CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 乳児血管腫(苺状血管腫) | main | ルビースポット(ruby spots、senile angioma) >>
ステロイド外用薬の分類

ステロイド外用薬とは、副腎皮質から分泌されるホルモンに類似した薬剤を人工的に作り出したものです。

成分に違いによって薬の強さが異なるため、以下のような5段階に分類されています。



強さの異なるステロイド外用薬を使い分けるには、いくつかの理由があります。

まず、皮膚病変の状態や重症度による違いです。

例えば、かぶれ接触皮膚炎)などで急激に強い炎症反応が生じている場合には、短期間に強力なステロイド外用薬を使用するのが効果的です。
また、慢性化して皮膚が肥厚した湿疹(苔癬化)や痒疹などでは、強力なステロイド外用薬を長期間使用する必要があります。

次に、部位による吸収率の違いという点です。

顔の皮膚では、体の皮膚に比べて10倍もステロイド外用薬の吸収率が高いと考えられています。
そのため、一般に顔に塗っても良いとされているステロイド外用薬は、4群ミディアムあるいはマイルド)までの弱いものだけです。

逆に、ステロイド外用薬の吸収率が悪い部位には、手の平(手掌)や足の裏(足底)があります。
手掌足底には外用薬が浸透しやすい毛孔が全く無く、さらに角質が非常に厚いため、顔の皮膚に比べて50倍〜100倍も吸収率が低いと言われています。

年齢によっても吸収率が異なり、小児乳幼児では、外用薬の吸収率が非常に高いと言われています。
また、高齢者でも皮膚が薄くなっているために、外用薬の吸収率が高くなっていると考えられます。

ステロイド外用薬には60年以上の使用経験があり、効果副作用も十分に分かっているため、他の外用薬に比べると安心して使用できる薬剤です。

しかし、ステロイド外用薬不適切に使用していると、様々な副作用皮膚が薄くなる、毛深くなる、マラセチア毛包炎体部白癬などの感染症ステロイド潮紅酒さ様皮膚炎など)を生じてしまう可能性があるため、強さを使い分ける必要があります。

具体的なステロイド外用薬には、以下のものがあります。

1群:ストロンゲスト(strongest)
デルモベート(マイアロン、デルトピカ、ソルベガ、マハディ、クロベタゾールプロピオン酸エステル)、ジフラールダイアコート、アナミドール、ジフロラゾン酢酸エステル)など

2群:ベリーストロング(very strong)
フルメタ(マイセラ、フランカルボン酸モメタゾン)、マイザー(スチブロン、ジフルプレドナート)、リンデロンDP(デルモゾールDP、ベタメタゾンジプロピオン酸エステル)、ネリゾナテクスメテン)、トプシム(シマロン、フルオシノニド)、アンテベート(アンフラベート、サレックス、ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル)、パンデル(イトロン、酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン)など

3群:ストロング(strong)
メサデルム(メインベート)、リンデロンVベトネベート、デルモゾール、ベクトミラン、ベタメタゾン吉草酸エステル)、ベクラシンボアラザルックス)、フルコート(フルオシノロンアセトニド)、エクラー(アロミドン)など

4群:ミディアム(medium)、マイルド(mild)
リドメックス(スピラゾン、ユーメトン、プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル)、アルメタ(ビトラ、タルメア)、レダコートトリシノロン)、ロコイドキンダベート(パルデス、キンダロン、クロベタゾン酪酸エステル)、デキサメサゾンオイラゾン、デキサメタゾン、グリメサゾン)など

5群:ウィーク(weak)
プレドニゾロンクロマイP(ハイセチンP)など

これらの薬剤は全て異なる成分であるため、それぞれ作用の強さも異なります

皮膚科専門医は、この5段階に分類された薬剤をさらに細かく分類しながら治療に使用しています。
ですから、実際の症状を診察している皮膚科専門医の指示に従い、あまり自己判断をしないようにしましょう。

JUGEMテーマ:健康

| 院長ブログ | 16:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/1197597
トラックバック