CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 男性型脱毛症(AGA)治療薬の新CMと治療費用 | main | メディソープクリア >>
食物アレルギー(小児)

食物アレルギー」は、アレルギーの血液検査だけでは診断できないこともあります。
血液検査は、IgEというアレルギーの抗体の量を測るので、確かに食物アレルギーの参考にはなります。
しかし、実際にその食べ物を食べて蕁麻疹が出たり、その食べ物を食べなくなったら蕁麻疹が消えたりという症状を確認しなければ、食物アレルギーの診断は確定しません。

特に乳児期は、まだ腸の粘膜が未熟な状態であるので、卵のようなタンパク質を食べると腸で分解されずにそのまま吸収され、食物アレルギーの症状が出やすいのです。

ですから、アトピー性皮膚炎の子供だから食物制限をしなければならないというのは間違いであり、離乳食で蕁麻疹が出るものは全く食べさせないようにするというのも間違いなのです。
無意味な食事制限によって、いつまで経っても何も食べられない子供を作り上げる結果になってしまいます。

しかし、単なる蕁麻疹ではなく粘膜にも症状が出る場合があります。
これは重症であり、口の粘膜が腫れたり、喘息発作を起こしたり、ノドの奥が腫れて呼吸困難になることもあります。
このような最重症の状態はアナフィラキシーショックと呼ばれ、一刻も早く救急外来にて適切な処置が必要になります。
| 肌のあれこれ | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/177219
トラックバック