CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< サンスクリーン剤(日焼け止め)の選び方 | main | 足底類上皮嚢腫(外傷性封入嚢腫) >>
脂漏性皮膚炎の治療

など皮脂の分泌が盛んな部位脂漏部位)に生じる皮膚炎のことを「脂漏性皮膚炎(しろうせい ひふえん)」といいます。
脂漏性皮膚炎の発症メカニズムには不明な点も多いのですが、様々な要因が影響していることが考えられています。

最も注目されている要因が癜風菌マラセチア)と呼ばれる真菌カビ)です。
癜風菌皮脂を栄養にしている真菌であるため、などの脂漏部位で繁殖します。
脂漏性皮膚炎の多くで、この癜風菌が異常に増殖しているのです。

脂漏性皮膚炎皮膚炎の一種ですから、かゆみ赤みなどの炎症が強い場合にはステロイドの塗り薬が最も有効であり、ステロイドの塗り薬のみで治ってしまう場合もあります。

ところが、炎症が治まった後も癜風菌の増殖などが原因となって、脂漏性皮膚炎再発を繰り返してしまうことが多いのです。
そのため、抗真菌剤の塗り薬を併用する治療法が一般的となっています。

かゆみ赤みが治まってからも抗真菌剤の塗り薬を継続したり、抗真菌剤配合のシャンプーを使用するなど、脂漏性皮膚炎再発を予防していくことも重要です。

その他にも、ストレス寝不足などで生活習慣が不規則になったり、食生活が乱れたりすると脂漏性皮膚炎の悪化につながります。
普段の生活を見直し、規則正しい生活バランスの良い食生活を心がけるようにしてください。
特にビタミンB群が不足すると皮膚症状が悪化しやすいため、当クリニックでもビタミン剤を処方する場合があります。

脂漏性皮膚炎は、様々な要因で症状が良くなったり悪くなったり繰り返しやすい疾患です。
ちょっとした症状の変化に一喜一憂せず、根気よく治療を続けるようにしましょう。
| 肌のあれこれ | 10:40 | comments(77) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
こんにちは、初めまして
いつも大変興味深く拝見しております

脂漏性皮膚炎と「ステロイド皮膚炎」についてお伺いしたく書き込ませていただきました

このような内容なので、ほんとうは医院に伺って診察でお訊きするべきかとは思ったのですが、
今現在病院を変更したばかりで色々と迷っているところで、
皮膚科の治療方針は先生によって見立ても方針もかなり幅が広いと聞いたこともあり、
こちらのブログは前から愛読しておりましたので、
何かしらコメントいただけましたら大変嬉しいなと思いました

長々と申し訳ございません、お手数をおかけ致しますが、
よろしくお願い申し上げます


-------------------------
*もともとは皮膚のトラブルは無く、居住する前受験で上京した際に初めて肌荒れを起こしました
その際は地元の医師によると水道水が原因ではないかとのことでした

【A皮膚科】
18歳〜現在34歳まで、
「脂漏性皮膚炎」と診断され出されたステロイドを継続使用してきました
・薬はサンホワイト(P-1)10gにアンテベートを1.5%混ぜたもの
・使用頻度は大体、2〜3か月で10gを使い切る程度

その時は症状が治まるけれど完治する気配が無いのにさすがに疑問を感じ相談したのですが、
【A皮膚科】ではもともと「ステロイドだが非常に弱くて副作用の心配はまずないから安心」
という趣旨で他に選択の余地がなかったので今年の1月に別の皮膚科に行きました


【B皮膚科】
2009年1月初旬〜
・もとは脂漏性皮膚炎だったのだろうが今はステロイド皮膚炎に移行しているのではないか、
との見立てで、痒みの懸念に対して「アレジオン錠20」(夜1回)を処方、外用薬は無し、
他にはワセリンなどでよく保湿をするよう指示がありました

・直後に劇的に皮膚の状態が良くなり、
時々ちくちく痒みの萌芽のような気配はあったものの僅かなもので、
徐々にアレジオンを飲まなくて気にならない程になり、
全体的な肌の状態ももとの健康な状態に近づいたようで感動しました
(ただこの間、胃腸の不調や頭痛などがありました)

・このよい皮膚の状態が1か月ほど続いてアレジオンと手持ちのサンホワイトが無くなったところで、
二度目の受診をし、先生もリバウンドもなく状態の良くなったのに驚かれていました
この際アレジオンとプロペトを処方されました(サンホワイトは扱われていませんでした)
この日、プロペトを使用したところ、翌日急に痒みとぽこぽこした隆起、赤みなどが現れました

そこで三度目に受診し、
プロペトが理由かもしれないがステロイドのリバウンドかもしれないと言われ、
日中も痒いというとアレグラ(朝夜)を処方されました
夜朝飲んで変化が無く、痒み赤み、隆起が酷いままなので、
その翌日に四度目の受診、今度はジルテック錠5を処方されました

*この痒み赤み、隆起、かさかさ感、はおなじみのもので、
【A皮膚科】ではこの症状に対して「脂漏性皮膚炎」としてステロイドを処方されていたので、
すっかりこれは「脂漏性皮膚炎」の症状なのだと思っていたのですが、
【B皮膚科】の先生によれば違うとのことでした

十数年ステロイドを使用してきているので一筋縄ではいかないかなとは思っていますが、
今現在発疹?が出ていて痒く赤く熱っぽい状態が続いているのですが、
おおもとの根本原因が解らないとはいえ発疹そのものは放置するのはベストの対応なのでしょうか?
いつ治るともしれない(この方法で治るとも限らない)状態で、目安にできる期限もないとなると、
素人の当人としては痒いし見た目は醜いし掻いてしまうし痕は残らないのかなど、
瑣末なことかもしれませんが毎日鬱々とした心持ちで出勤も億劫です

このような不安は概ね先生にお伝えしているのですが、
先生はステロイドを止めるのにはこういう大変さはつきもの、
つける薬は無いので抗ヒスタミン剤などで症状を軽減して耐えやすくするくらいで、
こういう具合で様子を見ていくしかない、
と仰るのですが、これが一般的な方法なのでしょうか
| ねも | 2009/02/05 3:15 PM |
「ねも」さんの質問に回答いたします。

まず初めに、私はこのブログ上で他の医療機関で行われている診察や治療を批評するつもりは全く無いことを明記しておきます。

ステロイド外用剤は、作用の強さにより5段階に分類されるのが一般的ですが、アンテベートは上から2番目の強さ(Very Strong)に分類されています。
例えば、顔に外用する場合には上から4番目の強さ(Mild)のステロイド外用剤までが一般的であり、それ以上強いステロイドを外用すると「酒さ様皮膚炎」や「口囲皮膚炎」などの副作用を起こしやすくなります。

ステロイド外用剤を不適切に使用したことが誘因となって悪化した皮膚症状の治療は、あくまでステロイド外用剤の中止が基本であることは言うまでもありません。
強力なステロイド外用剤の使用を突然中止すると、しばらくの期間は症状の悪化を招いてしまいますが、その後は症状に応じて「脂漏性皮膚炎」や「尋常性ざ瘡」に準じた治療を行うのが一般的でしょう。

以下のブログも参考にしてください。

酒さ様皮膚炎
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=590920

尋常性ざ瘡(ニキビ)治療ガイドライン
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=835420
| 副院長 | 2009/02/06 6:42 PM |
ご回答有難うございます
お答えいただいて勉強になり気持ちも落ち着いてきました
薬の使用法に疑問を持つような意識をもう少し早く喚起できていればと、
半ば惰性で長年病院任せにしていた自分の迂闊さを残念に思いますが、
今のところは以前より症状が悪化していないのは幸いなので、
通院先の先生にも率直に相談させていただきながら、
地道に気長に治していきたいと思っています
ご丁寧に本当にどうも有難うございました

今後もこちらのブログを読ませていただきます
| ねも | 2009/02/06 10:40 PM |
今20才で、13才ぐらいから髪が抜け初めて、現在治療中なのですが、大体個人差もあると思うのですが、どのくらいの期間で良くなるのですか?また抜けた髪は再び生えてくるのですか?
| 隊長 | 2009/03/14 11:29 PM |
「隊長」さんの質問に回答いたします。

