CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 密封療法(ODT療法) | main | 慢性蕁麻疹 >>
蕁麻疹(急性蕁麻疹)

蕁麻疹(じんましん)」とは、急に赤く皮膚が盛り上がってかゆみを伴い、しばらくすると消えてしまう比較的ありふれた病気です。
通常の蕁麻疹30分〜数時間で治まりますが、何週間も続けて毎日のように繰り返し出現することもあります
夕方から夜にかけて出現し、翌朝には消失するという経過をとることが多いです。

赤みやかゆみが強い場合は、少し冷やしておくと症状が楽になりますが、逆に温まるとかゆみが強くなってしまいます。

食べ物が原因の場合は、特定の物を食べた時のみに蕁麻疹が出現するので原因食物を予想することができます。
原因がはっきりしている場合は、それを避けるようにすることが必要です。

繰り返し蕁麻疹が出る場合には、アレルギー反応を抑える抗アレルギー剤抗ヒスタミン剤の飲み薬が効果的です。
塗り薬は、多少かゆみを軽減する程度であまり大きな効果は期待できません。

普段の生活では、寝不足にならないように規則正しい生活を心がけ、疲れストレスをできるだけ溜めないようにしましょう。
魚介類肉類はできるだけ新鮮なものを食べるようにし、防腐剤添加物を多く含む食べ物を控えめにすることも大切です。
| 肌のあれこれ | 09:00 | comments(8) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
質問なのですがよろしくお願いします。
最近なのですが手足が突然発疹も無いのにすごく痒く掻いてしますとと蚯蚓腫れしてしまいます。
蚯蚓腫れは短時間で治まるのですが痒みはとまりません。
これはアレルギーの症状なのでしょうか?
どのような検査が必要なのでしょうか?
| かんつ | 2011/07/22 3:56 PM |
アレルギー体質の人は免疫作用が常に敏感に働くので癌になりにくいというのを聞いたのですが事実なのでしょうか?
アレルギー体質と薄毛も関係しているというのも聞いたのですが御存知でしょうか?
| もす | 2011/07/24 1:29 AM |
「かんつ」さんの質問に回答いたします。

いわゆる「蚯蚓(ミミズ)腫れ」というのは、膨疹(蕁麻疹)のことであり、掻いた刺激によって生じる膨疹は「機械性蕁麻疹」と呼ばれます。

蕁麻疹の症状は、実際に見たり触れたりすることができますので、特に検査を行わなくても診断が可能です。
| 院長 | 2011/07/27 10:50 AM |
「もす」さんの質問に回答いたします。

私自身もアトピー性皮膚炎などのアレルギー体質があるので、個人的な希望的推測として、癌になりにくいだろうと考えています。

具体的には、特にそのような話は聞いたことがありませんし、薄毛との関連についても聞いたことはありません。

薄毛については、以下のブログも参考にしてください。

「男性型脱毛症(AGA)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=485412
「女性型脱毛症」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=568786
「休止期脱毛症」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1197204
「甲状腺機能低下症に伴う脱毛症」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=577184
| 院長 | 2011/07/27 11:09 AM |
相談です。
宜しくお願いいたします。
金属アレルギーで慢性や急性の蕁麻疹が出る事というのはあるのですか?
| こま | 2011/09/20 1:58 AM |
「こま」さんの質問に回答いたします。

「蕁麻疹」というのは、70%以上が原因不明と言われていますが、1型アレルギーといった即時型の反応で生じます。

一方の「金属アレルギー」は、一般に4型アレルギーといった遅延型アレルギーで生じます。

つまり、それぞれ異なる症状(反応)であると考えて良いでしょう。

| 院長 | 2011/09/28 6:26 PM |
いつもお世話になっております。

また今日も蕁麻疹が出てしまいました。最近の傾向としてエビ?を食べたあとに出ている気がしてなりません。血液検査をしてもらって調べた方がよろしいでしょうか。

万が一エビが原因だったら大好きなのでかなり厳しいです
| Taisuke | 2012/03/29 2:29 AM |
「Taisuke」さんの質問に回答いたします。

蕁麻疹には、原因が明らかなものもありますが、7割以上の蕁麻疹では原因が不明とされています。

明らかに特定の食材(エビなど)で蕁麻疹が出るのであれば、それを避けるのが無難でしょう。

また、疑わしい食材については、アレルギーの血液検査を受けてみるのも良いでしょう。
ただし、アレルギーの血液検査は、あくまで血液中のアレルギー抗体を測定する検査であり、その結果が必ずしも実際の症状と同じように現れるとは限りません。

以下のブログも参考にしてください。

「蕁麻疹の原因」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1193330
「アレルギーの血液検査」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=175116
| 院長 | 2012/03/31 4:26 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/212310
トラックバック