CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 古い軟膏はいつまで使えるの? | main | 大理石様皮膚 >>
アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎」とは、痒みのある湿疹が、良くなったり悪くなったり繰り返す疾患です。
逆に言えば、湿疹を何ヵ月も繰り返していなければ、アトピー性皮膚炎の診断にはなりません。

アトピー性皮膚炎の患者さんの多くは「アトピー素因」と呼ばれるアレルギーを起こしやすい体質を持っています。
具体的には、患者さん自身または家族に、気管支喘息アレルギー性鼻炎花粉症)・アトピー性皮膚炎といったアレルギー疾患があり、IgEというアレルギー反応を起こす抗体を産生しやすい体質があるということです。
また、実際に皮膚炎を生じている皮膚においては、アレルギー反応に関わる様々な種類の細胞が増加しており、軽微な刺激に対しても激しいアレルギー反応を起こしてしまう状態にあると言えます。
しかし、残念なことに、アレルギー体質を完全に消し去るような治療法は、現在の医学には存在しません。

以上のような免疫学的な異常に加えて、皮膚そのものにもバリア機能の異常というのがあります。
皮膚のバリア機能が低下していると、皮膚での適切な水分保持ができなくなってしまうため、乾燥肌になってしまいます。
このような皮膚では、かゆみに対して過敏な状態になっているということも、近年になって分かってきました。
また、皮膚のバリア機能が低下しているということは、皮膚の外からダニやハウスダスト、雑菌などが侵入しやすくなっているということです。
これによって、皮膚炎の悪化感染症を起こしやすくなります。
つまり、外用剤によるスキンケアだけではアトピー性皮膚炎の治療として不十分であり、ダニやハウスダストを除去するような部屋の掃除といった、生活環境の整備なども重要になります。

その他にも、アトピー性皮膚炎を悪化させる原因には、ストレスをはじめとして様々な要素が関係しているため、皮膚炎を繰り返し生じてしまう訳です。

悪化してしまった皮膚炎に対しては、できるだけ早期に十分な治療を行う必要があります。
なぜなら、十分な治療が行われていないと皮膚炎はどんどん悪化し、治療の効きにくいゴワゴワした厚い皮膚になり、色素沈着を残すようになってしまうからです。

そして、アトピー性皮膚炎の治療で最も重要なことは、「軽快した皮膚症状を再び悪化させないための努力を怠らないこと!」です。
「湿疹が悪化してから治療を行い、少し軽快したら治療を止めてしまう」といったことを繰り返していたのでは、いつまで経ってもアトピー性皮膚炎は良くならないのです。
| 肌のあれこれ | 23:00 | comments(13) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
はじめまして。
アトピー性皮膚炎について調べていて先生のブログにたどりつきました。
私は40代の女性ですが、小学生の頃に突然両手の平、指の手のひら側、指先に小さい水疱とかゆみが出るようになり、じゅくじゅくしたり、あかぎれのようにぱっくり割れたりしていました。

この症状がなんなのかは先生によって診断がまちまち(引っ越しが多く、皮膚科だけでも10近く変わってます)なのですが、最近、食物アレルギーのような症状が現れるようになり、アレルギー科でIgEを調べたところ、27と低かったです。

これはアトピーじゃないということなのでしょうか。

結果はまだ今の皮膚科の先生には伝えていませんが、今の先生は「接触性皮膚炎」の診断で、パッチテストはかなりやりましたがすべて陰性。
でも、実際に手に塗ると湿疹…
先生も原因についてはお手上げ状態で、原因は何でも治療法は一緒だから、とフルメタ軟膏を処方されています。

が、薬をつかっても、薬を塗っている部分は治ってもそれ以外の部分が水疱になるので、なんだか、患部を広げているだけのようです。
先生は現在の治療法を変える気はないようです。

治ったところは赤くがびがびに固く乾燥し、それも終わってやっと普通の皮膚になったか?と思うとまた水疱…です。

薬はフルメタのみなので、生活環境の整備と食事、洗剤等アトピー用のもの敏感肌用のものに変えるぐらいしか自分で気をつけるところはなく、生活のほとんどすべてを綿手袋をつけてやっています。

先生が書かれておられる
>「湿疹が悪化してから治療を行い、少し軽快したら治療を止めてしまう」といったことを繰り返していたのでは、いつまで経ってもアトピー性皮膚炎は良くならないのです。

とは具体的にどういう状態を指すのでしょうか。

一時は水仕事も素手で出来るぐらいに良くなっていた事もあったのに、ここ二年上記のような状態で気がめいってます。

ちなみに、現在の皮膚科には五年ぐらいお世話になっています。
| まちこ | 2010/07/27 1:25 AM |
「まちこ」さんの質問に回答いたします。

このブログ上で診察をすることはできませんので、診察をしていない私が「アトピーじゃないということなのでしょうか」という質問に回答することはできません。

「アトピー性皮膚炎」というのは、特に原因がないのに、痒みのある湿疹が良くなったり悪くなったり、体の左右同じような部位に繰り返し生じる皮膚疾患です。

血液中の「IgE」値は、アトピー性皮膚炎の診断に関係ありません。
しかし、アトピー性皮膚炎の多くは「IgE」値が高かったり、いわゆる「アトピー素因」と呼ばれるようなアレルギーを起こしやすい体質を持っていると言われています。