治療効果や治療期間については、当然ながら症状によって異なると思いますのでコメントできません。
実際に診察を担当している皮膚科専門医に相談してみてください。

また、抜け毛の原因が皮膚炎(脂漏性皮膚炎)であれば、皮膚炎が治まれば抜け毛も治まると思います。
| 副院長 | 2009/03/16 12:26 PM |
自分も皆さんと同じように脂漏性皮膚炎で悩んでいます。今まで色んな皮膚科に行っていたのですが、中々良くなりません。一つ前に行っていた病院と現在行っている病院は同じ脂漏性皮膚炎って行っているのに、前の病院は、デルモベートスカルプを処方して貰っていて、現在はニゾラールローション、リンデロン−DPゾルを処方してもらっています。一体何でこんなに病院によってこんなに違うのですか?また、やはり髪が抜けてしまいます。発毛専門店等に行かないと髪は生えて来ないのですか?皮膚科で出して貰える発毛剤みたいな物はあるのですか?
| 隣の横綱 | 2009/03/16 5:35 PM |
「隣の横綱」さんの質問に回答いたします。

まず初めに、私はこのブログ上で「他の医療機関の批評を行うつもりは無い」ということを明記しておきます。

どんな治療薬であっても、同じ系統で類似した成分(類似した薬効)の薬というのは数多くあります。
当然のことですが、異なる成分の薬であれば、薬剤名(商品名)は異なります。
また、製造・販売メーカーが異なれば、同一成分であっても薬剤名は異なります。

コメントから察するに「今まで色んな皮膚科に行って・・・」という行動にも問題があるのかも知れません。
きちんと、前医の指示(紹介)で次の医療機関を受診しているのでしょうか?

自己判断のもとに「今まで○○という薬を処方されましたが良くなりません」という訴えで新たな医療機関を受診すれば、当然ながら今までとは異なる薬を処方されるでしょう。
少なくとも、私ならそうします。

脱毛の原因が「脂漏性皮膚炎」なのであれば、脂漏性皮膚炎の治療をするべきだと思います。

以下のブログも参考にしてみてください。

「ドクターショッピング」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=523899
| 副院長 | 2009/03/19 9:13 PM |
コメントありがとうございました。確かにそうですよね、今まで治らないのは、自分の症状にあった薬を出してくれていないのだろうとばかり思っていました。でも分かってないのは私の方でした。これからはこの病気と前向きに戦う気が湧いてきました。またこちらのサイトを参考にさせていただきます。ありがとうございました。
| 隣の横綱 | 2009/03/20 1:15 AM |
はじめまして。
「もしかしたら自分の症状は脂漏性皮膚炎かも?」と初めて思い、情報を調べていたところ、初めて本サイトを拝見し、メールをさせていただきました。

実は、15年以上も前から、陰部(下の毛のところ)の猛烈な痒みに悩まされてきました。全般的にそこの皮膚は白いカビが生えたようになっており、掻くとフケのようにボロボロとむけます。(魚のうろこのように大きなかたまりでボロッとむけるようなものもあります。)日常生活においても、日昼夜問わず、痒みが耐えられず、寝ている間もしばしばかきむしってしまっており、結果、悪化させている気がします。

以前、婦人科の病気を疑い、婦人科で受診したところ、原因はわからず(婦人科系の病気では無さそうとの診断)その後、皮膚科受診をしましたが、「なるべく掻かないで通気性を良くするように」とアドバイスをされたものの、特に「脂漏性湿疹」という名前は出てきませんでした。皮膚片の顕微鏡検査もしましたが「特に問題なし」とのことでした。

情報を調べていると、なかなか陰部の症状に情報が無いので、アドバイスをいただきたくメールをさせていただきました。
(ちなみに、母は頭部と耳の脂漏性湿疹にかかっています。)

日常生活において気をつけるべきこと等、ご助言をいただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。
| ラッキーストライク | 2009/08/30 4:34 PM |
「ラッキーストライク」さんの質問に回答いたします。

当然のことですが、診察をせずに診断を行うことも、診察をせずに治療方針を決めることもできません。

「脂漏性皮膚炎」とは、顔面や頭皮などの脂漏部位に生じる皮膚炎のことです。
外陰部は、どちらかというと加齢に伴う外陰部皮膚そう痒症や皮脂欠乏性の皮膚炎を生じることの方が多いように思います。

皮膚科医の診察を受け、検査も行い「問題なし」と言われ、アドバイスを受けたのであれば、診察をしていない私がコメントできる立場ではありません。

以下のブログも参考にしてください。

「皮膚そう痒症」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=227750
「皮脂欠乏性皮膚炎」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=139487
| 副院長 | 2009/09/02 9:39 AM |
ご回答ありがとうございました。
なるほど、そうなのですね。参考にさせていただきます。
| ラッキーストライク | 2009/09/06 3:23 PM |
ブログ見せて頂きました!去年から自分も脂漏性皮膚炎になり毎日頭と顔の痒みに悩まされています。
質問させていただきたいのですが2年前から顔の脱毛してるんですけど…脂漏性皮膚炎の痒みなどにレーザーは影響するでしょうか?後髪の事なんですけど何かのサイトで長髪より短髪の方が痒みがましになると書いていたのですが…
本当ですか?
| 雨 | 2010/06/15 12:46 PM |
「雨」さんの質問に回答いたします。

脱毛のためのレーザーということであれば、黒い色に吸収される波長のレーザーを使用していると思われます。
つまり、色(吸収される波長)に対して反応する訳ですから、痒みには影響しないのではないでしょうか。

詳しくは、レーザー治療を行っている医療機関で説明を受けるようにしてください。

また、痒みと短髪・長髪は直接関係ないと思いますが、長髪の毛先が刺激となって痒みを生じているのであれば、短髪にした方が痒みは和らぐと思います。
| 副院長 | 2010/06/18 11:48 AM |
適切な回答どうもありがとうございます。
毛が無くなれば真菌が侵入しやすい環境になると思いました!
追加ですみませんが自分の場合ニゾなどプロペトなどを使用するとかえって赤みやニキビができビオチンとアレグラだけを服用したらおさまります…ただビオチンなどを飲まなくなるとまた再発します…ビオチンなどはずっと飲み続けても副作用はないでしょうか?
あとスキンケアだけで治る事はありますか?
また頭髪を染めたりパーマをかけたりするのは痒みや炎症を悪化させる原因になるのでしょうか?
質問の仕方が悪くてすみません…
| 雨 | 2010/06/18 9:19 PM |
再び「雨」さんの質問に回答いたします。

ビオチンは水溶性のビタミンですから、摂取を続けても絶えず体から排出されているはずです。
私は脂漏性皮膚炎の治療にビオチンを処方したことがありませんが、あまり副作用の話を聞いたことがありません。

脂漏性皮膚炎が悪化する要因には、生活習慣や食生活が影響することも多いと考えられています。
「スキンケア」というのが具体的にどのような意味であるか分かりませんが、皮膚を刺激して皮膚炎を悪化させる可能性があるような行為は、控えるのが望ましいと思われます。

詳しくは、実際の症状を診察し治療を行っている担当医から説明を受けるようにしてください。
| 副院長 | 2010/06/25 5:20 PM |
脂漏性皮膚炎とニキビの違いは何でしょうか?
診察されればすぐに分かるのでしょうか?
また、脂漏性皮膚炎の定義とは何でしょう?
| あかね | 2010/07/15 6:53 PM |
「あかね」さんの質問に回答いたします。

「脂漏性皮膚炎」とは、顔や頭など皮脂の分泌が盛んな部位(いわゆる脂漏部位)に生じる皮膚炎のことです。
皮膚炎ですから、赤みや痒みを伴うことが多く、落屑(皮剥け)も多くなりがちです。

一方の「ニキビ(尋常性ざ瘡)」とは、毛穴の出口がつまって皮脂がたまったり、毛穴の内部で細菌(アクネ菌)が増殖して炎症を起こす状態のことです。
化膿した状態が悪化すれば、膿がたまったり痛みを伴うようになります。

それぞれ異なる症状ですから、通常は診察(視診)で区別できると思います。

以下のブログも参考にしてください。

「湿疹と皮膚炎は何が違うの?」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=816597
「湿疹って何ですか?」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=647953
「脂漏性皮膚炎」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=117348
「尋常性ざ瘡(ニキビ)治療ガイドライン」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=835420
| 副院長 | 2010/07/23 11:34 AM |
脂漏性皮膚炎は真菌が関与しているといわれているそうで、この真菌は誰にでもいるものだそうですが、脂漏性皮膚炎の場合、それが通常よりも多くなっているとかでしょうか?
皮膚科で検査などはされるのでしょうか?
| 雄二 | 2010/08/05 5:07 PM |
「雄二」さんの質問に回答いたします。

