CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< アナフィラクトイド紫斑 | main | ステロイドの塗り薬は有害? >>
慢性痒疹

激しいかゆみを伴う「痒疹」のなかでも、数ヵ月以上の慢性に経過するものを「慢性痒疹(まんせい ようしん)」と言います。

慢性痒疹は、症状の違いにより「結節性痒疹」と「多形慢性痒疹」に分類されます。

どちらも激しいかゆみがあるのが特徴で、多くは5mm〜2cmくらいの硬い隆起がたくさん出現します。

掻き壊している場合がほとんどですが、引っ掻くことで悪化するため難治性です。

重症のアトピー性皮膚炎でしばしば見られる症状ですが、虫刺されなどでも掻き続けていることで慢性痒疹の状態になることがあります。

治療には、皮膚への吸収が良いステロイドの塗り薬やテープを使用します。
無意識のうちに掻きむしってしまうため、かゆみ止めの飲み薬も必要です。

重症の場合は、ステロイドの飲み薬を短期間使用することもあります。
他にも、液体窒素冷凍療法ステロイド剤の局所注射紫外線療法などを併用しながら治療します。
| 肌のあれこれ | 09:00 | comments(37) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
ほぼ全身に結節性の痒疹があり、一年以上光線療法を週一回、大学病院で受けておりますが、なかなかよくなりません。。液体窒素療法に興味があるのですが、ためしてみる価値はありますでしょうか。
| tm | 2009/02/07 7:27 PM |
「tm」さんの質問に回答いたします。

慢性痒疹になると難治性ですから、様々な治療を組み合わせて効率良く治療する必要があります。

凍結療法や局所注射も有効ですので、担当医に相談してみてはいかがでしょうか。
| 副院長 | 2009/02/09 5:58 PM |
私の父なんですが、15年ほど前から、ヒドい皮膚病になやまされてます。以前は『じんじょうせいかんせん』と言われ、入退院を繰り返し、今でもステロイドの塗り薬多数や紫外線で皮膚を焼くなどしています。
今だにヒドく、ハッキリとした治療法も見つからずに困り果てます。

数日前ですが『多形慢性痒疹』と診断され、薬をいただきましたが、薬の飲み過ぎで肝臓やらの臓器がやらてしまい、入退して皮膚を焼く事になりました。
何か良い治療法はないかと思い、メールさせて頂きました。
(数日前まで使っていた薬です)
ネオーラル・ディオパン錠40・アレロック錠5・セルベックスカプセル・ガスター錠10・アタラックスーPカプセル25
| みけ | 2009/05/17 8:49 PM |
「みけ」さんの質問に回答いたします。

入院が必要なほど重症の「多形慢性痒疹」ということであれば、設備の整った大学病院のような医療機関で治療を受けるべきだと思います。

実際の症状を診察している担当医(皮膚科専門医)とよく相談してみてください。
| 副院長 | 2009/05/20 10:04 AM |
昨年ブユに刺された足首数箇所が、掻き毟ったせいでしこりになってしまい、いまだに痒みもあります。しこりが恥ずかしく、夏でもあまり肌を出したくありません。しこりは治ることはないのでしょうか?
| ようちゃん | 2009/07/26 9:14 PM |
「ようちゃん」さんの質問に回答いたします。

「ブユ刺症」の場合、時間が経過してから強い痒みを生じやすいため、掻き続けたことで「結節性痒疹」を生じてしまうことがあります。

「結節性痒疹」は「慢性痒疹」の一種であり、重症の湿疹であると考えて良いでしょう。
治療法に関しては、ブログ本文に記載した通りです。

以下のブログも参考にしてください。

「ブユ刺症」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1051781
| 副院長 | 2009/07/29 9:20 AM |
8月に足(足首周辺)40箇所、腕12箇所、首3箇所をぶよに刺されました。痒みがひどく1ヶ月半経過した後皮膚科を受診したところ結節性痒疹になっているとの診断でした。現在は外用薬としてデルモベート、内服でタリオン、セレスタミンを服用しながら併用して窒素冷凍法を2週間に1回のペースで行っています。窒素は3回終了しましたがあまり変わりは無いようにみえます。窒素は回数を行わないと効果が現れてこないものなんでしょうか?首については最初から掻いてはいなかったのですが足等が痒疹の状態になってしまったので首も痒疹になってしまったのでしょうか?因みに現在はどの部位も一切掻いてはおりません。宜しくお願いします。
| りん | 2009/10/14 9:18 AM |
「りん」さんの質問に回答いたします。

