CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 膿疱性乾癬 | main | ウイルス性発疹 >>
酒さ様皮膚炎

酒さ様皮膚炎(しゅさよう ひふえん)」とは、中年女性の顔面に生じることが多く、「酒さ」に似た皮膚症状です。

淡い赤みが拡がりますが、かゆみほとんど無く、ピリピリとした灼熱感を伴う場合が多いのが特徴です。
毛細血管の拡張や、ニキビのような膿疱が生じることもあります。
特に、口の周囲にのみ症状が現れる場合は「口囲皮膚炎(こうい ひふえん)」と呼ばれています。

ステロイドの塗り薬を不適切に使用していたことが誘因となって酒さ様皮膚炎を生じることが多いため、ステロイドを含んでいる塗り薬を顔に使用していた場合は、それを中止する必要があります。
アトピー性皮膚炎の治療薬であるプロトピック軟膏酒さ様皮膚炎の治療に用いることがありますが、逆にプロトピック軟膏の使用が酒さ様皮膚炎の発症原因になる場合もあります。

もし、原因となっている塗り薬があれば、その使用を中止します。
塗り薬を中止すると、しばらくの間は症状が悪化する可能性があります。
その後は、尋常性ざ瘡(ニキビ)に準じた塗り薬や飲み薬の治療を行います。
| 肌のあれこれ | 21:00 | comments(66) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
こんな顔になってまる2年になります 始まりはカミソリで顔剃りをした後、右口角の辺りに少し出たブツブツでした。皮膚科に行くと脂漏性湿疹と言われました。Tゾーンでもないのに?超乾燥肌の私が?? 薬は全くきかずどんどん広がっていき 2週間ごとに診察を受けても 良くなってるの一点ばり。ついに口の周りを一周してしまいました。処置も変えてもらえないし、あきれたように話す皮膚科の先生と話す事がストレスになり行くのはやめました。死にたいと思うほど悩んでいる頃手に入れたのが体用のステロイドでした。そしてその結果が今です。副作用は数ヶ月かかる…という話ですが 私は2年たってもよくなる気配はありません。自業自得です。飲み薬もあるらしいですね…。処方してもらいたいけど 他の皮膚科に行って先生と話す事が怖くなってしまい 家でワセリンとスタデルムで現状維持を続けているだけです。私は秋田なのですが 秋田の皮膚科でいい先生はご存知ありませんか… 県外まで通うお金も無くて…
| YUI | 2009/04/08 8:54 AM |
「YUI」さんの質問に回答いたします。

「脂漏性皮膚炎」とは、病名の通り頭皮や顔面など皮脂の分泌が活発な部位に生じる皮膚炎です。

一方の「口囲皮膚炎」は、不適切なステロイドの使用などが誘因となって生じる「酒さ様皮膚炎」の一種です。

まずは、皮膚科専門医を探して診察を受けるようにしてください。

私は東京で皮膚科診療を行っておりますので、残念ながら秋田県に患者さんを紹介したことはありません。
秋田大学の現在の教授は、順天堂大学の助教授であったため多少の面識がありますが、他に知り合いはおりません。

秋田県内にも多数の皮膚科専門医がいるはずですので、探してみてはいかがでしょうか。

以下のブログおよびサイトも参考にしてみてください。

「ステロイド外用薬の作用・副作用(その3)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=987245

「日本皮膚科学会ホームページ」
http://www.dermatol.or.jp
| 副院長 | 2009/04/10 10:28 AM |
初めまして。自分は8年位前からステロイドの入ってる軟膏を塗ったら顔が赤くなりお酒を飲んだ様な顔になってしまい、毎日男なのにファンデーションを塗って仕事にいってます。その軟膏は今でも使っていました。原因がわからずそのままでしたが、今これを見てこれだと思いました。この薬は本来手に塗る薬でしたが、顔もかゆい時があり塗っていました。この薬の使用を辞めれば顔の赤みは治るでしょうか?またどの位で治りますか?
| しんいち | 2009/08/15 4:23 PM |
「しんいち」さんの質問に回答いたします。

「酒さ様皮膚炎」であれば、その原因となっていた外用薬などの使用を中止することが治療の基本になると思います。

しかし、当然のことですが、診察をせずに診断を行うことは不可能ですし、治療方針を決めることもできません。
まずは、皮膚科専門医を受診し、その指示に従った治療を行うべきではないでしょうか。
| 副院長 | 2009/08/19 10:20 PM |
コメントありがとうございます。皮膚科にいったら酒さ様皮膚炎のようなものと言われました。ステロイド入り軟膏を顔、首などに使用しないようにと言われました。プロトピック軟膏0・1という薬を処方されました。治るには少し時間がかかるそうです。
| しんいち | 2009/08/25 10:44 AM |
顔に淡い赤みが拡がりますが、かゆみはほとんど無く、ピリピリとした灼熱感を伴う場合が多いのが特徴です。
毛細血管の拡張や、ニキビのような膿疱が生じることもあります。
特に、口の周囲にのみ症状が現れる場合は「口囲皮膚炎(こうい ひふえん)」と呼ばれています。

とあります。私は口の周りに赤いブツブツができて、水泡のように見えますが、何も入っていないようです。

あわい赤ではなく、真っ赤なブツブツで化粧でも隠しきれず、赤いヒゲみたいになってしまいました。

毛細血管の拡張や、ニキビのような膿疱はないです。他のブログ等を読むと、顔にリンパ液が流れ出し・・・と書いてあります。

5年近く前に鼻の下が妙にかゆくなって治らないので会社の側の皮膚科にいったら塗り薬をくれましたが良くならず、その後近所の大きめのクリニックにいったら、脂漏皮膚炎といわれ、まずはステロイドをくれました。すぐに治るので、半年間毎日付けました。

ある日クリニックにもどると、そんなに毎日つけちゃだめだ!といわれ、プロトピックをもらってプロトピックを4年位つけていました。

最近少しかゆみが悪化していました。インターネットで調べても写真を見ても脂漏皮膚炎とは症状が違うので、おかしいな、と思い、別の皮膚科に行ったら、今度は酒さ皮膚炎だからプロトピックはぬるな、と言われ、違うクリームとビタミン剤、抗アレルギーの飲み薬をくれました。

一週間もしないうちに酷く鼻の下と口の下真っ赤になり、ブツブツしています。これでは会社に行くのも苦痛です。

この皮膚炎は治るんでしょうか?後は、ぬり薬を変えて、赤みが引くという方法はないのでしょうか?

