CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< かゆみ止めの飲み薬 | main | 悪性黒色腫(メラノーマ) >>
皮膚そう痒症

皮膚にはっきりとした発疹が無いのにそう痒感がある場合、つまり「皮膚に何もできていないのにかゆい」症状のことを「皮膚そう痒症(ひふ そうようしょう)」といいます。
皮膚そう痒症には、全身にかゆみが現れるタイプ(汎発性)と、一部の皮膚だけがかゆくなるタイプ(限局性)があります。

かゆみの原因には肝臓や腎臓などの内蔵疾患の可能性があるため、診断に血液検査が必要になることもあります。
他にも、香辛料などの食品や精神的ストレスなど様々な原因があると考えられています。
しかし実際には、乾燥肌が原因でかゆくなっている場合が多いようです。

対症療法としてかゆみ止めの飲み薬などで治療しますが、誘因となるものが見つかれば、それを取り除けるように生活習慣を整えるなどの工夫が必要になります。
原因となる病気がある場合は、もちろんその病気の治療を優先します。
| 肌のあれこれ | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/227750
トラックバック