CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 甲状腺機能低下症に伴う脱毛症 | main | 酒さ >>
尖圭コンジローマの外用治療


尖圭コンジローマ(せんけいコンジローマ)」はウイルス性疣贅の一種であり、外陰部または肛門周囲カリフラワー状のイボ(疣贅)が生じます。

治療は、液体窒素を用いた凍結療法が一般的ですが、炭酸ガスレーザーを使用することもあります。
それに加えて、2007年12月から「ベセルナクリーム」(イミキモド)という塗り薬尖圭コンジローマの治療薬として保険適応になりました。

イミキモドとは、インターフェロン(IFN-α)などの化学伝達物質を誘導したり、免疫反応を活性化することで、ウイルス感染細胞にダメージを与える薬剤です。
アメリカでは、すでに1997年に承認されており、世界各国で使用されています。

イミキモドは組織への刺激性が強いため、ベセルナクリームを使用するのは1日おきに週3回だけとし、粘膜部に付着しないようにします。
また、長時間の付着による皮膚への過剰なダメージを防ぐために、寝る前に外用したベセルナクリームは、朝起きた時に洗い流す必要があります。

しかし、これらの尖圭コンジローマの治療法には、それぞれ利点欠点がありますので、どの治療法を選択すべきか、診察を行った担当医とよく相談するようにしましょう。

上の写真は、神奈川県・根府川で撮影した根府川鉄橋です。
(撮影:住吉孝二)
| 院長ブログ | 00:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/580026
トラックバック