CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 皮膚科ブログの目次 | main | 「巨牛荘」石原本店 >>
「Let's Dance」David Bowie


David Bowie(デヴィッド・ボウイ)の「Let's Dance」を紹介いたします。


David Bowie は、イギリスを代表するロック・ミュージシャンの一人であり、俳優としても活躍していました。

大島渚監督の映画「戦場のメリークリスマス」に出演していたのを記憶している人も多いでしょう。


独特の世界観を持った楽曲を数多く発表してきましたが、70年代までは大きなヒットが生まれませんでした。

しかし80年代に入り、この曲の世界的ヒットによって、ようやく David Bowie がトップスターの仲間入りを果たしたと言っても過言ではないでしょう。


Let's dance put on your red shoes and dance the blues
(さあ踊ろう、真っ赤な靴を履いてゆったりと踊ろう)

Let's dance to the song they're playin' on the radio
(さあ踊ろう、ラジオから流れる曲に身を委ねて)



歌詞を見ると単純なダンスミュージックのようですが、プロモーション・ビデオを観ると、決して明るく能天気なだけの曲ではないことが分かります。

若いアボリジニの男女が、文明社会を象徴する真っ赤な靴に憧れているものの、最後はみんなでその綺麗な靴を踏みつぶしてしまうシーンは、現代社会への皮肉を感じさせます。


白い手袋をはめてギターを弾いてるあたりも、David Bowie の演出なのでしょうか。


Let's Dance」は、1983年に発表されたアルバム「Let's Dance」に収録されています。

私が学生時代に初めて購入した CD であったと記憶しています。





ところで、今週の突然の訃報は本当に驚きました。

ご冥福をお祈りいたいます。
| 院長の音楽日記 | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/1197547
トラックバック