「湿疹が悪化してから治療を行い、少し軽快したら治療を止めてしまう」というのは、言い換えれば「湿疹が悪化してしまうまで治療を開始せず、湿疹が治っていないのに治療を中断してしまう」ということです。

以下のブログも参考にしてください。

「アレルギーの血液検査」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=175116
「進行性指掌角皮症(手あれ)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=492078
「汗疱(異汗性湿疹)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=752753
「ステロイド外用薬の分類(ランク)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1139944
「ウェットラップ手技(Wet Wraps)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=378068
「密封療法(ODT療法)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=211165
| 副院長 | 2010/08/06 10:56 AM |
お忙しいところ、お返事をいただきありがとうございました。

他の記事も読ませていただきました。
私の場合、ずっと治療も続けて行く中で良くなったり悪くなったりを繰り返しているので「アトピー」なのかも…と思いました。

とはいえ、今の症状は、どういう病名でも治療法は同じみたいなので、あきらめて今の薬を続けていこうと思います。
ステロイドを日常的に使っていてこの先どうなるのか?と思いますが、治療と言っても他にどうしようもないようなので…

ありがとうございました。
また読ませていただきます。
| まちこ | 2010/08/23 10:38 AM |
いつもお世話になります。
気になった事があったので質問させていただきます。
アトピーの人が皮膚癌に何も無い人より多少なりやすいという事を聞いたのですが本当のことなのですか?
くり返し炎症を起こすとそこの遺伝子が狂い癌細胞が発生しやすくなるみたいなのですが・・・
人工的に癌を作る実験で、ウサギの耳にコールタールをぬって、炎症を起こさせ、それを一年以上続けると数%のウサギに癌ができるもないです。
それとも皮膚疾患でかゆい時かきむしりそれが何年、何十年と刺激が蓄積され癌が出来る可能性が上がるのですか?
| 村人 | 2010/09/30 4:15 PM |
「村人」さんの質問に回答いたします。

慢性的な熱傷潰瘍や放射線によるダメージなどによって、正常な皮膚の組織が破壊され続けていると、有棘細胞癌を生じやすくなると言われています。
しかし、アトピー性皮膚炎の人が皮膚癌になりやすいという話は、私は聞いたことがありません。

私の個人的な想像ですが、過剰にアレルギーを起こしやすいような体質を有しているのであれば、僅かな異型性も見逃しにくい過敏性があるようなイメージがあり、むしろ発癌しにくいのではないかと思っていました。

詳しくは、人工的に癌を作る実験を行っているような施設などに聞いてみた方が良いのかも知れませんが、私には特にそのような情報や知識がありません。

以下のブログも参考にしてください。

「有棘細胞癌」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=494323
| 副院長 | 2010/10/08 5:46 PM |
今週の火曜日から読売新聞に、アトピー性皮膚炎に関する記事が載っています。私はそれを見て、医者は薬を出すだけが仕事になってしまっているのではないかと思いました。

記事には子供がアトピーになって薬を出されたがよくならず、やがて湿疹が全身に広がる。しかしある医者に出会い、皮膚の状態が回復してきたと載っています。その医者は初診時、2時間もかけて1つ1つ母親の疑問点を整理していったそうです。


私の父は今ガンです。病院でガンと宣告された時、私は「患者自身が何かやった方がいいことはありますか?」と聞きました。医者は「特に何もありません。」と言うだけでした。

父は去年の3月退職してからは、1日中横になってテレビを見ているか寝てるかの生活を送っていました。それは現在も変わっていません。立ち上がるのは風呂かトイレくらいです。そして朝ごはんを抜いたり、味付けしてあるものに大量にしょうゆやソースをかけてそれを口に流し込むといった食生活でした。

半年後の9月、健康診断で血圧、血糖、血中脂質、尿酸、肝臓全ての値が異常値になりましたが、自覚症状がないため特に生活習慣を変えるといったことはしませんでした。

そして今年の6月、ついに自覚症状が表れ、ガンと診断されました。私は明らかに生活習慣が原因で病気になったのだから、抗がん剤と同時に生活習慣の改善をするべきだと思いました。実際、国立ガンセンターのHPには運動と食生活がガンの予防と改善に効果があると載っています。
ならばなぜ医者はそれを積極的に患者に言わないのでしょうか。ガン患者の生活習慣を聞く、それがいかにガンに関わっているか説明する。その上で薬を処方するべきだと思います。


