CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 凍瘡(しもやけ) | main | 猫ひっかき病 >>
非ステロイド抗炎症薬(塗り薬)

非ステロイド系の塗り薬は、ステロイドの塗り薬よりも副作用が少ないと考えられていたため、乳児湿疹などによく使われていました。
確かに軽い皮膚炎などでは、非ステロイド抗炎症薬を塗るだけでも十分な効果があります。

小児科などでは、いまだに非ステロイド抗炎症薬が頻用されていますが、ステロイドのような強い効き目は無いため、治療を長引かせたり皮膚炎を悪化させてしまうこともあります。
さらに、アトピー性皮膚炎などで非ステロイド系の塗り薬を長期間使用していると、接触皮膚炎(かぶれ)の原因になりやすいことが知られるようになってきました。

非ステロイド抗炎症薬を長期間塗っている患者さんは、早めに皮膚科専門医を受診し正しい知識を身につけるようにしましょう。
| 院長ブログ | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/223525
トラックバック