脂漏性皮膚炎の原因の1つと言われているマラセチア(癜風菌)は、脂漏部位を好んで繁殖する常在菌です。
ですから、脂漏性皮膚炎を生じるような部位では、他の部位よりもマラセチアが繁殖している可能性が高いと思われます。

マラセチアは真菌(カビ)の一種であるため、顕微鏡で確認することができます。
「脂漏性皮膚炎」というのは脂漏部位に繰り返し生じる皮膚炎のことですから、通常は常在菌であるマラセチアの確認までは行わないと思いますが、希望されれば検査することは可能です。

以下のブログも参考にしてください。

「顕微鏡検査って何が見えるの?」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=353771
| 副院長 | 2010/08/20 12:34 PM |
つまらない質問かもしれませんが、眉毛にフケ?のような白いものを発見しました。
鏡を近づけてよーく見ないと分からないレベルなのですが…
脂漏性皮膚炎のような病変があるわけではないのですが、初めて見た(気付いた?)
ので気になりました。誰でも眉毛にもフケは普通にあるものでしょうか?
| ゲジ眉 | 2010/08/20 5:38 PM |
こんにちは。
私も脂漏性皮膚炎と診断されたのですが、フケはなく少しの痒みと小さな湿疹が1〜2個できすぐ治るという症状です。
薬はデルモゾールGローションを処方されたまーにしか使っていません。
これもやはり脂漏性皮膚炎なのでしょうか?

あと毎日ではないのですが後頭部の一部がヒリヒリするような時があります。
これも脂漏性のせいなのでしょうか?

それと頭皮に違う皮膚病もあります。
ニキビのようなものにバイ菌が入ったらしく、そこが化膿しその部分だけ髪が抜けてしまいました。
抗生物質の薬を飲み一旦化膿部分の腫れはひきました。
しばらく様子を見ようということで薬を飲んでないのですがまた少し腫れてきました。
産毛は少し生えてきたのですがよくならないとまた抜けてしまうのでしょうか?
これは一体どんな病気なのでしょうか。

先生よろしくお願いします。
| まる | 2010/08/23 5:59 AM |
「ゲジ眉」さんの質問に回答いたします。

フケ(落屑)があるということは、皮膚が剥がれている訳ですから、その部位に皮膚炎(脂漏性皮膚炎など)があったということだと思います。
つまり、眉毛にフケがあるということは、軽微な脂漏性皮膚炎の症状の一つである可能性が考えられます。
| 副院長 | 2010/09/03 9:20 AM |
「まる」さんの質問に回答いたします。

残念ながら、このブログ上で診察を行うことはできません。
もちろん、診察をせずに診断を行うことも不可能ですから、実際の症状を診察している担当医から説明を受けるようにしてください。

「脂漏性皮膚炎」というのは、脂漏部位に繰り返し生じやすい皮膚炎のことです。
皮膚炎の状態によって、どのような治療を選択するかが変わってくると思います。
| 副院長 | 2010/09/03 12:00 PM |
こんにちは。
 以前に皮膚科で脂漏性皮膚炎と診断され現在もリンデロンとニゾラールを処方しています。以前に比べて痒みは少しは良くなったのですが抜け毛がひどく頭皮が炎症をおこしている状態が続いています。
 
 まだ、20歳なので抜け毛が治まり、また髪の毛が生えてくるのかとても不安です。先にコメントされた方々には炎症が治まれば抜け毛も治まだろうということですが、残った髪の毛はまた伸びてくると思いますが抜けたところから新しく髪の毛は生えてくるでしょうか。

 また、炎症が出て抜け毛がはじまる以前の状態まで回復するものなのでしょうか。

先生よろしくお願いします。
| キリン | 2010/10/20 5:16 AM |
「キリン」さんの質問に回答いたします。

慢性的な皮膚炎を起こしていると、重症であった部位に脱毛を生じる可能性があります。
通常は、皮膚炎が治まれば脱毛症状が改善してくると思います。

局所的な脱毛症状が残る場合は、円形脱毛症や瘢痕性脱毛症、限局性強皮症、頭部白癬などの可能性があるでしょう。
びまん性の脱毛症状がみられる場合は、男性型脱毛症や女性型脱毛症、汎発型脱毛症、休止期脱毛症、甲状腺機能障害、全身性エリテマトーデスなどが考えられると思います。

以下のブログも参考にしてください。

「円形脱毛症」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=254312
「斑状強皮症」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=467318
「男性型脱毛症」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=485412
「女性型脱毛症」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=568786
「汎発型脱毛症」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=260904
「休止期脱毛症」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1197204
「甲状腺機能低下症に伴う脱毛症」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=577184
| 副院長 | 2010/10/29 4:24 PM |
こんにちは。
20歳男です。皮膚科で脂漏皮膚科と診断されました。つむじだけが部分的に赤く、汗のかきはじめにチクチクとしたかゆみが頭皮全体にあります。あと、つむじ周辺のみ毛が明らかに薄くなっているのですが、そんなことないと言われ、また症状もなかなか治らずもどかしく思っています。
薬は主にフルメタローションのみで痒みがひどいと伝えると、アレグラ錠も処方されます。
7月頃からフルメタローションは塗っているのですが、よくなったりよくならなかったりの繰り返しです。
つむじの毛も本当に戻ってくるのかも心配です。またこの治療を続けてよいのでしょうか。
御意見お待ちしております。
| かさぶらんか | 2010/11/18 9:01 PM |
「かさぶらんか」さんの質問に回答いたします。

まず、このブログ上で診察をすることはできません。
ですから、現在の症状や治療経過については、実際の症状を診察している担当医に相談するようにしてください。
当然のことですが、診察をしていない私には「・・・この治療を続けてよいのでしょうか」という質問に回答することも不可能です。

一般に、脂漏性皮膚炎の悪化要因には、ストレスや食生活の乱れなど様々なものが挙げられています。
そのため、治療が長引いたり、同じような症状を繰り返したりする場合が多いと考えられています。
| 副院長 | 2010/11/22 10:45 AM |
こんにちわ。
病院で脂漏性皮膚炎と診断され治療しているところなんですが、入浴洗髪して半日たつと顔や頭皮が脂漏性となります。高校まではスポーツもバスケをして汗をたくさんかいてもさらさらな汗だったのですが、スポーツを全くしなくなって4年の今はべたつく感覚があります。スポーツをして新陳代謝をよくすればこの脂漏性も改善するのでしょうか。
| スポーツマン | 2011/01/10 2:37 AM |
「スポーツマン」さんの質問に回答いたします。

肌質の問題もあると思いますが、加齢によっても皮脂の分泌が多くなることがあります。
また、精神的なストレスや寝不足などの生活習慣の乱れや、食生活の乱れなどが皮脂の分泌に悪影響を及ぼす可能性も考えられます。

脂性肌だけであれば、特に病的なものではないと思いますので、日常生活を見直し、規則正しい生活やバランスの良い食生活を心がけるようにしてはいかがでしょうか。

もちろん、病的な症状であれば、トレチノイン軟膏などによる治療を試みるのも選択肢の1つになります。

以下のブログも参考にしてください。

「トレチノイン療法」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=361906
| 院長 | 2011/01/15 5:57 PM |
初めまして。
ここ、三年、脂漏性皮膚炎です。
ひどいのは、耳の中、軽いのは鼻の周り、顔です。
リンデロンとニゾラールを処方していただいたのですが、ニゾラールが合わない様で、赤くなり、腫れて使うことができませでした。
使わない方法(リンデロンのみ)とリンデロンに混ぜるとききましたが、他には治療法はないのでしょうか?
ニゾラールが合わない患者は、そんなにいますか?
ニゾラール以外の抗菌薬なら使えるのでしょうか?
脂漏性皮膚炎は治療法がないので、通わなくて良いと言われたのですが、そちらの病院では治療が法があるのでしょうか?
よろしくお願いします。

| はな | 2011/01/15 8:53 PM |
初めまして。
脂漏性皮膚炎についてお聞きしたくコメントしました。

自分は今25才なんですが髪の毛がだいぶ薄くなってしまいました。全体的に薄く、頭頂部が一番薄くなっています。これだと男性型脱毛症だと思うんですが、
頭頂部のつむじの逆側にピンポイントで痛みがあり、その部分と周辺も薄くなっています。

この痛みはもう3〜4年続いていて、さらにここ1年は痛みがひどく、触ってもいないのにずきずき痛みだし数秒後に痛みが治まったりします。

通常は触らないと痛くありません。
脂漏性皮膚炎で出る痛みはこの様なものなんでしょうか?