「凍結療法」は、施術してからダメージを受けた部位が痂皮化する(かさぶたになる)までに1週間前後かかります。
痂皮化した部位は自然に脱落しますので、効果が現れるまでの期間は「1週間前後〜2週間」と考えて良いでしょう。

詳しくは、実際の症状を診察している担当医(可能なら皮膚科専門医)とよく相談するようにしてください。

以下のブログも参考にしてください。

「ブユ刺症」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1051781
「液体窒素療法(凍結療法)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=474021
| 副院長 | 2009/10/19 11:09 AM |
彼が昨年の9月にぶよに足を数十ヶ所刺され未だに痒みがあり、しかも出血しています。眠っている時に無意識に掻きむしっていると思われベッドのシーツに血が無数についています。慢性化しているのでしょうか?その場合やはり病院で治療しないと完治しないのでしょうか?
| シビア | 2010/01/15 12:06 PM |
「シビア」さんの質問に回答いたします。

既に4ヶ月も経過していますから、慢性と呼べる症状だと思います。
「ブユ刺症」では、十分な治療が行われていないと「結節性痒疹」を生じることが多いです。
早期に必要な治療を受けるようにしてください。

以下のブログも参考にしてください。

「ブユ刺症」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1051781
| 副院長 | 2010/01/19 5:47 PM |
1年1ヶ月前から結節性痒疹に悩まされています。
皮膚科の開業医で治療を受け、東大病院、順天堂なども紹介されて受診しました。治療はステロイド軟膏や、ドレニゾンテープ、液体窒素、抗アレルギー薬の内服です。
いずれも効果ありません。他に治療法はありませんか?
| かな | 2010/02/22 9:32 AM |
「かな」さんの質問に回答いたします。

治療方法については、ブログ本文中にも記載した通りです。

重症であれば、ステロイドの内服や局所注射、PUVA療法やナローバンドUVB療法などの光線療法、さらに重症であれば入院治療になると思います。
いずれも全く治療効果が無いというのは考えにくいです。
| 副院長 | 2010/02/24 10:06 AM |
主人のことなんですが去年の11月くらいからお腹の廻りに発疹がでて皮膚科に通っていたのですが、今では身体中にでて痒くて夜も寝れないほどです。慢性ようしんと言われました。始めは湿疹っていわれ今になって慢性ようしんだなんてありえますか?因みに主人は心臓疾患を持っています
| ももぴー | 2010/03/07 11:36 PM |
「ももぴー」さんの質問に回答いたします。

「慢性痒疹」というのは、その名の通り「慢性」に経過しているために付けられた病名です。
ですから、突然「慢性痒疹」が出現する訳ではなく、原因となる湿疹・皮膚炎を繰り返した後に「結節性痒疹」のような皮疹に至るのです。

ブログ本文中にも記載した通り、重症な場合は他の治療を併用する必要があるかも知れません。
| 副院長 | 2010/03/12 9:25 AM |
1年近く前から家族が固定蕁麻疹で悩まされています。色々な皮膚科や神経関係の病院へ行き、よく見られる治療法の軟膏や、テープ、抗アレルギー薬などで治療を行っています。でもなかなかかゆみもしこりも消えず、かゆみの箇所が増えるばかりでとてもかわいそうです。様々な治療の組み合わせとありましたが、あきらめずこの病気についてよく知る皮膚科をめぐり探したほうがよいでしょうか。それとも色々な専門科を持つ大病院にいったほうがいいのでしょうか。だとしたら何科にいったらよいのでしょうか。

| ゆかり | 2010/05/03 1:41 AM |
「ゆかり」さんの質問に回答いたします。

「結節性痒疹(固定蕁麻疹)」の治療法については、ブログ本文中に記載した通りです。

症状が良くなっていないにも関わらず、自己判断で次々と異なる医療機関を受診してしまっては、治るものも治らなくなってしまいます。
他の医療機関を受診される場合は、過去の経過などが分かるように紹介状などを準備してもらい、必要な医療機関を紹介してもらうようにしてください。

