CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 臍石(さいせき) | main | ウェットラップ手技(Wet Wraps) >>
肉芽腫性口唇炎

肉芽腫性口唇炎(にくげしゅせい こうしんえん)」とは、かゆみや痛みなどの自覚症状が無く、突然口唇が腫れる(特に上口唇)疾患です。
腫れは数時間〜数日間続き、その再発を繰り返しているうちに口唇がゴムの様に硬くなることもあります。

肉芽腫性口唇炎原因は不明ですが、金属アレルギー病巣感染などが可能性として考えられてきました。
また、クローン病サルコイドーシスに伴う症状であるという意見もあります。

このような口唇の腫れの他に、皺襞舌(しゅうへきぜつ)と呼ばれる舌の巨大化と片側の顔面神経麻痺を合併した「Melkersson-Rosenthalメルケルソン・ローゼンタール症候群」という稀な疾患があります。
そもそも肉芽腫性口唇炎は、このMelkersson-Rosenthal症候群の軽症例ではないかとも考えられています。

治療は対症療法になりますが、非ステロイド性抗炎症薬の内服ステロイド剤の局所注射などが行われています。
| 肌のあれこれ | 23:00 | comments(9) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
肉芽腫性口唇炎にステロイドの内服は効果的ですか?
| ユラリ | 2012/07/05 5:56 PM |
「ユラリ」さんの質問に回答いたします。

私は、皮膚科医として約15年診療を行ってきましたが、いまだに「肉芽腫性口唇炎」と診断されるような患者さんを実際に経験したことがありません。

ステロイドの局所注射が有効であったという話は聞いたことがありますが、ステロイドの内服については聞いたことが無いので、コメントすることができません。
| 院長 | 2012/07/11 12:31 AM |
肉芽腫性口唇炎とクインケ浮腫の診断の基準の違いを教えてください。今かかっているお医者様からはクインケ浮腫か肉芽腫性口唇炎のどちらかだと言われています。症状は下唇が腫れていて顔もむくんでいます。
| ユラリ | 2012/07/12 7:46 PM |
再び「ユラリ」さんの質問に回答いたします。

「肉芽腫性口唇炎」と「クインケ浮腫」は全く異なる疾患です。

「クインケ浮腫」というのは「蕁麻疹」の一種であり、主に目の周囲や口唇といった皮膚と粘膜の境界部分に生じます。
浮腫性の変化ですから、治まった時には跡形なく消えてしまいます。

一方の「肉芽腫性口唇炎」は、口唇に肉芽腫性の変化を生じる疾患ですから、皮膚生検によって診断が可能だと思います。

以下のブログも参考にしてください。

「クインケ浮腫」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=245464
「蕁麻疹って何?」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1197385
「皮膚生検」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=343263
| 院長 | 2012/07/19 9:17 AM |
肉芽腫性口唇炎は悪性腫瘍なんですか?
| ユラリ | 2012/07/19 5:12 PM |
もう一度「ユラリ」さんの質問に回答いたします。

「肉芽腫性口唇炎」は悪性腫瘍ではありません。

まれな疾患で私には経験がありませんので、今後の質問は診察の結果「肉芽腫性口唇炎」と診断した担当医にお願いいたします。
| 院長 | 2012/07/21 6:53 AM |
一年前の記事への突然の書き込み失礼いたします。

一ヶ月ほど前から唇が部分的に腫れる症状に悩まされています。極々部分的な腫れで痛みも痒みもありません。柔らかく腫れる感じで、触っても良く分からないぐらいです。とにかく自分で感じる違和感が煩わしいです。

というのも、私はトランペット奏者で、唇の感覚に関しては一般の方に比べてとても神経質なのだと思います。腫れる場所は、トランペットのマウスピースのリムが当たるちょうどその位置に沿って現れます。

具体的な症状は、はじめの頃は食事の際にのみ、リム跡に沿って部分的に腫れていました。塩分が唇に触れたり、食べ物を食べた舌で唇を舐めたりすることで徐々に唇に違和感が出始め、腫れます。
腫れると言いましても、外から見てもほとんどわからない程度です。その後一時間ほどできれいに治ります。

しばらく食事のタイミングでのみ出ると言う感じでしたが、最近、朝起きてすぐから違和感が始まり腫れていくようになりました。腫れの程度は相変わらず見ても良く分からないぐらいです。

寝起きに発症するようになってから、皮膚科にかかりましたが、病名も原因もわかりませんでした。アレルギーかもしれないということでアレグラ60を処方されました。飲んでいる期間も症状は改善されませんでした。

職業柄、唇のコンディションがこのように不安定で大変困っております。

トランペットを吹いている間は、腫れが引いたあとの唇の表面の違和感以外は特に症状は出ません。吹いている間や、吹き終わったあとに腫れるということもありません。

普通の方ならこの程度気になさらないかもしれませんが、唇の感覚が命ですので、どうしても改善したく思っております。本当に悩んでいます。

もし何かおわかりになるようでしたら、教えていただけないでしょうか。
よろしくお願い致します。
| らっぱ | 2013/07/16 7:47 PM |
「らっぱ」さんの質問に回答いたします。

「肉芽腫性口唇炎」が疑われるのであれば、皮膚生検などの検査が必要になると思います。
しかし、症状が全く軽快している時期もあるのであれば、「クインケ浮腫」のような、比較的ありふれた疾患から疑うのが妥当でしょう。

以下のブログも参考にしてください。

「皮膚生検」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=343263
「クインケ浮腫」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=245464
| 院長 | 2013/07/22 12:53 PM |
本日(2013年7月22日)にて、当ページ「肉芽腫性口唇炎」のコメント受付を締め切らせていただきます。

6年余りにわたって多数のコメントをいただき、誠にありがとうございました。
| 院長 | 2013/07/22 12:54 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/373509
トラックバック