CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ウイルス性発疹 | main | 乳児寄生菌性紅斑 >>
大人のニキビと食生活


皮脂の分泌が盛んな思春期には、誰でもニキビ尋常性ざ瘡)ができるものです。
ところが、思春期を過ぎて20〜30歳代になってからニキビ思春期後ざ瘡)が増えてくる女性もいらっしゃいます。
特に月経前になると、ホルモンのバランス精神的ストレスなど、様々な原因が重なってニキビが悪化してしまうことが多いようです。

近年、ニキビの治療は大きく発展しました。
しかし、様々な原因で悪化してしまう「思春期後ざ瘡」の治療は、決して簡単なものではありません。
では、日常生活食生活)で何か改善できることはないでしょうか?

例えば、仕事のストレス寝不足などから生活習慣が乱れてくると、食生活も不規則になりがちであり、ニキビの悪化にもつながります。
市販のサプリメントを常用されている女性も多いと思いますが、普段の食事でもビタミンB群ビタミンCを豊富に含んだ食材をバランス良く摂取するように心がける必要があります。

便秘が原因でニキビを悪化させてしまう女性もよく見かけます。
過度なダイエット便秘の原因にもなりますが、ダイエット効果が期待されている「防風通聖散」などは便秘の治療に有効です。
しかし、普段の食生活でも食物繊維乳酸菌を多く含む食品と十分な水分の摂取が重要であることを忘れないようにしましょう。

最近になってニキビでお悩みの方、まずは皮膚科専門医を受診してみてください。

上の写真は、現在待合室に展示している「カタクリの花」です。
(撮影:住吉孝男)
| 院長ブログ | 01:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/598838
トラックバック