CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< October 2014 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 爪甲剥離症 | main | 熱傷 >>
軟膏とクリームの違い

皮膚科の治療で用いる薬は、主に塗り薬です。
塗り薬には、大きく分けて「軟膏」と「クリーム」があります。
軟膏クリームは何が違うのでしょう?


軟膏」とは、ベタベタした油脂性基剤の塗り薬です。
皮膚を保護する作用は強いのですが、薬の皮膚への透過性が良くないのが欠点です。
掻き壊した湿疹や、亀裂が入ってしまった手湿疹などに塗っても刺激にならず、あらゆる状態の皮膚に使用できます。
特にアトピー性皮膚炎皮脂欠乏性皮膚炎などのカサカサ肌に適しています。
また、他のクリーム剤と混合することで皮膚に浸透しやすくなるので、当クリニックでも相性の良い組み合わせの混合外用薬を処方しています。


クリーム剤」とは、水と油を混ぜ合わせて作った乳剤性基剤の塗り薬です。
軟膏ほどベタつきが無く、薬が皮膚へ浸透しやすいのが特徴ですが、傷に塗ると刺激になりやすく痛いこともあります。
慢性化して皮膚が厚くなった湿疹、硬くなった痒疹などに効果的です。
水虫の治療クリーム剤が多く用いられるのは、角質への浸透を良くするためです。

他にも、ローション剤ゲル状の基剤など様々な基剤の塗り薬がありますので、皮膚の症状に合わせて最も適した塗り薬を処方してもらえるように、皮膚科専門医と相談するようにしましょう。
| 院長ブログ | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/166346
トラックバック