このままでは余っているプロトピックを塗ってしまいそうです。
| 陽子 | 2009/11/11 11:27 PM |
「陽子」さんの質問に回答いたします。

当然のことですが、このブログ上で診察をすることはできませんので、診断や治療を行うのは不可能です。
もちろん、「治るんでしょうか?」という質問にも回答できません。

そもそも、現在の皮膚症状が「酒さ様皮膚炎」であるのかどうか診断する必要があるのではないでしょうか。
自己判断で次々と異なる医療機関を受診してしまっては、分かるものも分からず、治るものも治らなくなってしまいます。
必要があれば、皮膚生検などの検査を行ったり、他の医療機関を紹介してもらえるはずです。

以下のブログも参考にしてください。

「ドクターショッピング」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=523899
「顔面播種状粟粒性狼瘡」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=171732
| 副院長 | 2009/11/13 4:00 PM |
ステロイドを2年間ほぼ毎日顔全体に塗っていました。つい最近顔に塗ってはいけないものだと知り、副作用(リバウンド)があることも知りました。ステロイドは子供が乳児湿疹やオムツ被れで貰ったものを医師の相談なしで勝手に塗っていました。顔に湿疹ができた時に塗るとすぐ治るので予防的な感じで毎日…この2年間でロコイド5本、リデリン?2本、フルコート1本、ピンクのフタの物(名前は忘れてました)2本です。
塗るをやめると頬にニキビのような湿疹や虫に刺されたようなブツブツができてかゆいです。全体的に肌がごわごわしてます。病院に行って説明すると酒さ様皮膚炎だと言われました。先生のブログには酒さ様皮膚炎はかゆみはないと書かれてましたが私の場合顔が火照ると痒くなります。こういう場合もあるんです?
| あや | 2010/02/24 10:52 AM |
「あや」さんの質問に回答いたします。

「酒さ様皮膚炎」というのは、ステロイドを配合した外用薬や化粧品などを使用したことがきっかけとなって生じる症状であるため「ステロイド酒さ」とも呼ばれています。
症状には個人差があると思いますが、通常の湿疹・皮膚炎とは異なりますので、痒みを伴うことは少ないようです。
もちろん、痒みを訴える患者さんもいらっしゃいます。
| 副院長 | 2010/02/26 12:23 PM |
回答ありがとうございます。長い期間かかってもいつかは酒さ様皮膚炎は治りますか?
| あや | 2010/02/26 8:29 PM |
「あや」さんの質問に回答いたします。

そうですね、適切な治療が見つかれば必ず症状は軽快すると思います。

ですが、「酒さ様皮膚炎」という症状は、誰にでも生じるという訳ではありません。
つまり、酒さ様皮膚炎を生じやすい肌質というのは、もともとの体質として持っているのではないかと思います。
| 副院長 | 2010/03/03 11:46 AM |
はじめまして。私は高校生くらいのとき、スノーボードに行った次の日、突然ニキビみたいな小さいぶつぶつが顔中に出来てしまいました。
いそいで地元の皮膚科に行って塗り薬をもらって塗ったら綺麗になおりました。
そのときは分かりませんでしたが今思うとステロイドだったと思います。

それから海やスノーボードに行って、強い紫外線に当たると顔だけにぶつぶつができるようになりました。

そのときは日常の紫外線ではなんともならなかったのですが、5年くらい前から日常の紫外線だけでもぶつぶつになるようになってしまいました。
ちなみに今年で26歳になります。

ずっと紫外線アレルギーと思って何十件もの皮膚科・大学病院・漢方と行きましたが効果はありませんし、大学病院では紫外線アレルギーだったら体にもぶつぶつができるはず、顔だけとは初めてのケースだといわれ途方にくれています。

女の子なので肌が汚いのは泣くほど辛くしんどいものです。

冬でも日傘生活でちょっと洗濯ものを干したり、電車やバスの中だけのちょっとした紫外線でも次の日はひどいです。

愛知県の名古屋市に住んでいるのですが、どこかいい病院はないでしょうか?

ちなみに現在はステロイドは塗っていません。

| なつき | 2010/03/18 8:20 PM |
「なつき」さんの質問に回答いたします。

気になる症状が治らないのは辛いですよね。

一般的には、他の医療機関を受診する必要がある場合は、それまでの治療経過などを記載した紹介状などを持参してから次の医療機関に行くというのが本来の受診の流れだと思います。
自己判断で、次々と異なる医療機関を受診してしまっては、分かるものも分からず、治るものも治らなくなってしまいます。

私は東京都で診療を行っておりますので、愛知県の医療機関については詳しくありません。
すでに多数の医療機関を受診しているにも関わらず「どこかいい病院は・・・」という考え方を、まずは改めてみるべきだと思います。
せっかく大学病院のような総合病院まで受診している訳ですから、その担当医とよく相談し、必要があればより適切な医療機関を紹介してもらうようにされてはいかがでしょうか。

以下のブログも参考にしてください。

「ドクターショッピング」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=523899
| 副院長 | 2010/03/26 5:03 PM |
酒さよう皮膚炎で悩んでいます。

現在通院しておりますが、一年近くプロトピックを処方されています。
三日間位、プロトピックを塗らないと赤みとぶつぶつがひどいです。
あまり、病院を変えるのは良くないのかと思い近くの中央病院に通っていましたが、一年近くたっても良く成らなくて、首の方まで、ぶつぶつが出てきました。

先生は私にはプロトピックが合っているので使い続けるほうが良いといいますが。。。

病院を変えたほうが良いのでしょうか?

世田谷区に住んでいます
| あやこ | 2010/04/14 2:14 PM |
「あやこ」さんの質問に回答いたします。

このブログ上で診察を行うことはできませんし、診察をせずに診断や治療を行うことは不可能です。
当然ながら、診察をしていない私には「病院を変えたほうが良いのでしょうか?」という質問に回答することもできません。

ブログ本文中にも記載した通り、ステロイド外用薬が原因の「酒さ様皮膚炎」であればステロイド外用薬を中止する必要がありますし、プロトピック軟膏が原因の「酒さ様皮膚炎」であればプロトピック軟膏を中止する必要があると思います。

1年も実際の症状を診察している担当医がいるのであれば、その医師とよく相談し、必要があれば他の医療機関(できれば皮膚科専門医の診察が受けられる医療機関)を紹介していただいてはいかがでしょうか。
| 副院長 | 2010/04/19 10:28 AM |
始めまして。2年余り前から「酒さ」と診断されまして{ピドキサール10.ハイボン20を飲んでいますが良くなりませんので、先日プロトピック軟膏を朝夕2回塗るように言われましたが、ステロイドの副作用が心配ですので、他に飲み薬と
軟膏等は無いでしょうか?お忙しい所宜しくお願いいたします。


| かずえ | 2010/04/27 10:35 AM |
ご回答ありがとうございました。
その後、新しい皮膚科を受診致しましたが、プロトピックで酒さよう皮膚炎になることは、絶対にありません。との事でした。今まで、ステロイドは一年前の一度、一週間しか使っていないのですが。。。プロトピックをまた、出されました。2か所とも皮膚科専門医の方なのですが。心配なら、薬品会社のホームページで確認してください。と言われましたが、プロトピックでも酒さよう皮膚炎になるのですよね?
| あやこ | 2010/05/03 9:20 PM |
「かずえ」さんの質問に回答いたします。

「酒さ」というのは、慢性に経過する症状ですが、病気というよりも肌質のようなものであると考えられます。
ステロイドの外用などが原因・誘因となって生じる「酒さ様皮膚炎」とは異なります。

ですから、特に「酒さ」に効果的な治療法がある訳ではなく、そもそも治療を行う必要もありません。
しかし、症状の経過によっては美容面を気にされる場合もあるため、その症状に応じた治療法を試みることになります。