今現在の頭皮は脂は多くなく、少ない?と思うくらいなんですが、4〜6年前は脂がギトギトでひどかった時期があったのと、1ヶ月前からコラージュフルフルシャンプーを使い始めたら、さっき言ったピンポイントで痛む部分の痛みがかなり和らいで、
1日のうちでずきずき痛む時間がほとんどなくなりました。ただ触るとまだ痛いです。

この様な事で脂漏性皮膚炎を疑っているんですが、どうでしょうか?
先生のご意見をお伺いしたいです。
よろしくお願いします。
| とむ | 2011/01/17 7:54 PM |
「はな」さんの質問に回答いたします。

「ニゾラール」は抗真菌薬であるため、ステロイドなどと比べて接触皮膚炎を生じる可能性が高いと思われます。
抗真菌薬には多数の種類がありますので、他の薬剤に変更するという選択肢はあると思います。

リンデロンには複数の種類の外用薬がありますが、リンデロンDPやリンデロンV(リンデロンVG)などは、やや強いステロイド外用薬ですから、顔に使用するのは控えた方が良いでしょう。

脂漏性皮膚炎の治療についてはブログ本文中に記載した通りです。
当クリニックは個人の診療所であり、一般的な治療以外の特殊な治療などは行っておりません。

以下のブログも参考にしてください。

「ステロイド外用薬の分類(ランク)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1139944
| 院長 | 2011/01/21 12:01 PM |
「とむ」さんの質問に回答いたします。

20歳を過ぎてから、頭頂部を中心に薄毛の症状が進行しているのであれば、男性型脱毛症と思われます。

このブログ上で診察をすることはできませんので、痛みの原因は分かりませんが、一般には脂漏性皮膚炎のような皮膚炎で痛みを伴うような症状というのは、あまり聞いたことがありません。

特定の部位のみの痛みであれば、局所的な原因があるのではないかと考えられます。
例えば、細菌感染などの二次感染による痛みを生じているのであれば、抗生剤による治療が必要なのかも知れません。

以下のブログも参考にしてください。

「男性型脱毛症(AGA)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=485412
| 院長 | 2011/01/24 10:02 AM |
初めまして。

私ゎ3週間前に脂漏性皮膚炎と診断されました。


油分の多い化粧品をたっぷりと付け肌がゴワゴワしてきても気のせいだと思ってたら、急に真っ赤にただれてしまいました。


急いで病院に行ってアルメタのステロイドを―鬼屬弔韻椴匹なってきてきたのでプロペトのみで様子をみましょうと言われました。

ところが3日も断たないうちに元に戻ってきてしまい、ニゾラールを出していただいたんですけど赤い斑点がでてしまい合いませんでした。

今ゎプロペトだけで様子をみているんですが、顔全体が油の黄色っぽいかさぶたでおおわれていて、赤黒くてキメも無くホント肌が汚くて泣きそうです。


痒かったり痛かったりします。

脂漏性皮膚炎で痛いのゎ変ですか?

またステロイドとニゾラール以外にも治す方法ゎありませんか?


ホントに治したいので先生の診察を受けてみたいと思ってます。
| ゆな | 2011/03/09 7:13 PM |
「ゆな」さんの質問に回答いたします。

脂漏性皮膚炎というのは、皮脂の分泌が盛んな部位に生じる皮膚炎のことであり、その症状には人によって個人差があると思います。
そもそも、湿疹(皮膚炎)というのは様々な病態が混在して生じるものですから、悪化が続けば膿痂疹のような状態になる可能性もあるかと思われます。

ステロイド外用薬と抗真菌外用薬は、スタンダードな治療として最も頻用されている薬剤です。

もちろん、このブログ上では診察をすることができませんので、治療方法については、実際の症状を診察している担当医とよく相談すべきものだと思います。
| 院長 | 2011/03/15 11:17 AM |
初めまして

 自分は今21歳なのですが、14歳の時くらいからフケがたまに気になることがあり、その時からすでに頭皮が赤かったです。でも、昔一回坊主にしたことがあってその時は頭皮の赤みが消えた感じでした。でも、髪を伸ばし始めてからはまた赤みやかゆみが戻ってしまいました。なので現在再び坊主にしているのですが、全く改善する気配はありません。坊主にしても特に意味はないのでしょうか?
 また、最近頭頂部が薄くなってきていて、男性型脱毛症のようなのですが、wikipediaの「脱毛の治療」の「食事と生活習慣」の項目で「慢性的な炎症が男性型脱毛症に関係している可能性がある」というような内容の事が書かれていたのですが脂漏性皮膚炎が男性型脱毛症を引き起こすというようなことはあり得るのでしょうか?もし、そうだとしたら脂漏性皮膚炎を治して男性型脱毛症が改善されることはあるのでしょうか?
 最後に、17歳頃からずっと同じ皮膚科に通っていて、薬はニトラゼンローション、ビタミンB2とB6の錠剤、途中からステロイドも処方してもらっているのですが、いっこうによくなりません。他の病院に行ってみた方がいいのでしょうか?
 長文失礼いたしました。回答よろしくお願いします。
| けん | 2011/04/14 11:56 AM |
「けん」さんの質問に回答いたします。

このブログ上で診察をすることはできません。
また、診察をしていない症状について、具体的なコメントすることは困難です。

一般に「脂漏性皮膚炎」とは、脂漏部位に繰り返し生じる皮膚炎のことであり、一方の「男性型脱毛症」とは、男性ホルモンの影響で生じる生理的な薄毛症状のことです。
ですから、全く異なる症状ということになりますが、思春期以降から中年にかけての男性によくみられる症状という点では共通している部分もあるかも知れません。
また、男性型脱毛症のメカニズムは解明されてきていますが、脂漏性皮膚炎については、未だに不明な点も多いと思われます。

ちなみに、脂漏性皮膚炎の治療に用いられることが多いケトコナゾール(ニゾラール)には、抗アンドロゲン作用があるため、男性型脱毛症の治療ガイドラインにも「十分な根拠は無いが使用を考慮しても良い」として挙げられています。

なお、どの医療機関を受診するかは個人の自由です。
しかし、長期間受診されていた医療機関があるのであれば、今後の治療について担当医とよく相談し、必要があれば紹介状を書いていただいてから他の医療機関を受診するのが望ましいと思われます。

以下のブログも参考にしてください。

「脂漏性皮膚炎」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=117348
「男性型脱毛症(AGA)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=485412
「男性型脱毛症(AGA)治療ガイドライン」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1197116
| 院長 | 2011/04/19 5:48 PM |
こんにちは。
鼻の周りの脂漏性皮膚炎でガリメサゾンクリームを処方されたのですが、一般的にどのくらい継続して使っても良いのでしょうか。
抗菌薬も処方されたのですが全く効き目がありませんでした。
抗菌薬が効かない脂漏性皮膚炎もあるのでしょうか?
| 主婦 | 2011/04/20 10:36 AM |
すみません。上に書いた主婦です。
ガリメサゾンではなくグリメサゾン軟膏でした。
2、3日塗ると少しよくなるのでやめてニゾラールにしたらまた症状が戻ってしまいます。
| 主婦 | 2011/04/21 8:33 AM |
「主婦」さんの質問に回答いたします。

このブログ上で診察をすることはできません。
ですから、治療薬の選択や治療方針については、実際の症状を診察している担当医とよく相談するようにしてください。

なお、グリメサゾン軟膏というのはステロイド外用薬です。
治療に必要であれば使い続けて良いと思いますが、副作用が目立つほど必要以上には使用を継続しない方が良いと思います。

以下のブログも参考にしてください。

「ステロイド外用薬の作用・副作用(その2)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=983770
「ステロイド外用薬の作用・副作用(その3)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=987245
| 院長 | 2011/04/26 12:27 AM |
初めまして。 少しアトピーもあり顔が脂っぽくて強い臭いがします。原因はわからないが、おそらく脂漏性皮膚炎ではないかと診断されました。頭やフケの症状はありません。


脂漏性皮膚炎の症状で、顔から強い臭いを発することはあるんでしょうか?

また脂漏性皮膚炎の改善策として、
サウナで汗をかくこと、一日に何回も洗顔すること、化粧水を使うこと、ビタミン剤を使うこと、 これらは有効でしょうか?

