CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 非ステロイド抗炎症薬(塗り薬) | main | コリン性蕁麻疹 >>
猫ひっかき病

ネコに引っ掻かれたり、咬まれたりした傷から細菌感染を起こして発症する病気です。
1〜2週間の潜伏期間の後、傷があった部位が赤くなります。
さらに2〜3週間後から徐々にリンパ節が腫れたり、発熱頭痛などの症状に発展します。

原因となる細菌ネコノミの糞の中に存在し、毛づくろいなどによってネコの口や爪に移動します。
ネコが引っ掻いたり咬んだりすると、その細菌が人に感染すると考えられています。

子供に多い病気ですが、通常は2〜3ヵ月の経過で自然に治ります
ネコに咬まれた時はよく洗浄し、傷口を清潔に保つようにしましょう。
症状が良くならない場合は、抗生物質の飲み薬で治療する必要があります。
| 肌のあれこれ | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/223961
トラックバック