CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 足の裏のホクロ | main | 尋常性疣贅 >>
陥入爪

陥入爪(かんにゅうそう)」とは、爪の片側または両側が皮膚に食い込んで炎症を起こした状態です。
特に爪の彎曲が強く巻き込んだ状態を「巻き爪」とも言います。

陥入爪を起こす原因の中で、最も多いのが「爪の切り過ぎ」です。
爪の切り過ぎ、つまり深爪を繰り返していると、爪が伸びる時に徐々に皮膚に食い込み易くなり、より陥入爪が進行してしまいます。

ですから、陥入爪の予防は「深爪をしないで爪を四角く伸ばす」ことです。


上の写真は足ですが、陥入爪細菌感染を併発して腫れ上がった状態です。
こうなってしまうと、痛くて歩くのも困難になります。
| 肌のあれこれ | 09:00 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
陥入爪について、お聞きしたいのですが・・・

私も、上の写真のように、親指の爪の周りが化膿しているようで赤く腫れ、爪は黄色に変色しています。
長時間歩くと痛みが出てきますが、手術などしたほうがよいのでしょうか?
| 陥入爪 | 2012/05/06 2:10 AM |
「陥入爪」さんの質問に回答いたします。

このブログ上で診察をすることはできませんが、「化膿して・・・」であれば、まずは化膿した状態を抗生剤などで治療すべきかも知れません。
また、陥入の状態によって、テーピングなどの工夫をしたり、弾性ワイヤーによる爪の矯正を試みるなど、治療法や予防法は様々でしょう。
陥入爪根治術などの手術は、治療の最終手段と考えてはいかがでしょうか。

以下のブログも参考にしてください。

「爪の正しい切り方(陥入爪の予防)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1099706
「足のツメの正しい切り方」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1197225
「陥入爪の治療(テーピング法)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=707671
| 院長 | 2012/05/15 7:48 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/127078
トラックバック