CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 抗真菌剤の飲み薬 | main | 癜風(でんぷう) >>
マンゴー皮膚炎

最近では、果物店だけでなくコンビニなどでもマンゴーをよく見かけるようになりました。
マンゴー皮膚炎」とは、そのマンゴーによる接触皮膚炎かぶれ)です。

マンゴーを食べた2日後くらいに、口の周り赤くなり、かゆみを伴います。
特徴的な経過と症状から診断可能ですが、貼付試験パッチテスト)を行えば診断が確定します。

マンゴーはウルシ科の植物ですので、以前のブログにも書いたように、漆器などで手などがかぶれる人はマンゴーで接触皮膚炎を起こす可能性が高いです。
かぶれの原因物質と化学構造が似た成分が含まれるギンナンイチョウの葉カシューナッツなどでも接触皮膚炎を起こす可能性があります。
| 肌のあれこれ | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/349250
トラックバック