以下のブログも参考にしてください。

「酒さ」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=582408
「ステロイド外用薬の作用・副作用(その1)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=978905
「ステロイド外用薬の作用・副作用(その3)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=987245
「プロトピック軟膏の使い方」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=455198
| 副院長 | 2010/05/05 1:47 AM |
お忙しい中、早速ご回答頂きまして有難うございます。
「酒さ」は病気で無いとの事で少し安心しました。
又医師から頂いているプロトビック軟膏の作用・使い方も解りましたので、使って見ます、「ステロイド」の心配をしていました。気持ち的に光が見えてきた様で嬉しいです。
有難うございました。
| かずえ | 2010/05/06 7:23 PM |
再び「あやこ」さんの質問に回答いたします。

皮膚科関連の学会などでは、数年前からプロトピック軟膏が原因と思われる「酒さ様皮膚炎」の報告をしばしば耳にするようになりました。

ただし「酒さ様皮膚炎」というのは、誰にでも生じる皮膚症状という訳ではなく、「酒さ様皮膚炎」を起こしやすい体質(肌質)がある人にのみ生じると考えられています。
| 副院長 | 2010/05/12 9:57 AM |
酒さ様皮膚炎と診断され何とかステロイドを抜く事ができましたが酒さの症状は現在もありヒリヒリとした痛みが続いています。病院からはミノマイシン・セディール錠・ジルテック・漢方薬を頂き治療して頂いていますがなかなか効果が出ない状況が続いています。先日、知人の方から星状神経節ブロックという痛みをとる治療方法があるとききましたが酒さの痛みにも効果があるのでしょうか?ステロイドのような後遺症も心配です。ただ毎日のこの痛みは本当に辛く効果が望めるならと思っております。お忙しいと思いますが何卒ご回答頂けますようよろしくお願いいたします。
| akiko | 2010/05/29 12:57 AM |
「akiko」さんの質問に回答いたします。

神経ブロックを行えば、その神経の感覚を麻痺させる訳ですから、当然痛みも無くなると考えられます。
しかし、皮膚科で行われる治療ではありませんので、神経ブロックに関しての詳しいコメントはできません。
治療をおこなっている麻酔科(ペインクリニック)にて相談されてはいかがでしょうか。

以下のブログも参考にしてください。

「酒さ」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=582408
| 副院長 | 2010/06/02 12:11 PM |
お忙しい中ご回答頂き有り難うございました。

一番不安だったのが副作用でステロイドの様に一時的に痛みが抑えられてもその後症状が悪化するのではと・・・?
今までの経緯もありご相談させて頂きました。

そうですね。
一度麻酔科(ペインクリニック)にて相談をしてみます。

有り難うございました。 
| akiko | 2010/06/04 6:22 PM |
21歳の女性です。
今年の2月にステロイド性酒さと診断されました。
小さいころからアトピーでしたが、そこまで悪くはなかったものの中学生のころから顔と体にステロイド剤を使用してきました。
今考えてみても、症状は軽かったものの一応塗り続けるという生活を計8年ほど続けてきました。
大学に入るあたりから、顔の皮膚が赤くなってきていた気がするのですが、化粧を初めて化粧で隠せていたので、そこまで問題視していませんでした。
その間もにきびか湿疹かわからないようなものにも全てキンダーベートを塗り続けていました。
しかし、昨年肌が急激に荒れてしまい、久しぶりに皮膚科に行ったところ、強めのステロイドを出され約1カ月ほど、それを使用しました。
しかしに一向に治る気配もなく、不安になり他の皮膚科にいったところ、今度はピーリングを勧められ、その後一カ月ほど市販のピーリング石鹸を朝晩使用してしましました。
もとから肌が薄くて弱いのに、こんなピーリングをし続けるなんて、今思えばもっともっと肌を薄くしてしまうことになったと後悔ばかりです。
その後、にきびなどはよくなったものの湿疹と共に赤みが特に顔の中心部分にひどくなったため、また違う皮膚科に行ったところロコイドをワセリンで薄めた薬を処方され、それを1カ月つけました。
しかし、よくも悪くもならず・・・
むしろ顔の赤みが増した気がして、ステロイドに恐怖心を抱き始め、脱ステロイドを決意しました。
そこで、自分がステロイド性の酒さであることを知りました。
実際、自分でネットで調べていった新しい皮膚科でもそう診断されました。
その後、その皮膚科で行っているクライオサージというスプレー式で液体窒素をかける療法を行うとともに、デルマクリンの外用、ビタミン剤とミノマイシン(抗生物質)を飲むという生活を続け5カ月が経ちました。
以前に比べ、湿疹のように皮膚の表面に出る症状はなくなったものの、皮膚の中の毛細血管が見え、浮き出てはいないものの赤みは依然あります。また、酒さの併発の症状としてあげられている毛穴の開きやテカリがひどくなってきている気がします。
治ると信じてはいるものの、やはりこのように改善の兆しが見えないと心が折れそうになります。
できれば、レーザー治療は避けたかったのですが、以前一向に改善の気配がないので、治療法がレーザー治療しかないのなら心の準備はしようと思います。
ただ、レーザー治療で赤みは消えたとしても、それに伴う毛穴の開きやヒシの分泌などもなくなるのでしょうか・・・。

ステロイドを中止しても、赤みがひく気配がないのでこれからもっと悪化していくのではないかと不安です。

酒さの症状を少しでも改善する方法(食べ物、生活の仕方など)を教えていただけたら嬉しいです。

また、ネットで酒さについて詳しい先生を調べようとしても、なかなか出てきません。

紹介していただけたら幸いです。
もし、住吉医院の先生がお詳しいようであれば、是非通いたいと思っています!
長文失礼しました。
| ゆーみ | 2010/06/29 2:15 AM |
「ゆーみ」さんの質問に回答いたします。

「酒さ」は慢性に経過しますので、症状の悪化を予防することが重要になります。
人によって症状を悪化させる原因・要因は異なるかも知れませんが、急激な温度変化による刺激や、過度の紫外線照射などの刺激を避けるべきだと思われます。
人によっては、飲酒や香辛料などの刺激物を過剰に摂取したことで症状の悪化を招く場合もあるでしょう。
実際の症状を診察している担当医と、よく相談してみてはいかがでしょうか。

また、「酒さ」に詳しい医師というのは、特に聞いたことがありません。
私は「酒さ」や「酒さ様皮膚炎」に関して、あまり詳しい訳ではありませんが、他の医療機関を紹介したこともありません。
「酒さ」は、ありふれた皮膚症状ですから、一般的な皮膚科医であれば誰でも知っているはずです。
心配であれば、皮膚科専門医を受診すれば間違いないでしょう。

以下のブログも参考にしてください。

「ステロイドの軟膏は薄めると弱くなるの?」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=483390
「酒さ」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=582408
「皮膚科専門医」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1020643
| 副院長 | 2010/07/06 6:22 PM |
ステロイドの誤使用による酒さ様皮膚炎は、
ステロイドの使用期間が数週間でも起こることがありますか?