アトピーも同じです。2、3日で治るような病気ならただ薬を処方するだけでもいいかもしれませんが、慢性的な病気には必ず医者が具体的な治療法、予想される症状などを説明するべきです。
病院を転々としてしまう患者は何も好き好んで色々な病院に行っているわけではありません。これは医者の説明不足によって引き起こされていることだと思います。


私の姉はガンが治るという1本1万以上もするドリンクをネットで取り寄せ、父に飲ませています。
新聞の母親も、アトピーに効くと宣伝されている高額な商品を次々買っていったそうです。
これもまさに医者の説明不足によるところが大きいと思います。

良くなったり悪くなったりを繰り返せば、誰だってわらにもすがる思いになります。そしてその弱みにつけこんでくる人たちは当然います。
ならば初診時に「ガンが治る、アトピー完治、そういうものに飛びつかないように。そんなものがあるなら、とっくに医者が処方してます。それを開発した人はノーベル賞だって獲れます。根拠のないことを言って人の弱みにつけこみ、高額な商品を買わせようとしているだけなので気をつけてください。」くらいのことは言うべきです。
それをしっかり言わないから、未だにアトピービジネスなるものが存在しているのだと思います。


診察にそこまで時間がとれないなら、待ち時間のときに問診表を渡して書いてもらうといいと思います。
今までのようなよくある質問だけでなく、具体的に生活習慣を含めた問診表を使えばもっと効果的に効率よく診察できるのではないでしょうか。



医者の言葉というのは病気が重ければ重いほど、患者にとって本当に影響力があります。患部だけを見て薬を処方してお大事にではなく、患者を診る医者が増えてほしいです。
| パン | 2010/12/16 5:57 PM |
「パン」さん、コメントありがとうございました。
| 副院長 | 2010/12/20 11:05 AM |
昨日から読売新聞の医療ルネサンスという欄に、アトピー性皮膚炎のことが載っています。皮膚科医はもちろん、お医者さん全員に見てもらいたい内容です。
| パン | 2011/04/20 6:08 PM |
質問させて頂きます。
ダニアレルギーとアトピー性皮膚炎は同じ症状ですか?ダニアレルギーの人がアトピー性皮膚炎とは限らないのでしょうか?
成人のアトピー性皮膚炎で症状が顔だけに出る人・腕だけに出る人・全身に出る人…同じアトピー性皮膚炎でも、なぜ出る範囲が異なるのでしょうか?
季節の変わり目に症状が悪化しやすいのはどうしてですか?
質問だらけですみません、教えて頂けたらと思います。よろしくお願いします。
| あこ | 2011/10/26 10:54 PM |
「あこ」さんの質問に回答いたします。

一般に「ダニアレルギー」というのは、角質(フケやアカ)を好んで食べるダニ(ヒョウヒダニなど)の死骸や糞などに対するアレルギーのことです。
つまり、ヒョウヒダニなどの死骸や糞に対する抗体が血液中に多いという意味です。
アトピー性皮膚炎の人の多くは、ダニやホコリ(ハウスダスト)に対するアレルギーを持っていると考えられます。

一方の「アトピー性皮膚炎」というのは、アトピー素因を持つ人に多くみられ、特徴的な湿疹を繰り返し生じる場合に診断される病名です。

アトピー性皮膚炎では、同じように乾燥肌になりやすい肌質があったとしても、人それぞれ生活は異なりますから、湿疹の重症度や繰り返しやすい部位も人によって差があります。
乾燥する時期になって湿疹が悪化する人もいれば、汗をかく時期になって悪化する人もいます。

ただし、一般に成人のアトピー性皮膚炎では、乳幼児期のアトピー症状とは異なり、顔を中心とした上半身のみに湿疹が集中することが多いようです。
もちろん、顔の湿疹だけを繰り返している人もいるでしょうし、重症なアトピー性皮膚炎では全身に激しい湿疹を生じている場合もあります。

以下のブログも参考にしてください。

「ダニアレルギーとは?」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=357335
「アレルギーの血液検査」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=175116
「この湿疹はアトピー?」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=134454
「アトピー性皮膚炎の原因遺伝子」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=565347
「アトピー性皮膚炎は何歳で治るの?」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=940980
「治せ!アトピー性皮膚炎」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1197325
| 院長 | 2011/11/02 6:32 PM |
最近アトピーが再発してしまいました

今保険がなく病院にいけないので薬局などで薬を買う場合どのような薬がよいですか?

できれば飲み薬の名前教えてほしいです?
| カズ | 2011/11/08 5:41 PM |
「カズ」さんの質問に回答いたします。

保険(保険証)が無くても医療機関を受診することは可能ですが、自費の扱いになってしまいます。

このブログ上で診察をすることはできませんし、これから訪れようと思っている薬局で扱っている薬剤についても不明です。
ですから、自費で医療機関を受診するか、実際に訪れた薬局の薬剤師と相談してみてはいかがでしょうか。
| 院長 | 2011/11/15 10:52 AM |
わかりました!

ありがとうございました
| カズ | 2011/11/16 10:48 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/441189
トラックバック