毛を頭から浴びる高さになるため、注意する必要があります。

 刺さった毛は皮膚の生まれ替わりのサイクルにしたがって、自然に体外に押し出されます。多くの場合、毛が刺さって数時間で発症しますが、1日程度たってから発症することもあり、通常、かゆみは2〜3週間続きます。

 夏場に、知らないうちにかぶれる皮膚炎として、もう一つ覚えておきたいのは、海水浴のときのプランクトン皮膚炎です。海から上がってそのままにしていると、海水中のプランクトン(微生物)によって、かゆみ発疹に見舞われます。これを防ぐには、海から上がったら、早めに真水で体をよく洗い流すことです。

 住吉副院長は「チャドクガの場合も、プランクトンの場合も、小さな子はかゆければつい掻いてしまいます。かゆみ発疹があったら、早めに皮膚科の医師に相談を」と話しています。
(こども未来7月号17ページより抜粋)
| 院長ブログ | 14:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/719127
トラックバック