CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 塗り薬:使用量の目安 | main | 毛の生えたホクロって癌になるの? >>
円形脱毛症(単発型)

通常よく見かける円形脱毛症は、頭皮の1ヵ所のみ突然生じる脱毛症です。
これに対し、円形脱毛が多発したり、それらが融合して頭皮全体が脱毛してしまう「全頭型」や、頭髪以外にも眉毛や全身の毛が脱毛してしまう「汎発型」といった重症円形脱毛症もあります。

毛には毛周期(成長期→退行期→休止期)という一定の周期があります。
頭髪の80%は成長期であると言われていますが、その成長期の毛根がリンパ球によってダメージを受けると円形脱毛を生じます。
ですから、円形脱毛症自己免疫疾患の一種であろうと考えられています。

単発型の円形脱毛症は、ほとんどが数ヵ月以内に治ります
難治性の場合や再発を繰り返す場合には、重症円形脱毛症に進行することがありますので、早期に皮膚科専門医を受診するようにしましょう。
| 肌のあれこれ | 09:00 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
円形脱毛症で病院に行きました。
ところが、その病院で冷凍凝固による治療は
保険適用外のため自費になると事務員から言
われました。本?を見せられ疣贅でないと、
保険が通らないからだそうです。
そのため、金額が高くなりそうなので、諦め
ています。
先生の所も、そうなのでしょうか?
| nanasi | 2011/06/23 1:01 PM |
「nanasi」さんの質問に回答いたします。

他の医療機関の診療費に関するコメントであり、非常に回答しにくい内容です。

円形脱毛症の治療の選択肢の1つとして、凍結療法(冷却療法)というのは広く全国で行われています。
日本皮膚科学会が発表している「円形脱毛症治療ガイドライン」にも、弱い根拠があり行っても良い治療として冷却療法が明記されています。

順天堂大学の脱毛症専門外来においても、毎日のように液体窒素を用いた冷却療法が行われていますが、それを保険適応外として扱ったことは無いと思います。
また、私が知り得る限り、ほとんどの医療機関において円形脱毛症の保険範囲内の治療として冷却療法が行われていると思いますし、それが保険請求で認められなかったという話も聞いたことがありません。
| 院長 | 2011/06/28 12:48 PM |
院長先生、ご回答有り難うございました。
追従しての質問で失礼致します。
先生の所で、診療を受けた場合の金額は
どの様になるのでしょうか?
保険適用との事ですが、お教え下さい。
| nanasi | 2011/07/07 1:19 PM |
再び「nanasi」さんの質問に回答いたします。

保険診療である場合、基本的に日本全国どこでも治療費は同じであるはずです。

当クリニックに限らず、液体窒素を用いた凍結療法を行った場合、2100円の治療費がかかります。
3割負担の保険証をお持ちであれば、630円の治療費が加算されます。
| 院長 | 2011/07/12 10:33 AM |
先生、この度は色々とお教え頂き有り難うございました。
早速、治療に行きたいと思います。
| nanasi | 2011/07/14 6:07 PM |
明らかに適応外だと思うのですが。。
当院では返戻になったこともあります。
| 皮膚科院長 | 2016/03/08 9:24 AM |
「皮膚科院長」さんのコメントに回答いたします。

円形脱毛症に対する液体窒素を用いた冷却療法は、推奨度は高くありませんが、日本皮膚科学会が作成する「円形脱毛症診療ガイドライン」にも記載されている治療法です。
一般的に行われている治療法ですので、治療の必要性がわかるレセプトであれば、審査に通ると思われます。

一次審査で「査定」ではなく「返戻」とされたのであれば、レセプトに記載されたコメントや病名が不十分であることを知らせ、訂正する機会が与えられたものと考えられます。
通常は、保険病名を付けることで審査委員に理解してもらえると思います。
詳しくは、レセプト提出先に問い合わせてみてはいかがでしょうか。
| 院長 | 2016/03/11 6:34 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/254312
トラックバック