CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 平滑筋腫(皮膚平滑筋腫) | main | 抗真菌剤の飲み薬 >>
隆起性皮膚線維肉腫(DFSP)

隆起性皮膚線維肉腫(りゅうきせい ひふ せんいにくしゅ)」は、中年以降の男性に生じることが多い悪性腫瘍です。
表皮(上皮)から発生する腫瘍ではないため、「癌」ではなく「肉腫」と呼ばれます。

始めは皮下の硬いしこりとして自覚することが多いです。
徐々に半球状に盛り上がった腫瘤を生じるようになり、一部がキノコ状に隆起することもあります。
全体に硬く赤褐色調で、びらんになったり痂皮(かさぶた)が付いたりもします。
診断には皮膚生検を行う必要があります。

悪性腫瘍に分類されていますが、進行は緩やかであり、転移を起こすことはほとんどありません。
しかし、通常の手術だけでは再発してしまう可能性が極めて高いため、他の皮膚癌と同様に周囲も深さも十分な範囲を切除する必要があります
| 肌のあれこれ | 14:00 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
住吉皮膚科医院長さま。

はじめまして。naoです。
息子が隆起性皮膚線維肉腫(DFSP)と診断され、情報を集めているなか、当ブログを拝見させて頂きました。
モース手術が有用だという事がわかったのですが、http://minds.jcqhc.or.jp/n/public_user_main.php を見たところ、複雑な手技であり、習得に特別な訓練を要し、標本作製などに専門的な技師も必要となることから、現在日本ではこの手術は行われていないとの事でした。

そこで、ご質問したいのですが、
2016年現在、日本でモース手術が行われている所はございますでしょうか?
また日本おいては、当ブログでも書かれているように、モース手術以外として、通常の外科手術での切除が一般的なのでしょうか?

お忙しい所大変恐縮ですが、目を留めてお答え頂けると幸いです。
| nao | 2016/06/24 2:57 AM |
「nao」さんの質問に回答いたします。

残念ながら、モース手術に関して、私には詳しい知識がありません。

そもそも DFSPのような悪性腫瘍の治療を当院のような個人の診療所で行うことは無く、大学病院などの皮膚科や形成外科で入院の上で外科手術が行われています。
ですから、手術に関する詳しい説明は、大学病院などの皮膚科や形成外科で相談する方が良いと考えます。

私も以前は大学病院の病棟に勤務しており、DFSPの手術も担当しましたが、それは10年以上前のことであり、モース手術に関しては聞いたことがありませんでした。
| 院長 | 2016/06/24 5:53 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/346427
トラックバック