また、皮膚が過敏になったり、かさかさになって
痒いだけで、見た目は酒さのような赤みを帯びた感じで
なくとも、ステロイドの副作用の可能性はありますか?
| みかん | 2010/07/10 10:33 AM |
酒さ様皮膚炎と診断され先週から脱ステロイドし治療を始めました。
今は ビブラマイシン50とセレナール、アタラックスの服用で顔に亜鉛軟膏のみ、水洗いだけというように指示されてますが、先週末から顔頬にぶつぶつが段々でてきてすごく痒く 医師にその状態を伝えたら
「亜鉛軟膏でかぶれたかもしれない。酒さ様皮膚炎はかゆみを伴う人はあまりいないから。顔は水洗いのみであとはなにも塗らないで」
と指示がありました。でも何も軟膏もつけないとますますつっぱって真っ赤になってしまいます。 
みなさんは治療はどのようなふうにされているのでしょうか?
酒さ様皮膚炎の症状ってかゆみないのでしょうか。
酒さ様皮膚炎の症状がいまいちわからなくなりました。
何も塗らないと 細菌感染とかしないか心配です。
亜鉛軟膏のかぶれか 酒さ様皮膚炎の症状かいまいち区別つかず むしろ 軟膏塗らないほうが熱を持ち つっぱって痛いような。


軟膏も塗らず 水洗いのみにして このまま治癒を待つしかないのか 酒さ様皮膚炎の治癒経過がどのような感じか、どうしたら一番いい方法かアドバイスいただけたらと思います。
お医者さんは 何もつけない 掻かない 洗わないの一点張りです。

ちなみに今肌は 両頬に細かいぷつぷつが出てきて 真っ赤で痒い状態。 つっぱって痛いです。自宅療養でしばらく経過を待つため、脱ステロイドを決心して 治療しはじめたところです。
| たぁ | 2010/07/14 1:41 PM |
「みかん」さんの質問に回答いたします。

「酒さ様皮膚炎」というのは、中年女性に多くみられるということからも分かるように、誰にでも同じように生じる訳ではありません。
おそらく「酒さ様皮膚炎」を生じやすい肌質(体質)というのがあるのではないかと思われます。

例えば、強めのステロイド外用薬を10年以上塗り続けても「酒さ様皮膚炎」を生じない人もいれば、かなり弱いステロイド外用薬を数回塗った程度でも「酒さ様皮膚炎」の状態に至る人もいるようです。

つまり、ステロイド外用薬の使用期間よりも、肌質の問題の方が影響が大きいという訳です。

ステロイド外用薬を使用したことで症状が悪化するようなことがあれば、早めに実際の症状を診察している担当医を再診すべきだと思います。
| 副院長 | 2010/07/20 9:31 PM |
「たぁ」さんの質問に回答いたします。

「酒さ様皮膚炎」痒みはほとんど無い場合が多く、どちらかと言えばピリピリとした火照りを感じることが多いようです。

ステロイド外用薬を顔に使用していたことが誘因となって「酒さ様皮膚炎」を生じる場合が多いと言われています。
ステロイド外用薬が誘因となっている場合は、その使用を中止することが治療の中心になります。
ステロイド外用薬の使用を中止すると、一時的に症状(顔の赤みや火照り感)が悪化しますが、徐々に落ち着いてきます。

症状や誘因には個人差があると思いますので、実際の症状を診察している担当医(できれば皮膚科専門医)から詳しい説明を受けるようにしてください。
| 副院長 | 2010/07/21 10:34 AM |
初めまして。26歳の女性です。
今年の4月頃顔(頬)にプツプツができたので、皮膚科に行き「ギンダベート」を処方されました。それを塗ったら1日でよくなったのですが、予防のためと思い毎日塗ってしまいました。
3ヶ月塗り続けた頃にニキビにようなブツブツができたのでまた皮膚科に行ったら、「ダラシンTゲル」を処方され1日塗ったら痒くなったので塗るのを中止し、また病院へ行き「アルメタ」を処方されました。
しかし、1日塗っても改善がみられないため何も塗るのをやめました。すると、余計にブツブツが大きくなったので、7月下旬に総合病院に行きました。
そこで、ステロイドを3ヶ月塗り続けたとこによる「酒さ様皮膚炎」と診断されました。「プロトピック」を処方されて、2週間塗ったのですが、ブツブツが治ることはなく、ネットでプロトピックで酒さになるという情報があったので中止して病院に行きました。
そのことを先生に話しましたが、「プロトピックを続けてください、それが嫌なら自然治療ですね」と言われ、不安になりまた病院を変えました。
そこでは、「プロトピックはやめて、自然治療にしましょう」と言われました。今は、敏感肌用の化粧水を塗っているだけで、ごくたまに化粧をしている程度です。ブツブツは小さくなってきたような気がしますが、なくなることはありません。
ステロイドを塗ったところだけできています。このまま、何もしなくてブツブツは消えていくのでしょうか?治るのにどのくらい時間がかかりますか?前のような肌にはもどりますか?毎日が不安で外に出るのが憂鬱です。
よろしくお願い致します。
| トモミ | 2010/08/28 12:55 PM |
先ほどの追加です。
先生は、このような場合どのような治療法をなさいますか?
よろしくお願い致します。
| トモミ | 2010/08/28 1:11 PM |
「トモミ」さんの質問に回答いたします。

このブログ上で診察をすることはできませんが、ステロイド外用薬が原因の「酒さ様皮膚炎」であれば、原因となっていたステロイド外用薬の使用を中止していれば、いずれ症状が改善していくと思われます。

それ以外の具体的な治療方針については、実際の症状を診察している担当医(皮膚科専門医など)とよく相談するようにしてください。
| 副院長 | 2010/09/07 6:16 PM |
はじめまして。7か月で4本使用した0.05%キンダべートを止めた途端、口の周りが真っ赤になり毎日が憂鬱、藁をもすがる思いでパソコンを開き先生のページにたどり着いた50歳女性です。
「ホルモン剤は使用を誤ると怖い」と知っているつもりでしたが3月から9月まで5回同じ皮膚科を受診。その都度「このままでいい」との指示でいつか治るものと思いなんとなく使っていました。小鼻の横から口の周りにかけてのプツプツにキンダベートを塗ると赤みが引けるので一日に2〜3回指示を守って使っていたところ、8月頃より白っぽいニキビ様のプツプツが広がり、口の周りの皮膚も内側からモコモコした感じになってきました。すると常在細菌による感染とミノマイシンが一日2回処方され、2週間後再受診するとさらに一日3回と増えました。ホルモン剤はそのままでいいと言われ、ホルモン剤を使いながら抗生剤の服用???。私はピロリ菌の除菌もこの3月にしたほど胃腸が弱くなるべく普段から飲み薬を飲まないようにしていたことと、しかも抗生剤を飲むと免疫が下がるのではといった判断で(勝手なのですが)その先生の受診を止めてしまいました。
ホルモン剤を止めて現在一か月。口の周りは真っ赤で火照りピリピリ痛みますが、皮膚のモコモコした感じと白いプツプツは少なくなりました。長くホルモン剤を使ってしまったことが後悔されますが、ネットをみるとステロイドを止めることが先決のようなので赤くて痛いですが様子を見ようと思います。ただこの先赤みが引けるまでの心細さと、脱ステロイドの間赤みで痛む皮膚の治療があるのかなどについてアドバイス頂けるとありがたいです。どうかよろしくおねがいします。
| rituko | 2010/09/22 5:31 PM |
再びすみません。
キンダベートを自分の判断で中止してしまいましたが、このような場合「自然治癒を試みている」ということになりますか?
ただ一か月たってもまだ鼻から口の周りにかけて真っ赤でピリピリ痛みます。結局キンダベートを塗っていた所とまさに一致しています。この頃は唇の上と下それぞれにニキビ様の赤いポツポツも増えてきた感じがします。
皮膚科を受診すれば症状がとれて楽になるかもという思いと、でも治療を中断した患者として「ホルモン剤を使わない治療でお願いします。」と言っていいのかどうか迷います。
何度か受診していながら半年以上キンダベートを処方されていたわけで、言いにくいところもあります。
先生にもよると思いますが、そもそも皮膚科ではホルモン剤を使わない治療は積極的にしないものなのでしょうか?
今後、同じ先生を受診して相談する勇気を奮い起こすか、別の皮膚科を受診し、経過を説明してホルモン剤を使わない治療をして頂ける先生に出会えるのかどうか、それともこのまま様子をみながら外出を控える生活を続けるか、毎日鏡を見て葛藤しています。
プロトピックもあると聞きますが、光に当たられないなどホルモン剤以上に扱いが難しい気がします。
どうしても外出しなければならず、ファンデーションをつけ
た日の洗顔後はさらに赤く痛みます。
元の肌に戻るまでどう対処したらよいのか日々落ち込んでいます。どうか治療の目安を教えて頂けましたら嬉しいです。
| rituko | 2010/09/26 4:27 PM |
先生はじめまして。
愛知県在住のおさると申します。

