CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 点状角質融解症(蚕食性角質融解症) | main | アトピー性皮膚炎の爪(pearly nail) >>
「紅斑」と「紫斑」の違い

虫さされ湿疹など皮膚の炎症によって生じる赤みを「紅斑」、ぶつけたりして生じるアザを「紫斑」と呼びますが、見ただけでは見分けが難しいことがあります。

紅斑(こうはん)」とは、細かい血管が拡張し充血したことによって生じる皮膚の赤みです。
つまり、赤い色は拡張した血管内に増加した血液の色であり、上から圧迫すると血管が潰れて中の血液が移動するため、一時的に赤い色が消えます。
圧迫を外すと充血した状態に戻るため、再び皮膚が赤くなります。

一方「紫斑(しはん)」とは、皮膚または皮下組織への内出血です。
血液は血管の外に出てしまっているため、上から圧迫しても赤紫色は消えません。
皮内出血が起こってすぐの時は血液中のヘモグロビンの色が目立つため赤く見えますが、時間が経過すると徐々に紫色になり、さらにヘモジデリンの色である褐色調に変化します。

要するに、指で押して赤い色が消えるのが「紅斑」であり、指で押しても色が消えないのが「紫斑」なのです。
| 院長ブログ | 09:00 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
在る医院で10ケ月治療を受けています
症状は下肢両方に紫斑といわれるものがベタっとあります
アレジオン錠の服薬とフルメタ軟膏とアンテベートローションの塗布をしていますが かゆみが抑えられるが改善が見られません
治るものなのでしょうか

ご多様のところ誠に恐縮に存じますが ご教示くだされば
有難く思います      並木 拝


| 並木正男 | 2010/07/12 10:40 AM |
「並木正男」さんの質問に回答いたします。

「紫斑」というのは、皮膚あるいは皮下組織へ内出血を生じ、紫色に見える状態のことです。

皮膚または皮下組織で血管外に漏出した血液は、時間が経過すれば自然に吸収されます。
アザ(紫斑)を作ったことがある人なら、誰でも一度は経験しているはずです。

アレジオンは「抗ヒスタミン薬」であり、フルメタおよびアンテベートは「ステロイド外用薬」です。
いずれの薬剤も、抗炎症作用が働くことによって「かゆみ」を軽減しますが、「紫斑」とは直接関係が無いでしょう。
むしろ、これらの強いステロイド外用薬を長期に外用していると、皮膚が萎縮してしまい、軽微な刺激による「紫斑」を生じやすくなります。

以下のブログも参考にしてください。

「ステロイド外用薬の分類(ランク)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1139944
「ステロイド外用薬の作用・副作用(その2)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=983770
| 副院長 | 2010/07/20 10:37 PM |
いつもブログ拝見、参考にさせて頂いております。
質問なのですが少し前から左足の人差し指の爪の左側付け根部分に3ミリぐらいの紫色というより濃いピンク色に変色している所があります。
押して圧迫してみるとその部分が少し薄くなります。
爪が伸びてきてるのですがその部分は移動していなく色の変化もありません。
メラノーマのような悪いものの場合は押しても色が変わる事はなく黒いのですよね?
このような場合は様子を見てみてもよですか?
| たんたん | 2013/11/30 1:10 AM |
「たんたん」さんの質問に回答いたします。

「濃いピンク色」や「押して圧迫してみると・・・少し薄く」という記載から、病変部の症状は「紅斑」と思われます。
つまり、色の正体は血液ということになります。
「爪が伸びて・・・移動していなく」という記載からも、病変は爪の着色では無いことが確認できます。

ホクロ(色素性母斑)やメラノーマのような色素性の病変は、血液の色では無く、メラニン色素の色であるため、紅斑のように圧迫して消える(薄くなる)ようなことはありません。

紅斑というのは症状であり、診断名ではありません。
ですから、診察をしていない状況で「様子を見てみてもよですか?」という質問に回答することはできません。
| 院長 | 2013/12/02 11:04 AM |
返答頂き感謝します。
濃いピンクと表現しましたが血豆のような暗い紫色にも見えます。
どちらにしても押すと薄くなります。
何か変化があるようでしたら皮膚科に行こうと思います。
もう1つ質問したいのですが皮膚科専門医なら普通に見ただけで紅斑、紫斑、ホクロの診断は可能なのですか?
| たんたん | 2013/12/02 10:47 PM |
再び「たんたん」さんの質問に回答いたします。

「濃いピンク」「血豆」「暗い紫色」など、赤い色が含まれる色調は全て血液の色と考えて問題ないと思います。

他の医療機関にいる医師の能力を問うような質問には回答しにくいのですが、紅斑と紫斑の違いや、ホクロ(色素性母斑)の診察であれば、皮膚科においては基本的な診察ですので、皮膚科専門医を受診されれば問題ないでしょう。
必要があれば、ダーモスコープを用いた診察を行うことも可能です。

以下のブログも参考にしてください。

「皮膚科専門医試験」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1101810
「皮膚科専門医プレート」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1197100
「日経ヘルスケア ダーモスコープ」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=423978
「ダーモスコープの新しい機種を導入しました」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1197322

なお、全国の皮膚科専門医は、日本皮膚科学会ホームページ(http://www.dermatol.or.jp)の「皮膚科専門医MAP」から検索することが可能です。
| 院長 | 2013/12/03 10:50 AM |
返答頂きありがとうございます。
色々アドバイスして頂き感謝します。
今はダーモスコープというものがあるのですね!驚きました。
皮膚科専門医の資格は試験が難しく少ないと聞いた事があります。
何かあった場合は診察に行こうと思います。
| たんたん | 2013/12/04 10:55 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/332844
トラックバック