CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 深部静脈血栓症 | main | 陥入爪の治療(アクリルネイル法) >>
麻疹(はしか)

麻疹」とは、俗に言う「はしか」のことであり、麻疹ウイルスに感染すると発症します。
通常は小児科領域の疾患ですが、皮膚症状が強い時には皮膚科を受診される患者さんもいらっしゃいますし、ここ数日のニュースにもなっていますので取り上げてみました。

まず、典型的な麻疹の経過は以下の通りです。
カタル期>(発症〜5日目)
麻疹ウイルスに感染して2週間くらい経つと、約3日間の発熱風邪のような症状が出ます。
この時期には非常に強い感染力があります。
いったん解熱すると同時に、口腔粘膜に白い点状のコプリック斑を生じます。

発疹期>(発症5日目〜10日目)
再び高熱を発し、全身にブツブツと小さな紅斑を生じます。
紅斑は徐々に融合して網目状に拡大しますが、この皮疹に麻疹ウイルスは存在しません。
つまり、この皮膚の赤みは麻疹ウイルスに対する抵抗力が出てきた時に生じる一時的なアレルギー反応と考えられています。

回復期>(発症10日目以降)
4日くらいで急激に解熱し、ポロポロと角質が剥がれ落ちるとともに皮膚の赤みは消え、色素沈着を残して治癒に至ります。
ちなみに学校保健法には「熱が下がってから3日経過するまで登校してはいけない」と定められています。

予防接種を受けていると感染を起こしにくいのですが、過去に予防接種を受けていても麻疹ウイルスに対する抵抗力が不十分であったりすると、大人になってから麻疹にかかることがあります。
これらは「異型麻疹」あるいは「修飾麻疹」と呼ばれ、典型的な麻疹の経過を辿らないために診断が非常に難しくなります。

麻疹はウイルス感染ですので、風邪などと同様に特効薬はありません
安静が最も重要ですが、症状の重症度に応じて対症療法を行います。
まれに脳炎などの合併症を起こす危険性があるため、重症の場合には入院の上でγグロブリンの点滴を行うこともあります。
| 肌のあれこれ | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/337901
トラックバック