CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 蕁麻疹の薬はいつまで飲めば良いの? | main | 扁平母斑 >>
2008年のスギ花粉症


先週、環境省から今年のスギ花粉の飛散量予測が発表されました。

飛散開始は例年より数日早く、東京では2月上旬からスギ花粉の飛散が始まりそうです。
昨年の猛暑の影響もあり、関東では平年より多いスギ花粉の飛散が予想されています。
特に埼玉や山梨では、昨年の3倍を超える飛散が考えられています。

近年では、2005年春の大飛散に次ぐスギ花粉の飛散量になる見通しとのことです。
昨年より長く飛散が続くということですから、十分な花粉症対策が必要になります。

アトピー性皮膚炎などで、アレルギーの薬抗ヒスタミン薬)を飲んでいる患者さんは、内服薬を絶やさないように注意しましょう。
かゆい時だけ薬を飲んでいるという患者さんも、この時期は決められた量を毎日しっかり服用してみてはいかがでしょうか。
| 院長ブログ | 14:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック