CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 「Hold Back The River」James Bay | main | ニキビ治療(過酸化ベンゾイル)による衣服の色落ち >>
ウオノメ(鶏眼)とタコ(胼胝)の違い

足に合わない靴を長時間履いていたりすると、ウオノメタコを生じてしまいます。

これは、圧力刺激から皮膚を保護しようとして起こる角質増殖反応です。

また、加齢とともに足底の皮下脂肪が萎縮することでクッション性が低下したり、外反母趾のような足趾の変形を生じることも、ウオノメタコを生じたり悪化させたりする誘因となります。


皮膚科的な病名としては、ウオノメを「鶏眼(けいがん)」、タコを「胼胝(べんち)」と呼んでいます。


タコ胼胝)は、皮膚の内側よりも外側に向かって角質増殖が進みます。



そのため、上から押されて強い痛みを感じることは無く、横からつまんで圧迫した時に多少の痛みを感じる程度です。

主に体重のかかる足の裏に生じますが、筆記具による「ペンだこ」や正座による「座りだこ」などもあります。


胼胝の治療は、皮膚の外側に向かって増殖した角質を削り取ることです。

当クリニックでは、下の写真のような道具を用いて、厚くなった角質を削り取る処置を行っています。





一方、ウオノメ鶏眼)は、角質増殖皮膚の内側に向かって進んでいる状態です。



主に足の裏に生じ、硬い角質が皮膚の内側に突き刺さるような状態になると、歩けない程の痛みを自覚するようになります。

この場合は、鶏眼の芯の部分を取ってしまわないと痛みは無くなりません。

当クリニックでは、下の写真のようなメスを用いて、鶏眼の芯の部分をくり抜く処置を行っています。





ウオノメ鶏眼)やタコ胼胝)を治療していくには、このような処置だけでなく予防も必要になります。

痛みを取り除くために、肥厚した角質を除去する訳ですが、再発の予防を怠ってしまうと、鶏眼胼胝は必ず再発してしまうからです。


再発を予防するためには、原因となっている外的刺激を避ける工夫が必要になります。

例えば、などは自分の足に合ったものを選ぶ必要があります。

足の片側にだけ鶏眼胼胝を生じている人は、歩き方や体重のかかり方に左右差があるのかも知れません。


また、ドラッグストアや雑貨店では、様々な種類のフットケア製品を販売していますので、ウオノメ保護パッドジェル・クッションなどのケア製品を使用するのも、外的刺激を避けるために有効です。

どのような再発予防が適切であるか、受診している医療機関の担当医(皮膚科専門医など)とよく相談するようにしてください。


JUGEMテーマ:健康

| 院長ブログ | 11:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/1197580
トラックバック