CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 慢性円板状エリテマトーデス(DLE) | main | 斑状強皮症(モルフェア) >>
寒冷蕁麻疹

寒冷蕁麻疹(かんれい じんましん)」とは、冷たいものに触れたり冷たい風に当たったりした時に生じる蕁麻疹です。
通常は1〜2時間で跡形なく消失します。

冷えた部位のみに膨疹を生じる「局所性寒冷蕁麻疹」と、体温が低下した時コリン性蕁麻疹のような小さな膨疹が多数出現する「全身性寒冷蕁麻疹」の2種類があります。
肝炎ウイルスなどの感染症寒冷蕁麻疹に関係していることもあると考えられています。

ただし、手先あるいは足先だけの症状であれば、凍瘡しもやけ)や、膠原病に伴うレイノー現象かも知れませんので、皮膚科専門医の診察を受けるようにしてください。
| 肌のあれこれ | 12:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/464734
トラックバック