他によい改善策があれば教えてください。


洗顔料は皮膚科から進められたコラージュフルフルを使っています。



もしお時間に余裕がありましたら教えください。 宜しくお願いします。


| きゆ | 2011/05/21 2:12 PM |
「きゆ」さんの質問に回答いたします。

「脂漏性皮膚炎の症状で、顔から強い臭いを発する」という話は、聞いたことがありません。

また、脂漏性皮膚炎の治療については、このブログ本文中に記載したつもりです。
「サウナで汗をかくこと、一日に何回も洗顔すること、化粧水を使うこと」という話は、特に聞いたことがありません。

なお、治療方針などについては、実際の症状を診察している担当医とよく相談するようにしてください。
| 院長 | 2011/05/29 12:17 AM |
はじめまして。

昨年秋頃から、口と鼻の周りに湿疹ができ、自己判断(良くないのは身をもって知りました)でリンデロンVGを塗って、良くなってはまたでき、を繰り返していました。
先月、また症状が酷くなってインターネットで調べたところ、リンデロンは強いので顔に塗らない方が良いと知り、使用を止めました。
しかし今度は湿疹がただれ、皮が剥けてカサカサするようになり、ようやく皮膚科を受診しました。

そこで脂漏性皮膚炎と診断され、ミノマイシンと、漢方薬の越婢加?湯を処方されました。
外用薬はありません。

脂漏性皮膚炎について調べて見ると、抗真菌剤とステロイドを処方されるのが一般的なようですが、今回のような処方でも治る可能性はあるのでしょうか?

因みにステロイドを使わないことには同意の上でして、外用薬の抗真菌剤が出されなかったことに不安を感じています。

あと、皮脂が過剰でなるとのことですが、皮が剥けてカサカサしている状態なので、保湿の乳液をつけることは問題ないのでしょうか?

ご意見よろしくお願い致します。
| みなぞう | 2011/05/29 12:45 AM |
「みなぞう」さんの質問に回答いたします。

このブログ上で診察をすることはできませんが、過剰なステロイド外用薬の使用に伴う顔の症状であれば、酒さ様皮膚炎(ステロイド酒さ)であると思われます。
詳しい説明については、実際の症状を診察している担当医から受けるようにしてください。

以下のブログも参考にしてください。

「酒さ様皮膚炎」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=590920
| 院長 | 2011/06/03 10:59 AM |
はじめまして。
29歳、現在妊娠6ヵ月の主婦です。
小さい頃からアトピー性皮膚炎があります。
結婚を機に新しい皮膚科に通うようになりました。

昨年の8月に、顔は脂漏性皮膚炎と診断されました。
症状は額、口まわり、顎の赤みと皮剥けです。

ひどい時はロコイド軟膏、それ以外はニゾラールクリームという処方で、保湿剤としてヒルドイドソフトを頂きました。
どれを塗ってもスカッと治ることはなく、最近はニゾラールクリームを使うと赤み、痒みがひどくなるようになりました。
昨日、その症状を皮膚科にて相談したら「脂漏性皮膚炎とアトピー性皮膚炎が混在している。」と診断されました。
ニゾラールクリームを中止し、代わりにプロトピック(小児用)を頂きました。
妊娠も安定期なので使用してもいいだろうと…。
就寝前に塗ったところ、今朝は乾燥がひどかったですが、赤みと痒みが少し減っていました。

質問なのですが、
脂漏性皮膚炎とアトピー性皮膚炎が混在するということはあるのでしょうか?
ちなみに乾燥肌で、脂とは無縁な肌です。

あと、汗をかくと痒みが強くなるのは、症状の1つですか?
妊娠中なので、色々複雑な症状が起きるのかなぁと、なかなか元に戻らない顔を見ては気分が落ち込んでいます。
| チャイム | 2011/06/08 7:38 PM |
「チャイム」さんの質問に回答いたします。

「脂漏性皮膚炎」というのは、脂漏部位(皮脂の分泌が多い部位)に繰り返しやすい皮膚炎という意味の病名です。
一方の「アトピー性皮膚炎」というのは、アトピー素因(アレルギーを生じやすい体質)を持っている人、あるいは乾燥肌などの肌荒れを生じやすい肌質の人で、左右同じような特徴的な部位に繰り返し6ヵ月以上皮膚炎が続いた場合に、その皮膚炎に対して体質(肌質)を含めて付けられる病名です。
ですから、そもそも病名の付け方(考え方)が異なります。

ちなみに、プロトピック軟膏は「妊娠または妊娠の可能性がある場合には使用禁忌」とされています。

以下のブログも参考にしてください。

「脂漏性皮膚炎」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=117348
「アトピー性皮膚炎」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=441189
「この湿疹はアトピー?」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=134454
| 院長 | 2011/06/14 10:44 AM |
15才男子です。
2年ほどまえに脂漏性湿疹と診断されました。
中学生になり忙しくなったので放置していました。
現在は湿疹、かゆみは少ないのですが全体的に
薄毛になってしましました。
先日皮膚科で二ゾラルを処方してもらいました。
先生はとりあえず薬を塗るしかないと言います。
脂漏性皮膚炎は治りにくいと聞きます。
また完治したとの話も聞きません。
薄毛は進行してしまうのでしょうか。
元の髪に戻れるのでしょうか。
髪の事しか考えられません。
心配で心配で胸が張り裂けそうです。
| rainbow | 2011/06/26 11:41 AM |
「rainbow」さんの質問に回答いたします。

「脂漏性皮膚炎」というのは、ブログ本文中にも記載した通り、ストレスや寝不足などで生活習慣が不規則になったり、食生活が乱れたりすると悪化や再発につながります。
ですから、普段の生活を見直し、規則正しい生活週間やバランスの良い食生活を心がけるようにすることが重要と言えます。

また、痒みなどの皮膚炎の症状が少ないにも関わらず薄毛が気になるということであれば、男性型脱毛症(AGA)などの「びまん性脱毛症」が考えられます。
ニゾラールには抗アンドロゲン作用があると言われていますので、男性型脱毛症の予防として継続してみるのも良いでしょう。

「心配で心配で・・・」という訴えは、実際の症状を診察している担当医、あるいはメンタルクリニック(心療内科)の医師に相談すべき内容であると思います。

以下のブログも参考にしてください。

「男性型脱毛症(AGA)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=485412
| 院長 | 2011/07/01 12:07 PM |
15才でAGAですか...。
15才では治療もできませんね。
ありがとうございました。
| rainbow | 2011/07/02 6:02 AM |
先日はありがとうございました。

AGAの可能性を伺いとても落ち込みましたが思い切って脱毛外来のある順天堂医院に行きました。
すると驚いた事に脂漏性皮膚炎ではなくシャンプーの時に傷ついたりして起こる毛膿炎と診断されました。
また薄毛は「正常の範囲内」なので心配ないとの事でした。
15歳なのでAGAの心配は全く無く血液検査もニゾラールもサプリも必要ないそうです。(ビタミンは野菜からで大丈夫との事)
自分や親はかなり薄毛が心配で訪れたので「正常の範囲内」
と言われ色々質問もしましたが先生は自信満々に脂漏性皮膚炎も薄毛も否定されました。
いつも診て頂いている病院(帝京大学高津病院)ではマラセチア菌の確認をして脂漏性皮膚炎と診断され、薄毛は治らないかもとの事。
順天堂医院ではマラセチア菌は常在菌にすぎず毛膿症との事。
この両極端な診断をどうしたらよいのでしょうか。
もう一人違う先生のご意見を伺うほうがよいですか。
よろしくお願いします。





| rainbow | 2011/07/02 11:01 PM |
はじめまして。
30歳の男です。現在スペインに住んでいます。

去年の夏頃から頭皮に時々違和感を覚え、しばらくそのままにしていたのですが、日本出国直前に皮膚科で診てもらったところ、軽度の脂漏性皮膚炎と診断されました。

担当医師に薦められたコラージュフルフルシャンプーを使って洗髪し、洗髪後にはニゾラールかステロイドを塗っています。

自分の場合痒みはあまりなく、痛みの方が大きく、悩みの種です。フケも自分で見る限り特別多いとは思いません。脂漏性皮膚炎は痒みとフケの多いと聞きますが、頭皮の痛みだけというケースもあるのでしょうか?
| いったんもんめ | 2011/07/03 1:21 AM |
再び「rainbow」さんの質問に回答いたします。