酒さ様皮膚炎を検索していたらこちらにたどり着きました。

ステロイドの誤使用により酒さ様皮膚炎になり、主治医の下脱ステをして7年になります。

当時から口の周りを中心に白にきびのうような膿をもったぶつぶつができ、治ったと思ったらちがうところにまたできます。

ぶつぶつがない日がない状態です。

当時の主治医には「時間が経てば治るから何もしないでおきましょう」と言われました。

が7年経っても変わらないです。

大学病院に行ってもプロトピック軟膏を出されるだけでしたので止めました。
そのとき調べてもらったら顕微鏡検査ではニキビ菌はいないとのことでした。

インターネットで検索しても時間が経てば治るとしか出てきません・・・。

先生のご意見をお聞きしたいです。

どうしたらいいのでしょうか?
| おさる | 2010/10/01 10:22 AM |
「rituko」さんの質問に回答いたします。

顔に長期間ステロイド外用薬を使用し、その使用を中止してから口の周りに紅斑(赤み)や火照り感などの症状が出現したのであれば、酒さ様皮膚炎(口囲皮膚炎)を生じた可能性が高いと思います。

しかし、このブログ上で診察を行うことはできませんので、現在の症状に対する診断や治療を行うことは不可能です。
もちろん、診察をしていない私が、他院の診療内容に関して批評をするつもりもありません。

現在の症状が、ステロイド外用薬が原因となった「酒さ様皮膚炎」なのであれば、そのステロイド外用薬の使用を中止することで、徐々に症状が改善するものと思われます。
具体的な注意点などは、実際の症状を診察している担当医から説明を受けるようにしてください。

また、「ステロイド外用薬の使用を自己判断で中止すること」と「自然治癒を試みている」ということが同一であるかどうかという質問には、診察をしていない私には回答することができません。
症状の経過あるいは治療経過の報告と併せて、実際の症状を診察している担当医から説明を受けるようにしてください。

一般論になりますが、医療機関を受診される患者さんの症状に対し、治療を行うべきかどうか、治療する場合にはどのような選択肢があるか、その中からどのような治療方法を選択するか、これらを判断したり相談するのが診察です。
ですから、診察をしていない私に治療方針について質問されても、回答することは不可能です。

以下のブログも参考にしてください。

「ドクターショッピング」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=523899
| 副院長 | 2010/10/05 12:08 AM |
静岡在住の 慈雨と申します。 
女性です。

お尋ねしたいのですが
ステロイド誤使用による酒さ様皮膚炎、口囲皮膚炎ですが
この症状はステロイドを外用した部位に限らず その周辺(未外用部位)にも発症が有り得るのでしょうか?

また、使用を止めた後 数ヶ月後に発症することもあるのでしょうか?

先生がお話されてる肌質にもよるのでしょうか?
| 慈雨 | 2010/10/08 9:41 AM |
「おさる」さんの質問に回答いたします。

一般に、ステロイド外用薬が原因となっている「酒さ様皮膚炎」であれば、その使用を中止することで症状は改善すると思います。

原因と思われるステロイド外用薬を中止しても症状が改善しなかったり、新しい皮疹が繰り返し生じているのであれば、「尋常性ざ瘡」や「酒さ」あるいは「顔面播種状粟粒性狼瘡」といった別の症状であるとも考えられるのではないでしょうか。

しかし、このブログ上で現在の皮膚の状態を診察をすることは不可能です。
少なくとも、このブログ上で「・・・どうしたらいいのでしょうか?」という質問に回答することはできません。

大学病院まで受診されているのであれば、診断や今後の治療について、担当医とよく相談するべきではないでしょうか。
| 副院長 | 2010/10/13 9:35 AM |
副院長様

突然の質問にお返事をくださりありがとうございました。

顔面播種状粟粒性狼瘡という言葉を初めて聞きました。

それだけでも私にとっては大きな情報でした。

今でもいろいろな皮膚科(大学病院も含め)診察していただいても、「原因不明」と「ステロイド」「プロトピック」を出されるだけなので、半ば諦めていました。

インターネットしていると私のような状態の方は結構たくさんいらっしゃるようです・・・。

ちなみに名古屋に住んでいますが中々よいお医者様にめぐりあえずにいます。

副院長様のお返事に感謝いたします。
ありがとうございました。
| おさる | 2010/10/14 1:25 AM |
「慈雨」さんの質問に回答いたします。

「酒さ様皮膚炎」あるいは「ステロイド酒さ」と呼ばれる症状は、ステロイド外用薬を使用した部位のみに現れるのが一般的だと思います。
また、通常はステロイド外用薬の使用を急に中止した場合に、その直後から症状が現れるはずです。

しかし、このような反応というのは、誰にでも生じるものではありませんので、肌質(体質)の違いという要素が大きいのだと思われます。
| 副院長 | 2010/10/18 11:53 AM |
先日はお返事頂きましてありがとうございました。
 キンダベートを止めて一ヶ月半、この頃少し赤みが薄らいできました。「時間が経つと赤みが引ける」との先生のコメントが拠り所でした。あまりの赤みに始め半信半疑でしたが、やっと落ち着きを取り戻すことができました。
 それにしても口の周りの尋常でない赤みと灼熱感、それから時折ビリッと走る痛みなど、神経節ブロックの相談をされている方がいらっしゃいましたが、私も分かるような気がしました。肌質の要素もあるということはキンダベートの処方がどう影響するのか私にはもちろんのこと、その先生にとってもわからなかったんだと思えるようになりました。
 人にもよるけれど・・と説明があったら少なくても顔は止めておこう・・と思えたかも。でもそれ以上に忙しそうな皮膚科を受診するのはもう止めようと思いました。なのでを半年間診察してくださった先生のところではキンダベートで完治した患者になってるかもしれません。
 ところで赤みは少なくなったもののニキビ様のブツブツが変わらずあり、思えば半年前鼻の脇から口にかけての溝に沿っていくつかの小さなぷつぷつができそれが痒くて受診したことを思い出しました。そこにステロイドが処方され、塗っているうち白っぽいニキビが広がり、そのうえ口の周りの肌がモコモコしてきてステロイドに疑問が湧いたのでした。自己判断で止めたとろ、激しいリバウンドに驚き、酒さ様皮膚炎になったことを知ったわけです。
 話がそれましたが、そのブツブツは青年性扁平ユウゼイでは?と思いヨクイニンを飲みはじめてみました。そうしたらなんと日に日に数が少なくなり良くなるではありませんか。 始まりはイボだったようです。ステロイド酒さのおさまりと同時にヨクイニンの効果で肌が良くなってきました。
 先生のブログに出会えて感謝しています。ありがとうございました。
 
