CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 寒冷蕁麻疹 | main | 軟膏は1日に何回塗れば良いの? >>
斑状強皮症(モルフェア)

斑状強皮症(はんじょう きょうひしょう)」は、「モルフェア」とも呼ばれ、限局性強皮症の一種です。
限局性強皮症」とは、皮膚に限局して生じる強皮症であり、20〜40歳代の女性に多いと言われています。
全身性強皮症のような全身症状や内蔵病変を伴うことはありません。

斑状強皮症では、円形あるいは楕円形の限局性の皮膚硬化が生じます。
初期には、病変周囲にライラック輪lilac ring)と呼ばれる赤紫色のリングを伴うことがあります。
中心部は、蝋の様な光沢を呈するようになり、皮膚硬化皮膚萎縮を残します。
診断確定のために皮膚生検を行うこともあります。

治療には、ステロイド剤の塗り薬ステロイド剤の局所注射を行うのが一般的です。
ただし、長期間の治療になることが多いため、紫外線療法などを併用する場合もあります。
| 肌のあれこれ | 23:50 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
始めまして。質問したいことがあります。
私は現在50代ですが10代の頃から皮膚に疾患があり、30代に類乾癬と診断されました。
引越しを機会に、病院をかえ50代で菌状性そく肉腫と診断され入院を進められました。(其の間紫外線治療しています。)
もちろん生検をした上での結果です。
入院がいやだったので、別の病院で同じ場所を生検をしました。
ところが、診断はモルフェアと言われ、心配のないものとのことでした。
類乾癬とモルフェア、同種類の病気ですか&#10067;
| のぞみ | 2014/07/15 11:51 PM |
「のぞみ」さんの質問に回答いたします。

「モルフェア」とは、一部の皮膚のみに症状が出現する「限局性強皮症」の一種です。
全身性強皮症のように、他の臓器の症状を心配する必要はありません。

一方の「類乾癬」とは、かなり大雑把な病名であり、具体的には「急性痘瘡状苔癬状粃糠疹」「慢性苔癬状粃糠疹」「リンパ腫様丘疹症」に分類される「苔癬状粃糠疹」と「小局面状類乾癬」と「大局面状類乾癬」に分類される「局面状類乾癬」があります。

特に「大局面状類乾癬」は、皮膚のリンパ腫である「菌状息肉症」と同じ病態と考えられるため、悪性のリンパ腫である「セザリー症候群」への移行が問題となります。

以下のブログも参考にしてください。

「類乾癬」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=758246
「局面状類乾癬」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=748800
| 院長 | 2014/07/16 12:19 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/467318
トラックバック