皮膚の症状ですから、皮膚科(できれば皮膚科専門医)を受診するようにしてください。

以下のブログも参考にしてください。

「密封療法(ODT療法)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=211165
「液体窒素療法(凍結療法)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=474021
「ドクターショッピング」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=523899
| 副院長 | 2010/05/10 11:32 AM |
ありがとうございました!参考にさせて頂いて、どうするか相談してみたいと思います。どうしたらよいか困っていたので糸口でもみつかってたすかりましたっ!
| ゆかり | 2010/05/14 2:07 AM |
昨年10月にブヨに30箇所刺され痒疹と診断
されました。塗り薬はアンテベート、飲み薬はアレジオンとビタミン剤です。かゆみも取れず、痕も引きません。このまま治療を続けていいものか悩んでます。他の治療法とかあるのでしょうか?現在通院の先生が何も言わないのでこの方法以外ないのかと思っていますが。こんなに長引くものですか?またこんなに日数がたっても痕はひくのでしょうか?
| ハナ | 2010/05/21 11:08 PM |
「ハナ」さんの質問に回答いたします。

「結節性痒疹」の治療についてはブログ本文中に記載した通り、液体窒素療法やステロイド局所注射、紫外線療法、ステロイド内服などを行います。
詳しくは、実際の症状を診察している担当医(できれば皮膚科専門医)から説明を受けるようにしてください。

以下のブログも参考にしてください。

「ブユ刺症」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1051781
「密封療法(ODT療法)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=211165
「ステロイド外用薬の分類(ランク)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1139944
「液体窒素療法(凍結療法)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=474021
| 副院長 | 2010/05/28 9:46 AM |
ありがとうございました。参考にしてみます。
| ハナ | 2010/06/02 10:11 PM |
最初の虫さされ?の湿疹(1箇所)から、だんだん湿疹の数が増えて、もう5年になります。私の場合、両上肢と足首辺りと膝関節のあたりにあります。ひどいのは両上肢で、この5年間半袖を着ていません。足の方は、少しなのでまだ見えても許せる範囲かと我慢しています。昼間は、痒くても掻かないようにできますが、夜はかなりひっかいてしまい、他の投稿者の方のように、おふとんに血液がいっぱい着いてしまい、誰にも見せなくても、恥ずかしくなるほどです。アレルギー薬・ステロイド剤・ネオーラルなどの内服、局注、液体窒素、ステロイド軟膏塗布、紫外線療法などたぶん全てしてみたと思いますが、良くならず、この2か月程、軟膏とアレルギー薬内服のみにしてみましたが、徐々にまたひどくなっています。やはり少しは紫外線も効いていたのかなと、また再開しようかと考えています。
食生活・ストレス…いろいろ要因もあるから、その点も改善してみてと主治医からも言われたので、いろいろ考えていsていますが。まだ何年も続くのでしょうか?5年ともなると、もはや湿疹があって洋服や温泉にも行けないことの方がストレスを感じます。
| Jane | 2010/06/09 11:16 AM |
「Jane」さんのコメントに回答いたします。

診察した訳ではありませんので、現在どのような皮膚症状であり、何という診断に至ったのか分かりませんが、5年間も症状が改善しないというのは大変なことですね。

5年間も外来での治療を行っても症状が改善していないのであれば、今後は入院治療を考慮した方が良いようにも思えます。
「まだ何年も続くのでしょうか?」という質問と併せて、実際の症状を診察している担当医(できれば皮膚科専門医)とよく相談されてはいかがでしょうか。
| 副院長 | 2010/06/14 9:47 AM |
私は痒疹と診断されました。
手足だけではなく、全身に、すごい数できています。
もう一週間たちます。一週間で胸周りから全身へ広がりました。
痒みが酷いです。
ちなみに中学生です。
すぐに治るものなのでしょうか?
まいにち苦しいです。
| KE | 2010/07/09 4:06 PM |
「KE」さんの質問に回答いたします。

「慢性痒疹」であれば、慢性に経過するから「慢性痒疹」という病名が付けられる訳です。
すぐに治ってしまうような皮膚病変であれば、そもそも「慢性〜」のような病名にはならないでしょう。

実際の症状を診察している担当医によく診てもらってください。
| 副院長 | 2010/07/14 12:03 PM |
 結節性痒疹と診断されました。グチュグチュしていた箇所はかさぶたのようになりましたが、他に少し盛り上がっている部分も2か所程あります。良くなってきたのに、最近小さなぶつぶつ(直径1〜2ミリ)が関係ない両前腕にたくさんでき、日に日に増えていっています。お腹や足指にもできてきました。

Q増えるメカニズムは何ですか?リンパ液や血流で増えるのか、 患部のつぶれた浸出液から皮膚に移っていくのか、何なんでしょう?
 どうしたら増えるのを止めれますか?元の虫さされの患部 が治れば自然に他の部分も治りますか?

