CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 毛虫皮膚炎(ドクガ皮膚炎) | main | さざ波様色素沈着(dirty neck) >>
ダニアレルギーとは?

一般によく耳にする「ダニアレルギー」とは、次の3つの中でどれでしょうか?

1 ダニに刺された時のアレルギー
2 ダニの死骸や糞に対するアレルギー
3 ダニが皮膚に住み着いた時のアレルギー



1 屋内で刺されるダニには「ツメダニ」や「イエダニ」があります。
屋外で刺される「マダニ」は、薮や山林に潜んでいる大型のダニであり、ライム病の原因になることがあります。

2 人や動物の角質(フケやアカ)を好んで食べるダニは「ヒョウヒダニ」と呼ばれ、その死骸の一部などがアレルギー抗原となります。

3 人の皮膚に寄生するダニには「ニキビダニ」や「ヒゼンダニ」があり、特にヒゼンダニ疥癬の原因となるダニ(疥癬虫)です。

つまり、先ほどの問題は「2 ダニの死骸や糞に対するアレルギー」が正解になります。
アレルギーの血液検査で「ダニにアレルギーがある」ということは「ヒョウヒダニの死骸や糞に対する抗体が血液中に多い」という意味です。

ヒョウヒダニは、殺虫剤で退治しただけでは死骸が部屋に残っており、アレルギー対策にはなりません。
ですから、ホコリが溜まりそうな場所丁寧に拭き掃除するなど、掃除の仕方にも工夫が必要になる訳です。

上の写真は、診察室に展示していた「お馬の親子」の写真の一部です。
(撮影:住吉孝男)
| 院長ブログ | 14:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/357335
トラックバック