CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 口腔カンジダ症 | main | リンパ管炎 >>
「湿疹」って何ですか?


湿疹」という表現は、日常生活でも使われるように、比較的ありふれた言葉です。
湿疹ですね」と言われると、何となく理解しているような気になるかも知れません。
ところが、「湿疹とは何ですか?」と質問されると、うまく説明できない人が多いのではないでしょうか。

湿疹」とは、単一な皮膚病変を表現している言葉ではありません。
湿疹反応」と呼ばれる様々な種類の皮膚症状を全て含めて「湿疹」と表現されているからです。

湿疹反応は、急性の湿疹反応急性湿疹)と慢性の湿疹反応慢性湿疹)に大別されます。

まず、急性の湿疹反応でみられる皮膚症状には、紅斑丘疹小水疱びらん痂皮などがあります。
つまり、皮膚が赤く(紅斑)なったり、ブツブツ(丘疹)や小さな水ぶくれ(小水疱)ができたり、びらんを生じてジュクジュクしたり、かさぶた(痂皮)になったりする訳です。
このような急性の湿疹反応を呈する代表的な皮膚疾患は、接触皮膚炎かぶれ)です。

一方、慢性の湿疹反応には、皮膚の肥厚乾燥苔癬化などがあります。
これは、急性湿疹を繰り返した結果、皮膚が徐々に厚みを増し(肥厚)、ガサガサとなり(乾燥)、ついにはゾウの皮膚のように硬くゴワゴワ(苔癬化)になってしまうという訳です。
このような慢性の湿疹反応を呈する皮膚疾患には、重症のアトピー性皮膚炎などがあります。

以上のことを理解すれば、「湿疹」という言葉が、湿疹反応の過程でみられる多彩な皮膚症状の流れを表現していると考えることができます。
ですから、湿疹湿疹反応)を呈する皮膚疾患には、様々な種類の皮膚炎が含まれているということです。

上の写真は、当クリニックの診察室で活躍している「リラックマ」のクッションです。
(撮影:住吉孝二)
| 院長ブログ | 01:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/647953
トラックバック