CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 頭部乳頭状皮膚炎 | main | トコジラミ刺症 >>
「いぼ」って何?



いぼ」と言えば、皮膚の表面に生じた突起物をイメージすると思います。

皮膚科的には、これらの「いぼ」のことを「疣贅(ゆうぜい)」と呼んでいます。

実際には具体的な病名がたくさんありますが、大きく分けると「ウイルス性の疣贅」と「加齢に伴う疣贅」に分類されます。


<ウイルス性疣贅>

ウイルス性疣贅」の大部分は、パピローマウイルス(HPV)の感染によって生じます。
その中で、最も一般的な疣贅は「尋常性疣贅(じんじょうせい ゆうぜい)」です。
典型的な尋常性疣贅は、表面がザラザラとした小結節で、疣贅の表面近くまで入り込んだ血管が黒い点々として見える場合があります。
足の裏手の指先などに生じることが多く、小児ではウオノメができたと勘違いするケースが非常に多く見受けられます。


扁平疣贅(へんぺい ゆうぜい)」あるいは「青年性疣贅(せいねんせい ゆうぜい)」も、パピローマウイルスの感染によって生じます。
成人から手の甲にかけて、隆起の少ない小さな疣贅が多発します。


尖圭コンジローマ(せんけい こんじろーま)」もパピローマウイルスの感染ですが、通常は性感染症の一種として生じます。
外陰部肛門周囲に、丘疹状の疣贅が多発し、徐々にカリフラワー状に拡大する場合もあります。


パピローマウイルス以外のウイルス性疣贅には、「伝染性軟属腫(でんせんせい なんぞくしゅ)」があります。
いわゆる「みずいぼ」のことです。
ほとんどが小児に生じますが、アトピー性皮膚炎などで乾燥肌があると、肘の内側膝の裏にも生じやすくなります。
プールの水で感染することはありませんが、肌が接触することによって感染する可能性があるため、プール管理者の指示によって治療をすすめられる場合があります。
特に指示が無ければ放置しても構いませんが、治るまでに半年から数年かかります。
典型的な新しい伝染性軟属腫は、1〜3mm程度で表面に光沢があり、半球状の白い疣贅の中央に凹みがあります。
このような新しい疣贅が増えている場合には、早めに治療を受ける方が良いでしょう。


<加齢に伴う疣贅>

一方、ウイルス感染と関係のない疣贅には「軟性線維腫(なんせい せんいしゅ)」があります。
正常な皮膚と同じ色の、有茎性でとても柔らかい疣贅です。
小さなものは、首周り腋の下に増えてきて気付くことが多いようです。


同じく、加齢とともに増えてくる「老人性疣贅(ろうじんせい ゆうぜい)」もウイルス感染とは関係がありません。
20歳くらいから生じる場合もあるため、老人性疣贅という病名は必ずしも適切ではなく、皮膚科的には「脂漏性角化症(しろうせい かくかしょう)」という病名を用いています。
褐色調の結節として生じていることが多く、痒みを自覚する場合もあります。


<治療>

以上のように様々な種類の疣贅がありますが、どれも保険診療で治療を行うことが可能です。

しかし、ウイルス性疣贅に対しては特効薬というものが存在しないため、様々な治療が行われています。

多くの疣贅では、液体窒素(−196℃)を用いた冷凍凝固法が行われていますが、外科的な切除摘除塗り薬での治療、ヨクイニン内服など、疣贅の種類や症状に応じて治療法が選択されます。


上の写真は、徳島県・鳴門海峡で撮影した渦潮の様子です。
(撮影:住吉孝二)


JUGEMテーマ:健康




病気・症状ランキング
| 院長ブログ | 18:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/1197610
トラックバック