CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 線状強皮症(剣創状強皮症) | main | 紙幣状皮膚 >>
水虫の犯人は爪水虫!?

昨日から「やくみつる」が登場するテレビCM(爪水虫犯人編、ワイドショー編)の放送が始まりました。
テレビCMでは、繰り返し再発するしつこい水虫の原因の一つと考えられる爪水虫の症状や治療における医療機関受診の大切さについて、視聴者にわかりやすく紹介しています。


【なかなか完治しない水虫の原因は、爪水虫かも!】
爪水虫とは、水虫と同じように白癬菌(はくせんきん)と呼ばれる菌が爪の中に侵入してきて起こる爪の病気です。

塗り薬などで治ったと思った足の水虫が何度も繰り返し発症するのは、爪から白癬菌が供給され続けているからなのかも知れません。
つまり、爪水虫を退治しない限り、この水虫サイクルから抜け出すことはできません。

【あなたの爪は大丈夫?】
爪水虫の発症部位は主に足の親指の爪で、爪が白く濁ったり変形したりぼろぼろ欠けたりするのが特徴です。
見た目が悪い印象があり、人前で裸足になるのをためらう人も多いです。
自覚症状はほとんどありませんが、症状が進んで爪がもろくなってくると、靴を履く時などに痛みを感じる場合があります。
爪水虫は、放っておいたらいつまで経っても治りません。

皮膚科専門医による診断と飲み薬での治療がポイント】
菌が硬い爪に入り込む爪水虫は、塗り薬だけでは薬の成分が届きづらいため治りにくく、皮膚科専門医の診断が不可欠。
皮膚科専門医治療では、薬の成分が爪の中に行き渡り、かつ長い間患部にとどまる飲み薬」を用いるというのが通例です。

飲み薬による治療は体の内側から治すので、足水虫にかかっていた場合にはこれも治すことができます。

【飲み薬の治療法は、「パルス療法」と「連続服用法」から選択】
連続服用法」は、約6ヵ月毎日飲む治療法。
パルス療法」は、1週間薬を飲み3週間は服用を休むサイクルを3回繰り返します。
パルス療法」での服用終了後は、経過観察期間となり、爪の状態のチェックのため来院してください。
治療法の選択は、医師と相談すると良いでしょう。
たかが水虫、その気持ちは禁物。
家族や周囲の人にうつさないためにも、早めの治療が肝心です。
| 院長ブログ | 12:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/674132
トラックバック