CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< アトピーの子供さんを持つお母さんへ | main | クリーピング病(皮膚幼虫移行症) >>
丹毒

丹毒(たんどく)」とは、皮膚の比較的浅いレベルでの細菌感染です。
(皮膚の深いレベルでの細菌感染は「蜂窩織炎」といいます)

丹毒の発症は、小さな傷などから細菌が皮膚の中に侵入するためと考えられていますが、侵入経路が分からないこともしばしばです。

に生じることが多く、突然発熱するとともに赤く腫れ上がります。
急激に広がり押すと痛みが強いことが特徴です。

腫れて熱をもった部位は、安静にして冷やしておきましょう。

抗生剤の飲み薬による治療で、ほとんどが1週間〜10日で治ります
しかし、できるだけ早期に十分な治療が行われないと、再発する場合もあります。

最近では、同じ部位に何度も再発を繰り返す「習慣性丹毒」という症状も増えてきています。
| 肌のあれこれ | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/197213
トラックバック