CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 稽留性肢端皮膚炎 | main | 「湯たんぽ」ブーム >>
ひょう疽

ひょう疽(ひょうそ)」とは、爪周囲の傷や炎症陥入爪などから生じる「細菌性爪囲炎」です。
特に、細菌感染が皮下脂肪と筋膜の入り込む閉鎖領域に生じると、膿が排出されにくくなるため、激しい痛みを伴います。

症状が悪化すると、爪が剥離することもあります。
緑膿菌が感染している場合には、産生される色素の影響で、緑色の爪になります。

感染した細菌に有効と考えられる抗生物質で治療を行います。
病変部に負担をかけないように注意し、熱を帯びている場合には適度に冷やすことも必要です。
膿の貯留が多い場合には、切開して排膿することもあります。
| 肌のあれこれ | 21:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/512348
トラックバック