 

| rituko | 2010/10/21 6:15 PM |
「rituko」さん、再びコメントありがとうございます。

経過は長かったようですが、症状が軽快してきて良かったですね。

皮膚の症状(皮膚疾患)というのは、診察する医師だけでなく、本人にもよく見える症状であるため、経過が思わしくないと不安に感じる患者さんも多いのでしょう。
そのため、早期に的確な診断と治療が行えるかどうか、皮膚科医(皮膚科専門医など)の力量が問われるところだと思います。

多少なりとも、このブログが役に立ったのであれば、私自身も嬉しく思います。
| 副院長 | 2010/10/31 6:05 PM |
去年5月から酒さです。子供が小児科でもらうステロイドの余りも毎日お風呂上りに使ってました。怖いことと知り、やめた途端です。(ほぼ毎日3〜5年ぐらいだと思います)口のまわり、眉間、が主で、赤らみ、一日中、特にお風呂上りが痒くてたまりません。赤らんだ所はゴワゴワヒリヒリむけむけかゆかゆでマスクが手放せません。最初はサトウザルベを塗っていました。病院を変え、今はアズノールという青い薬を塗り、ひどい時には、チンク油という真っ白になる薬を塗っています。でも全然よくなりません。たまに赤みが消え、小さい皮がたくさんめくれてサラサラ?している日もあります。何かきく薬、漢方薬などあるのでしょうか?そしていつまでこの残酷な状態が続くのでしょうか?
| じゅりん | 2011/01/28 6:02 PM |
「じゅりん」さんの質問に回答いたします。

ステロイド外用薬の使用が原因の症状であれば、「酒さ」ではなく「酒さ様皮膚炎」であると思われます。
ブログ本文中にも記載した通り、原因となっているステロイドの外用を中止することが一番の治療になるはずです。

実際の症状にもよると思いますが、積極的な治療法としては、タクロリムス(プロトピック軟膏)の外用やテトラサイクリン系の抗生剤(ミノサイクリンなど)の内服などが一般的でしょう。
副作用に問題が無ければ、ジアフェニルスルホン(レクチゾール)の内服やレチノイド外用薬(トレチノイン軟膏など)の外用なども試みられる場合があります。

次々と医療機関を変えてしまっては、治るものも治らなくなってしまう可能性があります。
実際の症状を診察している担当医とよく相談し、必要があれば大学病院など皮膚科専門医が診察をしている医療機関を紹介していただいてはいかがでしょうか。

以下のブログも参考にしてください。

「酒さ」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=582408
「ドクターショッピング」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=523899
「皮膚科専門医プレート」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1197100
| 院長 | 2011/02/01 10:58 AM |
顔の赤みに悩まされています。
一般に酒さ様皮膚炎はステロイドの副作用で発症するといわれてますが、ステロイドの使用歴が浅い(連続使用2週間程度。ロコイドを使用)場合でも発症してしまうのでしょうか?
また赤みや炎症をとるのにトラネキサム酸は有効でしょうか?
よろしくお願いします。
| トーケン | 2011/04/01 3:28 PM |
「トーケン」さんの質問に回答いたします。

「酒さ様皮膚炎」は、主にステロイド外用薬の誤った使用によって生じるため「ステロイド酒さ」とも言われています。

しかし、このような症状(反応)というのは、誰にでも同じように起こるものではなく、酒さ様皮膚炎を生じやすい肌質(体質)というのがあるようです。
そのため、どの強さのステロイド外用薬をどの程度の期間使用した場合に発症しやすいかという点については、明確な回答をすることは困難です。

一般には、ロコイドなどが含まれるクラス(mild)のステロイド外用薬であれば、顔に使用しても良いとされています。
しかし、ロコイドよりも弱いランクのステロイド外用薬を数回使用しただけでも酒さ様皮膚炎を生じる肌質の人もいますし、逆に、ロコイドよりもずっと強いランクのステロイド外用薬を長期間使用していても酒さ様皮膚炎を生じない肌質の人もいるという訳です。

具体的な治療方針については、実際の症状を診察している担当医とよく相談するようにしてください。
| 院長 | 2011/04/07 11:44 PM |
初めまして、皮膚で悩み続けて10年経ちました。
学生の頃はいわゆるニキビ肌で、薬での治療や皮膚科にもかかってませんでしたが、社会人2年目位からストレスが原因の肌荒れが酷くなり皮膚科での治療を開始しました。当時処方されていたのは抗生物質でした。ニキビと診断され、塗り薬、内服薬でした。しかし全くよくならず、有名な皮膚科を探し、すがる思いで銀座にある女医さんにあいにいきました。はじめは同じように抗生物質でしたがある日「薬かえますね、絶対よくなるから、間違えずに飲む事」と言われ、内服薬プレドニン、塗り薬リンデロンVGを4日間、時間と回数を守り使ったところ、二日後、肌がびっくりするほど奇麗になりました。そしてその2日後みるみる顔が腫れ上がり真っ赤になってすべての毛穴から白いニキビみたいのが出てきてかゆみと痛みが一気にきて黄色い汁が首に流れてきました。皮膚科の先生にすぐ見せたところ「処方通りにしましたか?奇麗になるはずなんですけどね〜」といわれました。。私はその後2週間病院に入りましたが、ステロイドで治療する先生の話も聞き、また一切の薬の使用をやめるという先生の話も聞き「薬を使わない」方法を選びました。薬の副作用から約5年たちました。当時よりは炎症自体は回復しましたが現在の肌の様子は顔全体が赤みを帯びて白ニキビのような小さいぷつぷつが顔中にあり、あごと首の境目のかゆみとおでこのぷつぷつからは毎日汁が出てます。年齢が30歳になり肌の悩みを自分の心の中だけで悩んでいます。でも皮膚科に行くのがとても怖いです。私のような方が今までの患者様でいましたでしょうか?

| miho | 2011/06/23 2:16 PM |
「miho」さんの質問に回答いたします。

ニキビの治療にステロイド薬を使用すれば、通常は症状が悪化するでしょう。
特に、ステロイドを内服薬(飲み薬)で使用すれば、全身の副作用も考慮しなくてはなりません。

また、リンデロンVGというのはステロイド外用薬の分類でも3群:ストロング(Strong)に属し、一般に顔に塗っても良いと言われている4群:ミディアム(Medium)よりも強いステロイドであるため、通常は顔には使用しません。
ブログ本文中にも記載した通り、酒さ様皮膚炎の原因にも成り得ます。

ニキビ(尋常性ざ瘡)の治療に関しては、下記の「尋常性ざ瘡治療ガイドライン」も参照ください。

適切な診断や治療が行われるためにも、信頼できる皮膚科専門医を受診されることが望まれます。
皮膚科専門医は、日本皮膚科学会のホームページ(http://www.dermatol.or.jp)の専門医マップから検索することが可能です。

