CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 低温やけどについて知りたい【ゆたか冬号掲載記事】 | main | 「Let the River Run」Carly Simon >>
毛孔性角化症(毛孔性苔癬)

毛孔性角化症(もうこうせい かくかしょう)」とは、毛孔が開大し、その中に角質が詰まっている状態のことです。

主に、上腕二の腕)や大腿太もも)の外側で、毛孔がザラザラと目立った状態になっていることで気付くことが多いようです。

毛孔に一致して、赤み色素沈着がみられますが、痒みのような自覚症状はほとんどありません

しかし、若年者にとっては気になる症状の1つになってしまいます。

毛孔性苔癬(もうこうせい たいせん)」とも呼ばれており、遺伝傾向があると考えられています。

毛孔性角化症は、非常に頻度が高く、多くは小児の頃から症状が出現します。

男性(男児)では、顔(左右の耳前部から頬にかけて)にも毛孔性角化症を生じる場合があり、これは「顔面毛包性紅斑黒皮症(がんめん もうほうせい こうはん こくひしょう)」と呼ばれています。

毛孔性角化症は、思春期に悪化することが多いですが、思春期を過ぎると自然に治ってくることもあります。

治療には、尿素サリチル酸など角質溶解薬を含む外用薬がよく使用されています。
妊娠の心配がなければ、ビタミンA軟膏も効果的です。


JUGEMテーマ:健康

| 肌のあれこれ | 17:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/1197605
トラックバック