CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 診察時間の予約について | main | 人体で最大の臓器 >>
尋常性乾癬

尋常性乾癬(じんじょうせい かんせん)」とは、炎症性角化症に分類される慢性的な皮膚の病気で、日本人の1000人に1人くらいの割合で見られると言われています。

はじめは赤い小さな皮疹だけですが、融合しながら徐々に拡大し、白く厚いかさぶたのような鱗屑を表面に認めるようになります。

から臀部など衣服で擦れて刺激になりやすい部位に生じます。
また、頭皮に生じた場合は、髪の毛が伸びることが刺激となって皮疹を悪化させてしまうこともあります。

かゆみを伴うこともあり、繰り返し起こる皮膚の炎症症状からアトピー性皮膚炎と間違えてしまう患者さんもいますが、両者は炎症のメカニズムが全く異なります。
つまり、アトピー性皮膚炎の人は尋常性乾癬にはならず、尋常性乾癬の人はアトピー性皮膚炎にはならないのです。

治療は主にビタミンD製剤の塗り薬ステロイドの塗り薬で行います。
難治性であるため、症状に合わせて治療法を変えるなど、副作用が出にくいように様々な治療を組み合わせるのが基本になります。
重症の患者さんには、光線療法紫外線療法)や免疫抑制剤の飲み薬を併用します。
どの治療法にも特徴や欠点がありますので、皮膚科専門医とよく相談しながら治療を進めるようにしましょう。
| 肌のあれこれ | 09:00 | comments(9) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
アトピーと乾癬の併合はなぜ無いのですか?
| | 2008/02/20 1:08 AM |
「アトピー性皮膚炎」と「尋常性乾癬」は、慢性的に炎症を起こす皮膚疾患という点では似ています。
しかし、その炎症反応の生じ方は異なるものです。

少し難しい話になりますが、炎症を起こすリンパ球の種類によって「Th1」と「Th2」の2種類の反応があります。
それぞれ、関係するサイトカインなどの化学伝達物質のタイプが異なるため、生体内で両方同時には起こりにくいのです。

「尋常性乾癬」は、Th1病と言われるほど、Th1タイプの反応が中心となっている疾患です。
一方「アトピー性皮膚炎」では、病勢に伴って更に複雑な反応が起こりますが、症状の悪化にはTh2タイプの反応が中心となることが多いのです。
そのため、アトピー性皮膚炎と尋常性乾癬の両方が悪化するという状態は考えにくい訳です。
| 副院長 | 2008/02/20 11:28 AM |
コメントありがとうございます。
では、考えにくいだけであって、起こる可能性もあると言う事ですよね?
| | 2008/02/25 9:29 AM |
人間は生き物ですから、医学的な部分で「絶対に」とか「100%」とかは言いにくいです。
| 副院長 | 2008/02/25 1:18 PM |
乾癬歴13年です。体全体にできていて、オキサロールという塗り薬を塗ってます。 今まで全身にその薬を塗ってたんですが、今妊娠していて、目立つ顔と胸のところにも少しだけ塗っています。できれば母乳で育てたいんですが、薬をぬってると無理ですか?
| さるの | 2008/04/12 1:44 AM |
「さるの」さんの質問に回答いたします。

オキサロール軟膏はビタミンD製剤であり、大量に使用していると高カルシウム血症を生じることがあるため、定期的に血液検査を行った方が良いでしょう。
また、妊娠中や授乳中の使用については安全性が確認できていないため、使用を控えるように言われています。

個人的な意見としては、オキサロール軟膏を使用中に妊娠や授乳をしてはいけないとまでは言い切れませんが、心配であれば安全性が確認されているステロイド剤のみの使用に変更した方が無難だと思います。
| 副院長 | 2008/04/12 8:10 AM |
返答ありがとうございます! 薬を塗ることに不安を感じつつも、長いつわりが続いて、病院も県外でなかなか行けずでした。来月は臨月に入るので近くの病院にいってみます!
| さるの | 2008/04/12 12:26 PM |
「オキサロール軟膏を使用中に妊娠や授乳をしてはいけないとまでは言い切れませんが、心配であれば安全性が確認されているステロイド剤のみの使用に変更した方が無難だと思います」と回答されていますが、安全性が確認されているステロイド剤とは具体的にどのようなものがありますか?
| 栗 | 2010/01/30 8:10 PM |
「栗」さんの質問に回答いたします。

一般に、ステロイド外用薬あるいはステロイド内服薬というのは、副腎皮質ホルモンに類似した成分の薬剤であるため、他の薬剤よりも安心して使用することができます。

外用ステロイド薬はもちろんのこと、内服ステロイド薬も多数の妊婦さんが使用しています。
むしろ、胎児への影響を考慮し、他の全ての薬剤を中止してステロイド剤のみの治療に変更するという妊婦さんが多いと思います。

以下のブログも参考にしてください。

「ステロイドの塗り薬は有害?」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=186048
「ステロイドが悪い薬という噂」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=389144
| 副院長 | 2010/02/02 4:57 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/219851
トラックバック