以下のブログも参考にしてください。

「ステロイド外用薬の分類(ランク)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1139944
「ステロイド外用薬の作用・副作用(その3)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=987245
「尋常性ざ瘡(ニキビ)治療ガイドライン」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=835420
「皮膚科専門医プレート」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1197100
| 院長 | 2011/06/29 9:24 AM |
始めまして。
福岡在住の34歳です。
6月末から口の周りの赤みで悩んでいます。

元々子供の頃からアトピー持ちではありましたが、大人になるに連れて症状は無くなりました。
しかし、何かあるとすぐに唇が荒れ、その度昔から通っていた皮膚科でもらったステロイド剤を塗っていました。
6月にいつもの様に口が荒れ、持っていたステロイド剤を塗ったけど悪化したのでネットで調べて別の皮膚科に今かかっています。
先生は細かく私の症状をカルテに書き込んで飲み薬も症状にあわせて細かく加減してくれていると思います。
ただ、症状は、よくなったり悪化したりを何回も繰り返していて、最近はもう治らないのでは、と不安になってきました。
仕事が接客業なので、今は人前に出るのも苦痛で数日休ませてもらっています。
他の皮膚科にも行って看ていただくべきかと悩んだりもしましたが、皆さんのコメントを読んでいると、病院がどうというだけではなく、単純に治るまでに何年もかかるものなのかとおもいました。
何か少しでも違う治療法がわかるかもしれないから、もう一箇所別の病院でも看てもらってみるべきでしょうか?
それとも今の先生を信じて治療を続けるべきでしょうか?出来ればあまり病院のハシゴみたいな事はしたくはないのですが。
毎日何十回も鏡を見て悩んでいます。

長々と失礼しました。
| nico | 2011/11/01 10:45 PM |
「nico」さんの質問に回答いたします。

ステロイド外用薬が原因で「酒さ様皮膚炎」を生じているのであれば、ブログ本文中に記載した通り、その原因薬の使用を中止することが一番の治療ということになります。

もともとアトピー性皮膚炎があったのであれば、肌荒れしやすい体質を持っていることは間違いないでしょう。
一般に顔の湿疹の治療には、弱いステロイド外用薬しか使用できませんが、最近では免疫抑制薬がアトピー性皮膚炎などの顔の症状に対する治療としてスタンダードになっています。

しかし、このブログ上で診察をすることはできませんし、他の医療機関での診療内容を批評するつもりもありません。
もし、他の医療機関での診察を希望される場合は、実際の症状を診察している担当医とよく相談し、適切な医療機関を紹介していただくのが無難だと思います。

以下のブログも参考にしてください。

「プロトピック軟膏の使い方」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=455198
「プロトピック軟膏の適切な使用量」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1197095
「ドクターショッピング」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=523899
| 院長 | 2011/11/11 11:49 AM |
酒さ様皮膚炎でフラジールという薬が使われると聞いたことがあります。
ニキビダニが原因の酒さ様皮膚炎に使われるのでしょうか?
もし、ニキビダニが原因でない酒さ様皮膚炎に使われた場合、効果はないのですか?

よろしくお願いいたします。

| みか | 2011/11/18 12:09 AM |
「みか」さんの質問に回答いたします。

私は「酒さ様皮膚炎」の治療薬として、フラジールという薬剤を使用した経験がありませんので、効果などについてコメントすることができません。
| 院長 | 2011/11/23 11:44 PM |
結局皮膚科に行っても治らないから
みんなここに書き込んでるんですよ!!
それを皮膚科専門医のとこに行けなんて
筋違いな回答もいいとこです。
| たかゆき | 2012/01/07 9:43 PM |
本当に辛いです・・

毎日 住吉皮膚科のブログを見ています。
昨年11月中旬に60才まで肌のトラブル経験のない私が
埼玉県春日部市にある 私立総合病院の皮膚科に頬と顎にかぶれが出て治療を受けました。キンダーベート0.05%2本とプレトン眼軟膏をもらい 何の説明ない薬局から処方通り塗り 1週間で消え ほっとしたのもつかの間すぐに再発! お正月に入ってしまったので いただいたキンダーベートを塗りつづけていたら、もうザラザラ、ぶつぶつが消えなくなりました。
一切化粧品つかわないで パッチテストしてみましたが、
結果でなくて 私は肌だけが 自慢でしたのに。 皆さまの問い合わせみて治らないのではと 失望しております 専門医と言ってもどこに行けばよいのか 解りません 酒さ様皮膚炎を知っている人もまわりには いませんでした。  結局生命の危険もなく 60才おばあさんの肌に悩みなんて 小さな事と片付けられてしまうんでしょうか?
つるつるの肌を返して下さい と言いたいくらいです。
せめて 使用方法をつたえてくれてたらと・・ 毎日悩んで
おります。
| しほこ | 2012/01/30 4:25 PM |
「しほこ」さんの質問に回答いたします。

皮膚科を標榜している医療機関は全国に多数ありますが、皮膚科専門医が診察を行っているのは、その一部でしかありません。
皮膚科専門医の資格がある皮膚科医であれば、「酒さ様皮膚炎」を知らないということは、まず有り得ないと思われます。

2012年2月現在、全国には5993名の皮膚科専門医がいます。
皮膚科専門医は、日本皮膚科学会ホームページ(http://www.dermatol.or.jp)の「皮膚科専門医マップ」から検索することが可能です。
まずは、近所の皮膚科専門医を探して、受診されてみてはいかがでしょうか。
| 院長 | 2012/02/03 10:41 PM |
始めまして[りえ]と申します。
先生に質問なんですが、ステロイドの静脈注射1回だけでも酒さ様子皮膚炎になることはあるのでしょうか?

手湿疹を掻き壊してしまい、皮膚科を訪れた所ステロイド注射とは知らず打たれてしまったのですが・・・

次の日から、だんだんと顔全体が真っ赤になり火照ってピリピリしてとても痛いです。

元から脂漏性皮膚炎の治療で、10日程ステロイドを使っていたのですが、その時も注射程は酷くならなかったんですが、同じ状態になりました。
やっと脂漏性皮膚炎も顔の赤みも落ち着いたのに本当にショックです。

また、時間が経てば良くなってくれるのでしょうか?

お忙しいと思いますが、回答よろしくお願いします。


| りえ | 2012/02/18 11:05 AM |
「りえ」さんの質問に回答いたします。

一般に「酒さ様皮膚炎」あるいは「口囲皮膚炎」と呼ばれている症状は、顔面(特に口の周り)に強力なステロイド外用薬を塗ったことが誘因となって生じます。

もともと体内には、副腎皮質から分泌されたステロイドホルモンが存在しています。
ですから、内服薬や点滴(静脈注射)などで全身にステロイド薬を使用したとしても、それが少量あるいは短期間であれば、大きな副作用を生じる可能性は低いと思われます。

しかし、酒さ様皮膚炎のような症状は、誰にでも起こるという訳ではありません。
以前にも、外用ステロイドによって酒さ様皮膚炎を生じた経験があるのであれば、ステロイド薬の全身投与によっても同様の反応が生じる可能性があるのかも知れません。

もし、ステロイド薬の使用が原因で酒さ様皮膚炎を生じたのであれば、そのステロイド薬の使用を中止していれば、徐々に症状が改善するものと予想されます。
詳しくは、実際の症状を診察している担当医とよく相談してみてください。
| 院長 | 2012/02/22 10:04 AM |
お返事頂きありがとうございます。

ステロイド注射でもなる可能性はあるんですね。

また質問なんですが、それをきっかけに、酒さになった可能性もありますか?

