CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 「Girl Crush」Little Big Town | main | 「Fight Song」Rachel Platten >>
「ルコナック爪外用液」の登場について


今月末(2016年4月25日)から、爪水虫爪白癬)の新しい外用治療薬「ルコナック爪外用液」が処方できるようになります。


爪白癬は、飲み薬(内服薬)での治療が基本となりますが、肝機能障害などで内服できないという患者さんもいらっしゃいます。

一昨年には、爪白癬の治療薬として初となる塗り薬「クレナフィン爪外用液」が登場し、爪白癬の治療に変化をもたらしました。


ルコナック爪外用液は、1本4ml(3.5g)のボトルです。

クレナフィン爪外用液のように塗りやすいハケは付いていませんが、修正液のようなプッシュ式であるため、ボトルを下に向けても垂れてくることはありません。

しかし、アルコールを含んだサラサラの液剤であるため、出し過ぎには注意が必要です。

先端部は小さいですが、下の写真のように爪に塗りやすそうな形状になっています。




今回のルコナック爪外用液は、水虫足白癬)の治療に用いられているルリコンと同じルリコナゾールを配合した薬剤となります。

既存のルリコン(クリーム・軟膏・液)の濃度が1%であるのに対し、ルコナック爪外用液は濃度が5%になっており、爪白癬への効果が期待されています。

クレナフィン爪外用液と比較すると、爪白癬の完治率が低いという報告もありますが、かなり薬価が低く設定される予定になっているようです。


ルコナック爪外用液は、クレナフィン爪外用液と同様に、顕微鏡検査などで爪白癬の診断が確定していることが処方の条件になります。

ですから、皮膚科専門医などの診察を受け、必要な検査を受けてから処方してもらうようにしてください。
| 院長ブログ | 14:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/1197556
トラックバック