 ステロイドの軟膏、ステロイドのテープ、飲み薬を飲んでいます。
| EM | 2011/05/14 11:38 PM |
「EM」さんの質問に回答いたします。

「結節性痒疹」というのは、慢性的な湿疹などから生じるものであり、何も無かった部位に増えるようなことは無いと思います。

虫さされなどの病変が原因となって、他の部位に同じような皮疹が拡大しているのであれば「自家感作性皮膚炎」などが考えられるのではないでしょうか。

このブログ上で診察をすることはできませんので、実際の症状を診察している担当医から詳しい説明を受けるようにしてください。

以下のブログも参考にしてください。

「痒疹【暮しと健康:相談室】掲載記事」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1197273
「自家感作性皮膚炎」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1067025
| 院長 | 2011/05/18 10:13 AM |
以前足をブユに刺され結節性痒疹になってしまいました
最近首周りに何もないところに 痒疹が出現してきました
このまま増えていくのではと心配しています
何もないところにも出てくるのでしょうか
足の痒疹と全く同じ形です。
痒疹は悪性腫瘍や血液疾患に合併すると書いてありますが
きっちり調べたほうがいいのでしょうか
| KN | 2011/11/01 5:20 PM |
「KN」さんの質問に回答いたします。

ブユに刺されたのが原因で「結節性痒疹」を生じたのであれば、刺された部位(足など)に痒疹結節を生じることになります。

もし、ブユ刺症が早期に治らなかったことがきっかけであれば、他の部位に「自家感作性皮膚炎」として症状が拡大する可能性も考えられます。

いずれにしても、このブログ上で診察をすることはできませんので、心配な症状であれば、実際の症状を診察している担当医とよく相談するようにしてください。

以下のブログも参考にしてください。

「ブユ刺症」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1051781
「痒疹【暮しと健康】掲載記事」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1197273
「自家感作性皮膚炎」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1067025
| 院長 | 2011/11/11 11:20 AM |
自分の通っている皮膚科では、「湿疹のひどいやつ」とのみ言われ、病名など具体的なことを一切教えてくれません。
しかし、元々は蚊に刺された後になったもので、画像などを見る限り、どう見ても痒疹だと思います。
2年近く、ニポラジン、クラリチンの錠剤を飲み、アンテベートの軟膏を塗っています。掻くのも我慢していたので、液体が出てくることはなくなりました。皮膚を露出していても人に不快感を与えない程度ではあります。
しかし、ここからが全く改善されません。液体が出てこない程度の湿疹が、出できては少し収まって、という状態を繰り返しており、1年以上経ちました。その間も痒みは続いています。改善の兆しが全く見えません。
ステロイドもそうですが、飲み薬も同じものをずっと続けているのは身体に良くないのではないかと思います。医者にそう話しても、「続けないと治らない」と、やはり具体的なことは言ってくれません。3週間に1回、3分ほどの診察を受け、薬をもらうだけです。無為に時間とお金を消費しているだけに思えます。
自分の通う医者がよくないのでしょうか。ステロイドの件なども含め、大学病院など大病院へ行った方がよいのでしょうか。
| TAK | 2011/11/18 8:50 PM |
「TAK」さんの質問に回答いたします。

文面から判断すると、虫刺症から慢性痒疹(結節性痒疹)を生じているものと想像されます。
もちろん、診察をした訳ではありませんので詳しい説明はできませんが、一般に皮膚(表皮)は約1ヵ月半で新しく入れ替わりますので、気長に治療するにしても、1ヵ月半以上経過しても効果がみられない場合は、治療法を見直す必要があると思います。

