CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 褥瘡 | main | アトピー性皮膚炎 >>
古い軟膏はいつまで使えるの?


かなり昔に処方された塗り薬があるんですけど、使っても大丈夫ですか?
このような質問を患者さんから受けることがあります。

チューブの塗り薬であれば使用期限が記されているため、それを参考にすることができます。
しかし、混合して塗りやすいように処方された外用薬は、容器に移し替えているため使用期限を確認することができません。

以前、順天堂大学の薬剤部に問い合わせたところ「容器に入った外用剤の場合、安心して使用できるのは約1ヵ月です。」との回答を得ました。
1ヵ月を過ぎたら使用してはいけないという訳ではありませんが、混合している軟膏の種類によっては、分離したり変色したりするものもあります。
また、チューブの塗り薬に比べて容器の塗り薬は雑菌の混入が多くなるため、何ヵ月も経ったものは使用を控えるべきです。
特に夏場に使用した外用剤は、まだ残っているとしても、そろそろ新しいものに替える時期でしょう。

塗り薬を良い状態にキープするためには、冷蔵庫で保存するのも1つの手ですが、軟膏の種類によっては固まってしまうものもありますので注意してください。

上の写真は、北海道・美瑛で撮影した夕焼けの写真です。
(撮影:住吉孝二)
| 院長ブログ | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/438729
トラックバック