症状が酒さにも似てる気がするので・・・

首にもステロイドを塗っているのですが、もし酒さ様皮膚炎であれば塗っても大丈夫なのでしょうか?

今通ってる先生にはなかなか聞けなくて。

質問ばかりですみません。
| りえ | 2012/02/22 12:58 PM |
再び「りえ」さんの質問に回答いたします。

私自身は、局所的なステロイド外用以外で「酒さ様皮膚炎」を生じた例を経験したことはありません。
仮に、ステロイドの全身投与によって顔の赤みや火照りを生じたとしても、それを「酒さ様皮膚炎」と診断できるのかどうかは分かりません。

「酒さ様皮膚炎」というのは、文字通り「酒さ」の様にみえる皮膚炎という点から名付けられています。
ですから、どちらも顔に出る症状が似ていて当然でしょう。

一般に「酒さ様皮膚炎」というのは、顔(特に口の周り)に必要以上のステロイドを外用したことが原因で生じるため、別名「口囲皮膚炎」と呼ばれています。
つまり、口の周りなど、症状が出ている部位以外であれば、湿疹などの症状に応じてステロイド外用薬を使用して問題ないと思われます。

詳しくは、実際の皮膚の症状を診察している担当医から説明を受けるようにしてください。
しっかりと、質問に対応・回答してくれる医師(皮膚科専門医など)がいる医療機関を受診することをおすすめ致します。
| 院長 | 2012/02/27 11:51 AM |
はじめまして。

32歳の女性です。

5〜6年前から、鼻の下、唇、口のまわりに
赤い、ぷつぷつとした湿疹が出来るようになりました。
しかし、当時は、その症状はときどきで
毎年、冬になると湿疹が出来ていたので
「乾燥」によるものだと、思っておりました。
特に、薬はつけていませんでした。

昨年の冬くらいから
細かい、赤い湿疹が大量に出来るようになり
よく見ると、先が白く化膿していました。

皮膚科で診察を受けると
やはり「乾燥」によるものだと言われ
保湿のジェル、ロコイドクリーム、ワセリン+ヒルドイドを
処方されました。
ロコイドクリームは、最初の3日間だけで
その後は、ワセリン+ヒルドイドを塗るように、
とのことでした。

ロコイドクリームを塗ると
翌朝には、湿疹が小さくなっていて
ひりひりしていた痛みもなくなっています。

しかし、ロコイドクリームを止めて
2〜3日経つと、また大量の湿疹が出来ます。

あまり、ステロイドのものを塗ると良くない、
と、注意を受けていましたが
今年に入ってから、湿疹の状態がひどいため
5日間くらい間をあけて
ロコイドクリームを塗っています。

見た目も症状も、日に日にひどくなります。

診察を受けた皮膚科からは
「乾燥」による湿疹、としか言われていませんが
自分でいろいろと調べ
私の症状と、よく似ている方のコメントも拝見し
こちらのブログにたどり着きました。

この先、どのような治療を受けたらいいのか、
きちんと治るのか。
病院を変えた方がいいのかも分からず
何かアドバイスを頂ければと思い
突然で申し訳ありませんが、コメントさせて頂きました。

長文、失礼いたしました。
| ゆう | 2012/03/23 1:21 AM |
「ゆう」さんの質問に回答いたします。

乾燥などが原因となっている湿疹であるならば、その湿疹が治まるまで保湿剤やステロイド外用薬などをしっかり塗る必要があると思います。
治りきっていないのに治療を中断してしまっては、症状が再燃して当然でしょう。

また、半年以上も湿疹を繰り返しているのであれば、アトピー性皮膚炎の診断になるかどうかも含めて皮膚科専門医などの診察を受け、タクロリムス(プロトピック)の治療に速やかに変更すべきかも知れません。

一方、ステロイド外用薬が原因の「酒さ様皮膚炎」を生じているならば、原因となっているステロイド外用薬の使用を中止することで症状の改善がみられるはずです。

経過が長いようですので、他の医療機関を受診する場合は、過去の症状や治療薬などが分かるように、紹介状を準備してもらうのが望ましいと考えます。

以下のブログも参考にしてください。

「湿疹って何ですか?」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=647953
「アトピー性皮膚炎」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=441189
「治せ!アトピー性皮膚炎」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?day=20110906
「ステロイド外用薬の作用・副作用(その3)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=987245
「プロトピック軟膏の使い方」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=455198
「ドクターショッピング」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=523899
| 院長 | 2012/03/31 2:59 PM |
初めてコメントさせていただきます。

2年前の出産を機に、化粧かぶれがひどくなり近所の皮膚科で処方されたロコイドを1年間使用し続けた結果、酒さ様皮膚炎になってしまいました。

その後は、都内の専門皮膚科に通い始めて、脱ステロイドをして最悪な日々を過ごしました。

今は、皮膚科で教えられたケアを毎日行っているのですが、最近妊娠が発覚し、症状があり得ないほど悪化しています。

酷くなったときに飲んでいたミノマイシンも今は飲めませんし、痛みとかゆみと赤みの炎症に耐える毎日です。

今は冷やすしかないと思って頑張っていますが、辛い日々を送っています。

妊娠中の効果的な治療はないのでしょうか。
藁にもすがる気持ちです。

どうかご教授ください。
お願いいたします。
| ゆきこ | 2012/09/09 5:03 PM |
「ゆきこ」さんの質問に回答いたします。

ステロイドの外用が原因の「酒さ様皮膚炎」であれば、そのステロイドの外用を中止することで症状が軽快するはずです。
それ以上の治療が必要な状態であれば、実際の症状を診察している担当医とよく相談するべきでしょう。

もちろん、妊娠中の内服薬については、婦人科の担当医などと相談しながら選択するのが望ましいと考えます。
| 院長 | 2012/09/17 10:51 PM |
今現在は使用してなくても以前ステロイドを使用していたら、酒さ様皮膚炎になりますか。
| みぃ | 2013/03/15 8:01 PM |
「みぃ」さんの質問に回答いたします。

「酒さ様皮膚炎」は、主にステロイド外用薬の使用が原因で生じますが、ステロイドの使用を中止すれば、徐々に症状が軽快していくと思われます。

ステロイド外用薬を継続していた場合は、その使用を中止することでステロイドの作用が取り除かれるため、一時的に症状の悪化を招く可能性があります。
しかし、そのままステロイド外用薬の使用を避けていれば、徐々に症状は改善していくはずです。

現在、原因と思われるステロイド外用薬を使用していないのであれば、皮膚炎の原因が他にあると考えるのが妥当だと思われます。
| 院長 | 2013/03/25 11:49 AM |
本日(2013年3月25日)にて、当ページ「酒さ様皮膚炎」のコメント受付を締め切らせていただきます。

5年間にわたって多数のコメントをいただき、誠にありがとうございました。
| 院長 | 2013/03/25 11:52 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/590920
トラックバック