順天堂医院の脱毛外来というのは、円形脱毛症の専門外来であり、AGAなどのびまん性脱毛症を専門に診察する外来ではありません。

すでに複数の大学病院を受診されているのであれば、実際の症状を診察している担当医から詳しい説明を受けられてはいかがでしょうか。

また、自己判断で更にドクターショッピングを重ねてしまえば、分かるものも分からなくなってしまう可能性があると思います。
ですから、最も長い経過を診察している担当医からの紹介状を持参して、他の医療機関を受診するのが望ましいと思われます。

以下のブログも参考にしてください。

「ドクターショッピング」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=523899

ちなみに、マラセチアというのは皮膚の常在菌であり、男性であれば100%付着していると言われています。
つまり、皮膚の角質にマラセチアが寄生していたからといって、それが脂漏性皮膚炎の診断の根拠には成り得ません。
| 院長 | 2011/07/06 5:07 PM |
「いったんもんめ」さんの質問に回答いたします。

「脂漏性皮膚炎」というのは、脂漏部位に生じる「皮膚炎(湿疹)」という意味ですから、通常は紅斑(赤み)や痒み、落屑(フケ)というのが主な症状と言えます。

湿疹の状態によっては、掻き壊して傷になったりしていれば、痛みを伴う場合があるかも知れません。
詳しくは、実際の症状を診察している担当医から説明を受けるようにしてください。

以下のブログも参考にしてください。

「湿疹って何ですか?」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=647953
| 院長 | 2011/07/11 9:41 AM |
はじめまして。38歳5カ月の子どもがいる女です。

脂漏性皮膚炎のことを調べていたらこちらへ辿りつきました。

皮膚科へ行ってはいませんが、自分の症状を見る限り脂漏性皮膚炎だと思います。

先生は診察していないので治療などのコメントはできないとわかった上で、脂漏性皮膚炎に関してお聞きしたいことが数点あります。

ーΔ量堯峩力ポステリザン(ステロイド入)」の数ヶ月の連続使用で、急に脂漏性皮膚炎を発症することがあるか。

∋左紊離曠襯皀鵐丱薀鵐垢良堋瓦砲茲蝓発症することがあるか?

もしそうなら、ホルモンバランスが整えば脂漏性皮膚炎は治る可能性があるか?

せ彌婀に頭皮(うなじ)に黄色い脂状のフケがごっそりとれた経験があり、それは大人になるにつれて自然に治癒したがその治癒した原因は何か?(ホルモンバランスが整った?)

色々尋ねてしまってすみません。

,六蚣垣皮膚炎に気がつく1ヶ月前に1ヶ月間使っていたのですが、薬をやめたとたん発症したので関係性があるのか疑問に思ったのです。
脂漏性皮膚炎が発症するなら・・・と現在痔の薬をやめてます。

△砲弔い討蓮∋左緘瓦洩咾激しく、それがようやくおさまってききたころに発症したので、ホルモンバランスの乱れかなとも思えます。

い蓮高校生の頃にうなじが痒くてかけばぺりっと脂の塊のフケがよく取れたのを思い出したのです。
知らない間に治ってました。


私が脂漏性皮膚炎かどうかは別にして、これらについてお答えしていただけたら幸いです。

なお、今頭皮では2か所の脂漏性皮膚炎ができており、初めて痒くてかいたところからぺりっとめくれた後、そこの赤みがひいた今でも(3週間後)フケが出てきます。
痛くもかゆくもないのですが、カサカサの範囲がすこしずつ広がっているような気がします。

以前女性で陰部にできたと書いておられましたが、私も同じで白いカビのようなところをかいたらぺりっとめくれて頭皮のように皮がカサカサとめくれてきます。
脂が少ない部分とのことですが、症状が頭皮と全く同じで脂漏性皮膚炎ではないかと疑っています。

粘膜部分にめだかの卵のような、痛くもかゆくもない白いつるつるの水泡?いぼ?のようなものができ、それもカビではないかと疑っているので、それは来週婦人科で診てもらう予定です。


色々書いてしまいましたが、先生のお時間がある時に質問にお答えいただけたらとてもありがたいです。

初めてのメールにて失礼かと存じますが、どうぞよろしくお願いいたします。

P.S.主人と共有のパソコンですので、メールアドレスは携帯のを入力いたしました。

| とちく | 2011/11/23 3:28 PM |
「とちく」さんの質問に回答いたします。

脂漏性皮膚炎は、生活習慣が不規則になったり食生活が乱れたりなど、様々な要因で悪化する可能性があると考えられていますが、痔の薬で症状が悪化するような話は聞いたことがありません。

産後のストレスやホルモンバランスが悪化要因として考えられるのであれば、婦人科にて相談してみてはいかがでしょうか。

過去に自然治癒した症状に対し、過去にも現在も診察していない私に、治った理由を質問されても回答することはできません。

詳しくは、脂漏性皮膚炎と診断した担当医から説明を受けるようにしてください。
| 院長 | 2011/11/29 10:17 AM |
とちくです。


そうですね、おっしゃる通り過去のことを訊かれても困りますよね。
大変失礼致しました。

痔の薬で脂漏性皮膚炎が発症・悪化の例がないとのこと、他に原因があるだろうとわかってよかったです。

今のところ、皮膚炎は悪化せず横ばいの状態です。


院長先生、お忙しいなか回答ありがとうございました。

また、失礼なコメントを申し訳ありませんでした。
| とちく | 2011/11/29 12:39 PM |
はじめまして。脂漏性皮膚炎、発症からもうすぐ3年経つ者です。
「なんか、普通の肌荒れとは違う・・・」と思い、皮膚科をはしごしましたが、はっきりと脂漏性皮膚炎と診断されたのは、それから1年以上経ってからの事でした。
現在、皮膚科には、かかっていません。
皮膚科の先生にこんな事をいうのは、、とても失礼かと思いますが、私がかかった何件かのお医者様は、治療方を説明をしてくれない、高圧的という方ばかりで、すっかり不信になってしまいました。最後に診断してくれた先生は、「治るんでしょうか」の質問に「年をとれば、気にならなくなる」といった他人事な対応が、ショックでなるべくお医者様に通わず、自然治癒力で治してやろうと意地になってしまいました。

3年経過した今、現状は少し改善したくらいで、あまり変わっていません。
ガチガチに硬かった皮膚は柔らかくなってきましたが、代わりに皮向けや痒み・つっぱり感がよく出るようになりました。

自分だけの治療には限界があるな、と思ったりします。
やはり、この皮膚炎には抗菌真薬が有効なのでしょうか。また菌の検査を受ける事は可能でしょうか。

ニゾラールでもっと酷い状況になったらどうしようという気持ちがあり、なかなか皮膚科受診に踏ん切りがつきません。

| ケイコ | 2012/05/29 1:51 PM |
はじめまして
過去の記事にコメントすみません。

脂漏性皮膚炎の娘(13歳)がいます。
脂っぽい部分に、脱毛と切れ毛があります。
皮膚科でリンデロンVGローションを処方され、「赤みがおさまったらつけなくてよし」と言われました。

3日間で赤みは引いたのですが、その後数週間でまた赤くなり、その都度皮膚科に電話で確認しながら、つけたりやめたりしています。

質問なのですが、もし「真菌」が原因なら、このままステロイドを使用していいのでしょうか?
頭皮が赤くなると、その部分の毛が折れて、また切れ毛になると分かります。こんなとき、リンデロンを使っていいのか、どうしたらいいのか分かりません。

「真菌」が原因ではなく、ステロイドを使っても大丈夫な脂漏性皮膚炎(脱毛症)もあるということでしょうか?

