CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 静脈湖(venous lake) | main | 皮膚そう痒症 >>
かゆみ止めの飲み薬


かゆみを我慢するのは、痛みを我慢するのと同じくらいのストレスになり、場合によってはそれ以上の苦痛を伴うことがあります。

湿疹肌荒れなどの皮膚症状がある場合には、その部位だけ塗り薬を外用するのが治療の基本になりますが、蕁麻疹全身のかゆみを和らげるためには飲み薬が必要になります。

一般に使用される「かゆみ止めの飲み薬」は、抗アレルギー剤抗ヒスタミン剤)と呼ばれる飲み薬で、皮膚のかゆみの原因物質であるヒスタミンなどの作用をブロックします。

飲み薬の副作用には個人差はありますが、眠気を生じやすい点に注意する必要があります。
特にクルマの運転の前などには、抗ヒスタミン作用のある飲み薬は控えるようにしましょう。
また、前立腺肥大がある患者さんは症状を悪化させてしまうことがあります。

薬によっては飲む時間が正しくないと効果が出にくい種類もありますので、担当医とよく相談して正しい内服方法を心がけるようにしましょう。
| 院長ブログ | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/227576
トラックバック