詳しくは、以下のブログを参照ください。

「痒疹【暮しと健康】掲載記事」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1197273


皮膚科専門医を受診しているのであれば問題ないと思いますが、他院を受診する場合には、今までの治療経過が分かるように、紹介状などを準備してもらう方が良いでしょう。
なお、全国には5995名(2011年11月現在)の皮膚科専門医がおり、日本皮膚科学会ホームページ(http://www.dermatol.or.jp/)の「皮膚科専門医MAP」から検索することが可能です。
| 院長 | 2011/11/24 12:28 AM |
私は、ブユに2年ほど前刺され、今でも傷跡が残り、目立っています。
色々な薬局で売っている薬を試しましたが効果ありません。
病院へ行ってもかゆみどめを渡されるだけです。
そのかゆみどめを塗っても効果ありません。
| yuu | 2012/04/10 7:36 PM |
「yuu」さんのコメントに回答いたします。

このブログ上で診察を行うことはできませんし、ブログ上で他の医療機関の批評を行うつもりもありません。
ですが、治療が思うように進んでいないのであれば、皮膚科専門医のいる医療機関を受診し、そこで必要があれば大学病院などを紹介していただいてはいかがでしょうか。
全国には5987名(2012年4月現在)の皮膚科専門医がおり、日本皮膚科学会ホームページ(http://www.dermatol.or.jp/)の「皮膚科専門医MAP」から検索することが可能です。
| 院長 | 2012/04/11 12:23 PM |
はじめまして、私も痒疹で悩んでいます。
幼い頃に蚊に刺されて掻きむしってしまい、その傷跡が今もなお残っています。現在は手足に赤い湿疹のようなものができて痒くて仕方ありません。
半年前ほどから受診していた皮膚科の先生にこの間痒疹だと診断されました。

現在はかゆみ止めの飲み薬、保湿剤、ステロイドの塗薬を塗っています。
でも、赤い湿疹のようなものはできつづけて、その上痒いです。
やはり、根気強く塗薬を続けるしかないのでしょうか?
もっと良い治療法はないのですか?

また、残ってしまった傷跡はレーザー治療や皮膚移植などのものでないと消せないのでしょうか?
教えてください。
| みぁ | 2012/09/08 3:03 PM |
「みぁ」さんの質問に回答いたします。

半年もの長期にわたって軽快していないような重症の慢性痒疹であれば、もはや「根気強く塗薬を続ける」という段階ではないように感じられます。

例えば、ステロイド剤による治療であれば、外用するだけでなく、局所注射や内服などの併用を考慮すべきでしょう。
他にも、液体窒素療法や光線療法、免疫抑制剤などの内服など、色々と治療の工夫が必要になるものと考えます。

いきなり傷跡の治療を考えるのではなく、まずは治癒していない慢性痒疹の治療としっかり向き合ってみてはいかがでしょうか。

以下のブログも参考にしてください。

「痒疹【暮しと健康】掲載記事」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1197273
| 院長 | 2012/09/15 12:27 AM |
31歳になる女です!
小さい頃8歳くらいまでアトピーで足の膝裏がひどかったのですが、
それから28歳までとくになにもなく過ごしてきました。
28歳くらいから具合がわるくなると血液検査をするたびに肝臓数値が高いといわれたり、体重が20キロ増えたり、足にだけ(最近腕にできてきました)痒疹ができました。
でも、きれいになおしたいです。
色素沈着やかきこわしで悩んでいます。
ストッキングでも隠れないので
電車にのると女性の足をみて、ため息です。

| 美樹 | 2014/09/25 9:16 AM |
「美樹」さんの質問に回答いたします。

もともとアトピー性皮膚炎があるなど、いわゆるアトピー素因があると、皮膚が乾燥しやすく湿疹を生じやすい可能性が考えられます。
炎症後色素沈着を最小限に抑えるように、早期に適切な治療を行うようにしてください。

炎症後色素沈着のみになれば、保険適応外の治療も含めて、美容外科あるいは美容皮膚科で相談することで選択肢の幅が広がると思います。

以下のブログも参考にしてください。

「痒疹【暮しと健康】掲載記事」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1197273
「炎症後色素沈着」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=282181
| 院長 | 2014/09/26 12:14 PM |
本日(2014年9月26日)にて、当ページ「慢性痒疹」のコメント受付を締め切らせていただきます。

8年近くにわたって多数のコメントをいただき、誠にありがとうございました。
| 院長 | 2014/09/26 12:16 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/185025
トラックバック