お答えいただける範囲でよろしくお願いいたします。
| 母 | 2012/06/01 12:18 PM |
「ケイコ」さんのコメントに回答いたします。

「脂漏性皮膚炎」は、その名称(疾患名)の影響か、症状や病態を誤解している方が多いように感じたため、4年前にこのブログを書きました。

皮膚科専門医であれば問題ないと思われますが、一般の皮膚科医の中には、脂漏性皮膚炎についての知識が乏しい先生もいることでしょう。
実際、脂漏性皮膚炎発症のメカニズムや癜風菌(マラセチア)の影響に関して、まだ解明されていない点があるというのも事実です。

脂漏性皮膚炎は、文字通り「皮膚炎」ですから、カビに対する抗真菌薬よりもステロイドや免疫抑制薬の方がはるかに有効性が高いと言えます。
ニゾラールなどの抗真菌薬には、軽微な抗炎症作用しかありません。

なお、癜風菌は皮膚の常在菌ですから、脂漏性皮膚炎でなくても皮膚に寄生しています。
ですから、脂漏性皮膚炎の診断のために菌の検査(顕微鏡検査)を行うことは滅多にありません。

また、抗真菌薬はニゾラールだけではありません。
癜風菌に対する抗菌力が強い薬剤は他にいくつもあります。
ですから、自分の症状に合った治療薬を実際の症状を診察した担当医とよく相談して見つけられてはいかがでしょうか。

なお、時間が経過して慢性化した湿疹は、薬剤が効きにくい状態になっている可能性があります。
症状の悪化や繰り返しを起こす前に、適切な治療が行われることを願います。

以下のブログも参考にしてください。

「湿疹って何ですか?」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=647953
「顕微鏡検査って何が見えるの?」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=353771
| 院長 | 2012/06/04 10:36 PM |
院長先生、お忙しい中ご回答頂きありがとうございます。
コメント後、院長先生のブログを熟読させて頂きました。
そして前回かかった皮膚科とは別の皮膚科へ行ってきました。診断は、「今の状態は脂漏性皮膚炎ではなく、肌荒れ」との見解でした。ヒルドイドとデルマクリンA軟膏のMIXを処方してもらい、朝晩塗布しています。状態は少し落ち着いてきました。実は、今回も前回も皮膚科専門医の受診です。診断が違うのは、時間が経過しているからかなのか、やはり診断が難しいからなのか、よく分かりません。
両医院でステロイドを処方されましたが、今回はきちんと説明して下さったので、不安はありません。
前回の先生は腕は確かかもしれませんが、あまりにも患者の配慮に欠けていたと思います。実際、お医者さんの言葉に傷ついた人は少なくありません。
20代後半をずっと肌で悩み、どんどん内向的になりました。
肌の事で死にたいとも何度も思いました。
そんな私も、質問に真剣の答えて下さっている院長先生のブログで改めて皮膚科を受診してみようという気持ちになれました。ありがとうございます。
他にも直接受診は出来ないけれどもこちらのブログできっかけを頂いた方は、いると思います。
もっと院長先生のような皮膚科医が増える事を願います。
本当にありがとうございます。



| ケイコ | 2012/06/05 2:06 PM |
「母」さんの質問に回答いたします。

「脱毛と切れ毛」という表現からは、まず「円形脱毛症」や「トリコチロマニア(抜毛癖)」が考えられます。
次に、慢性湿疹に伴う脱毛や「頭部白癬」などの二次的な脱毛も考えられます。
「赤みが・・・」という記載から、皮膚に何らかの炎症があるものと考えられますが、このブログ上で診察をすることはできません。

かなり大雑把かも知れませんが、ステロイド外用薬を塗り続けて完治するのであれば「皮膚炎」、逆に悪化・拡大してしまうのであれば「細菌感染」あるいは「真菌感染」という判断をされてはいかがでしょうか。
もちろん、すでに医療機関を受診されている訳ですから、実際の症状を診察している医師(皮膚科専門医など)の指示に従うのが望ましいと考えます。

以下のブログも参考にしてください。

「円形脱毛症」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=254312
「トリコチロマニア(抜毛狂)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=248098
| 院長 | 2012/06/07 11:30 PM |
「ケイコ」さん、感謝の言葉ありがとうございます。

このブログ上で診察を行うことはできませんが、治療に対して前向きな気持ちを与えることができたのであれば、このブログを続けてきた甲斐があったのだと嬉しく思います。
| 院長 | 2012/06/08 12:10 AM |
はじめまして、お忙しい中すいません。

聞きたいことがあります。私は4年ほど前から顔からの油分が多く、そのうち頭皮からも油分が多く出るようになりました。最近になって痒みがでて、今週皮膚科へ行き脂漏性皮膚炎との診断で、ニゾラールとメインベートローションを頂きました。その後、「脂漏性皮膚炎の治療まとめ」というサイトを見つけました、そこには、ステロイド以外で市販の抗炎症薬で新レスタミンコーワ軟膏とムヒソフトGX乳状液が紹介されていますが、それらでも真菌対策というか脂漏性皮膚炎対策になるのでしょうか?
ステロイド以外でも大丈夫ならとても嬉しいのですが…。

回答お願いします。
| ビビ | 2012/06/09 11:16 PM |
「ビビ」さんの質問に回答いたします。

他のサイトの内容に関しては、私が管理者ではありませんので、詳しいコメントや批評は避けさせていただきます。

また、市販薬というのは薬局または薬店で販売されている商品であり、保険診療を行っている医療機関から処方されることはありません。
脂漏性皮膚炎の患者さんに、抗真菌作用のあるシャンプーとしてコラージュ・フルフルを紹介したことはありますが、他の市販商品については私には知識がありません。

ですから、市販品の詳しい内容については、販売店の薬剤師または製造販売しているメーカーに問い合わせた方が良いと思います。
少なくとも私は、診察した患者さんに「新レスタミンコーワ軟膏」や「ムヒソフトGX乳状液」という商品を紹介した経験がありません。
市販の商品には、様々な薬剤が混ぜられていたり、多数の添加物が使用されている可能性がありますので十分ご注意ください。
| 院長 | 2012/06/12 5:17 PM |
お忙しい中ご回答ありがとうございました。
 
先生のおっしゃっている一般の皮膚科医でなく、皮膚専門医とは大学病院にいる医師ですか?
大学病院の場合紹介状がないとダメでしょうか?

| ビビ | 2012/06/17 6:21 PM |
「ビビ」さんの質問に回答いたします。

「皮膚科専門医」というのは、日本皮膚科学会が認定する専門医の資格を有する皮膚科医のことです。

最近の皮膚科専門医試験のレベルは非常に高く、最新の皮膚科的な知識や多彩な臨床経験が要求されます。
また、皮膚科専門医試験を受験する資格を得るにも、皮膚科的な専門知識や重症皮膚疾患の治療経験、多彩な皮膚病変に対する手術経験、皮膚科関連の研究や多数の論文の発表などが必要とされています。

2012年6月現在、全国には5957名の皮膚科専門医がおり、日本皮膚科学会ホームページ(http://www.dermatol.or.jp)の皮膚科専門医MAPにて検索することが可能です。

大学病院であれば、複数の皮膚科専門医が在籍しているはずです。

大学病院でなくても、他の医療機関を受診する場合は、前医からの紹介状を持参した方が治療経過などが分かりやすく、医療における連携ができるため望ましいでしょう。
なお、大学病院などの特定機能病院を受診する場合は、紹介状が無いと3000円前後(医療機関によって異なります)の費用が別途必要になります。

以下のブログも参考にしてください。

「ドクターショッピング」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=523899
「皮膚科専門医試験」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1101810
「皮膚科専門医プレート」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1197100
| 院長 | 2012/06/18 12:31 PM |
先生ご親切に有難うございます。心から感謝致します。

早速、診てもらっていた先生に紹介状をかいてもらい、皮膚科専門医の医師の下で診察を受けることになりました。初回は丁寧な診察と血液検査でした。次回の診察は水曜なのですが、昨日・一昨日と炎症で腫れてとても痒くなってしまいました。しかし、みためは少し赤くフケもないのです。
わたしの場合、前の医師は脂漏性皮膚炎と言われましたが、フケが全く出ないので、皮膚科専門医の医師は頭を悩ませている様子でした。私はてっきり脂漏性皮膚炎だと思い、医師に相談なくニゾラールシャンプーを取り寄せてしまったのですが、こちらは使っても大丈夫でしょうか?
| ビビ | 2012/06/24 5:11 PM |
再び「ビビ」さんの質問に回答いたします。

「ニゾラールシャンプー」というのは、国内で市販されている商品ではない可能性が考えられます。
少なくとも私は実物を見た経験がありませんし、そもそもシャンプーは医師の処方箋が必要な薬剤ではありません。

ですから、その商品を販売している薬局の薬剤師や、実際の症状を診察している担当医とよく相談されてはいかがでしょうか。
診察をしていない私には、見たこともない商品に関して「・・・使っても大丈夫でしょうか?」という質問に回答することはできません。
| 院長 | 2012/07/02 12:10 AM |
いつもご回答有難うございます。
お忙しいところすいません。
ニゾラールシャンプーは使わず、頭皮の炎症と痒みは改善されました。医師からはクラリスとアクアチム軟膏が処方されました。そちらは殆ど使わず良くなりました。食生活と就寝時間を改善したら極端に良くなったので驚いている次第です。
ただ、顔から油分の分泌が異常に多く悩んでいます。顔からの油分の分泌を抑える薬はないのでしょうか?ニキビは今はないのですが…。皮膚科ではホルモンバランスは正常かどうかは検査することはできないのでしょうか?
それと、医師から薄毛についてはリアップという育毛剤を進められました、そちらは副作用などあるかご存知ですか?
| ビビ | 2012/07/06 5:22 PM |
もう一度「ビビ」さんの質問に回答いたします。

