CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 悪性黒色腫(メラノーマ) | main | 脂腺増殖症 >>
基底細胞癌(基底細胞上皮腫)

基底細胞癌(きていさいぼう がん)」は比較的頻度の高い皮膚癌で、主に中年から高齢者の顔面にできます。
日本人に生じる基底細胞癌は、表面が黒いものがほとんどです。
中央が潰瘍化して周囲が盛り上がっていたり、腫瘍周囲の毛細血管が拡張していることが多いのも特徴です。

ですから悪性腫瘍なのですが、基底細胞癌転移することは少ないため、早期にしっかり治療すれば生命に影響はありません。
しかし、放置してしまうと周囲の正常組織を破壊しながら徐々に増殖してしまうため、できるだけ早期に外科的切除が望ましい病気です。
| 肌のあれこれ | 09:00 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
30歳の男です。
右手首に中心部がカサブタの用になった1〜2mmの出来物があります。
気がついたのは10月ぐらいで特に硬さも無くその時から色も形も変わらずにあります。
基底細胞癌は硬さ、大きさ、形で特徴はありますか?
| ポポ | 2010/12/25 4:21 PM |
「ポポ」さんの質問に回答いたします。

「基底細胞癌」の特徴は、ブログ本文中に記載した通り、圧倒的に高齢者の顔面に生じることが多いことだと思います。
特に、鼻を中心とした顔面の正中(中央あたり)に発生するのがほとんどです。

色は黒っぽく見えることが多く、放置して症状が進行してしまうと、周囲が堤防状に盛り上がって中央が潰瘍化しやすいのも特徴と言えるでしょう。
| 副院長 | 2010/12/27 11:01 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/229383
トラックバック