「顔からの油分の分泌を抑える薬」というのは、特に聞いたことがありません。
ただ、皮脂の分泌をコントロールできるようにという意味で、ビタミンB群を処方する場合はあります。
また、レチノイン酸(トレチノインなど)やアスコルビン酸(ビタミンC)には皮脂の分泌を抑制する効果があると言われています。
詳しくは、美容外科で相談されると良いでしょう。

「リアップ」の主成分である「ミノキシジル」は、もともと高血圧の治療薬であるため、副作用としては低血圧があると思われます。
なお、リアップは医師が処方する医薬品ではなく、薬局・薬店で薬剤師が販売する商品ですので、詳しくは薬剤師から説明を受けられた方が良いでしょう。

以下のブログも参考にしてください。

「トレチノイン療法」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=361906
「ビタミンC美容液のパッケージが変わりました」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1197226
「男性型脱毛症(AGA)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=485412
「男性型脱毛症(AGA)治療ガイドライン」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1197116
| 院長 | 2012/07/11 1:19 AM |
先生、お礼が遅くなりました。ご回答有難うございます。 

リアップについて薬剤師に相談してみます。

色々と有難うございました。

| ビビ | 2012/07/27 5:24 PM |
女性で首から上の湿疹は脂漏性湿疹だと情報を見てこちらを探しました。4月上旬に右まぶたの赤みとかさつきが気になり、少ししてから右目の下、左目の下と少しづつ広がってきたので中旬にかかりつけの皮膚科を受診しました。
新しく化粧品を変えたか聞かれ、少し前に日焼け止めを変えたというと、アレロック(1日2回14日分)とキンダベートが処方されました。
5日くらいで症状が改善したけれど、その数日後に最初は口の周りに小さいかゆみを伴うブツブツができ、少しして額や顔回りなどいろいろな部分に細かい色のないブツブツが出来始め、それがだんだん赤みを帯びてきてしまい、顔中赤みが目立つ状態になりました。目の周りの赤みも復活。首にも赤みとかゆみ。
5月上旬2度目の受診では、目元用にネオメドールとアレロックは追加で28日分で処方されました。
エステや皮膚科でも乾燥肌と言われ、普段から保湿重視で、石鹸洗顔は夜のみ。季節的に少し軽めのクリームを新しく使い始めたところ、頬の毛穴部分が盛り上がったような赤みになってしまい使用中止。(このクリームは後日パッチテストで一回目の判定で反応が出て2回目の判定で消えました)
調子の良い時は赤みだけ、悪い時は赤みが盛り上がったような状態が顔の色々な場所に出来、かゆみはずっーとあったのでアレロックは追加で出された28日分の半分くらいで飲むのをやめ、キンダベートとネオメドールの塗り薬のみで2日間過ごし、3度目の受診。
アレロックとネオメドールはやめてよいと言われ、キンダベートのみの使用。なるべく化粧品を使わないようにという事で、化粧水のみ、あまりにもかさつくときに乳液の生活。
両頬から鼻にかけて、まぶたの赤みが膠原病の症状と似ていたのと、ファンデで赤みを隠せないようになってきたため、5月末4度目の受診。
この間、肌がきれいな日は一日もありませんでした。
キンダベートはやめてロコイドクリーム、保湿用にプロペトが処方され、血液検査。
血液検査の結果待ちの間に産業医を受診し、私は20代後半から5年間くらい吹き出物に悩み(思春期はなし)、5年位前からシナール、フラビタン錠、ピドキサールを服用している事、最近の人間ドックの結果と分かる範囲の血液検査内容と今まで肌の写真を見てもらうと、確かに膠原病の症状に似ているが全ての結果が出るまで分からないし、あえて言うなら脂漏性湿疹を考えても良いかもしれない。ニゾラールローションをおでこだけに塗ってみて、赤みにロコイド。赤みが強くなったら中止とのこと。
おでこは特に変化なしで5度目の受診。
血液検査で膠原病の疑いはなくなり、あとはパッチテストをするしかないとのこと。
産業医からニゾラールローションを処方され、おでこに5日間使用したと言うと、今までずっとB2,B6を飲んでいるから脂漏性湿疹は関係ないと言われました。
今度は紹介された病院で多分スギ花粉皮膚炎をこじらせたと思うとプロトピックを処方され、ステロイドで全く良くならなかった顔の赤みが改善されました。
パッチテストは金とニッケルが強くパラジウムが少し出て、化粧品は最終判定で問題なしでした。
夏の間貴金属を付けない、食生活も気を付ける、肌荒れの時はプロトピックという感じで、かかりつけ医のところに戻ってよいとのこと。
現在は貴金属は身に着けないで20日間ですが、肌はところどころ赤みがありカサカサしていてカサカサを剥がすと血が出てきたりします。パッと見はきれいだけど角度によってはブツブツがたくさんある感じに見えます。もともとの肌には戻りません。B2B6を長期に服用していて、ここまで酷くなるという事は脂漏性湿疹は考えなくても良いですか?
年齢的な体質変化で保湿重視の生活が負担になり、B2B6が効かないことはありますか?
| 小林 | 2012/08/03 10:21 PM |
「小林」さんの質問に回答いたします。

「脂漏性皮膚炎」というのは、皮脂の分泌が盛んな部位(脂漏部位)に生じる皮膚炎のことです。
つまり、鼻の周りや耳の周りなどのベタつきやすい部位に生じやすく、目の周りや口の周りといった乾燥しやすい部位は最も生じにくいと言えます。

このブログ上で診察や診断を行うことはできません。
しかし、乾燥肌があり、目の周りや口の周りに湿疹が出やすく、長期にわたって湿疹を繰り返している様子から、典型的な「アトピー性皮膚炎」であろうことは容易に想像ができます。
詳しくは、実際の症状を診察している担当医(皮膚科専門医など)から説明を受けるようにしてください。

以下のブログも参考にしてください。

「この湿疹はアトピー?」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=134454
「アトピー性皮膚炎」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=441189
「当ブログの目次:アトピー性皮膚炎関連」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1197378
| 院長 | 2012/08/13 12:45 AM |
質問させてください

先生のコメントに慢性的な皮膚炎は抜け毛の原因となるとありますが
この慢性的なとは具体的にどういう意味ですか?

皮膚炎が長引くということですか?
それとも発症してなおっての繰り返しということですか?

もし長引くだとしたらだいたい何日以上続いたらぬけるのでしょうか?

急性の皮膚炎でも抜けることはありますか?
僕は3日ほど異常にかゆかった部分がぬけたりなど短期間かゆかった部分が抜けてるということがあるのですがこのようなことはありえますか?

長い粗末な文で申し訳ございません

よろしくお願いいたします
| エドウィン | 2012/11/12 8:07 PM |
先ほどの質問に補足と訂正をさせてください

訂正ですが3日じゃなくて5日は我慢できないほどかゆかったです

ここからは補足です

皮膚炎はこの5日間だけでなく
また1ヶ月後異常なかゆみがでたりなどがありました

とりあえず皮膚炎があれば脱毛の可能性はあるということなんでしょうか?

ちなみに僕は19です

よろしくお願いいたします
| エドウィン | 2012/11/12 8:51 PM |
上記2件の「エドウィン」さんの質問に回答いたします。

皮膚炎が起こる部位は、主に真皮の上層部であると思われます。
しかし、アトピー性皮膚炎などのように、激しい皮膚炎が長引いたり、増悪と軽快を繰り返したりして、毛包にまで炎症が及ぶようになれば、当然ながら脱毛という結果を招くと考えられます。

詳しくは、実際の症状を診察している担当医から、脱毛の原因が皮膚炎であるのかどうか、説明を受けるようにしてください。
| 院長 | 2012/11/14 11:23 AM |
本日(2012年11月14日)にて、当ページ「脂漏性皮膚炎の治療」のコメント受付を締め切らせていただきます。

4年半近くにわたって多数のコメントをいただき、誠にありがとうございました。
| 院長 | 2012/11/14 11:25 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/698752
トラックバック